お気に入りの宿 Akaroa Cottages | Akaroa旅行2010&2011

気がつけばアカロア旅行2010&2011も今回で7回目です。
たかだか1泊2日の旅行でも書きたいことがいっぱいです。

今回の話はアカロアで泊まったコテージの話です。

その前に、ちょっと脱線。

同じことを繰り返すより、違うことをやるのが好きです。

美味しいレストランを見つけても、次また同じ所に行かず、新しいところを探す。
行きに通った道は帰りは通らず、違う道を通る。繰り返しの作業があったら、違う方法でやってみる。

それと同じで、ホテルとか泊まるところも同じところより、違うところに泊まることが好きです。

ところがアカロアでは2回行って2回とも同じコテージに泊まりました。
他にも良さそうな選択肢がいっぱいあるのに、同じところに泊まりました。今回はそんなお気に入りの宿「Akaroa Cottages」を紹介します。

Akaroa Cottagesは偶然見つけました。
偶然見つけてそんな大きな期待はせずに行ったら大当たりでした。

まずチェックインするために行った受付からの眺めに惚れました。

↑どうですか?遠くに見える海。青々とした芝。そこに置いてあるベンチと背の高い木。
「ここが自分の家だったらなぁ」っと思える要素200パーセントでした。

コテージはお客さん1組1組別棟になっています。
お互いのコテージのあいだには森があったり、角度が違ったりしてお互いまったく見えずプライバシーも大丈夫。


↑ちっちゃな、でも日当たりが最高に良いテラス。


↑今は冬だから無理だけど、最初行ったときは夏だったから、もちろん外で冷えたワイン。まずいわけがない。


↑そこからももちろん海と、アカロアの街が見えます。


↑そして何より魅力的だったのが、ちょっとわかりにくいけどこのゴージャスな皮のソファー。家に持って帰りたくなるほど、ゆーーーったりできるソファーでした。
ちょっとテレビは小さかったけど。

そのほかに暖炉もあるし、キッチンもあるし、バスタブもある。
なんだったら、ここで普通に生活できるくらい快適でした。

夜は虫の声が聞こえたり、近くの牧場の牛が「ンゴーーーーー」と奇声を上げていたり、森の中だから風が吹いたら木のサラサラって言う音が聞こえたり、自然の中にいるってすごく感じることが出来ます。

上で紹介した部屋は去年の夏、泊まった部屋。しかも無料で良い部屋にアップグレードしてくれていました。
今年泊まった部屋はアップグレードがなくて、ランクは下がったけどすごく快適で満喫できました。(残念ながら写真はありません)

街まで車で3分くらい走らせないといけないけど、それでも街から離れた分のんびりゆっくりとできるのは一押しです。

シリーズを通してご覧になりたい方はアカロア旅行2010&2011をご覧ください。

Akaroa Cottagesの情報


大きな地図で見る

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS