見て楽しむニュージーランド

スマホやパソコンの壁紙を「ニュージーランドの絶景」にしてみよう

皆さんはスマホやパソコンの壁紙をどんなものにしていますか?

もともとスマホやパソコンに入っていた壁紙、自分が撮った写真、それとも無地の壁紙を使っている人などいると思います。

今回の話はスマホやパソコンの壁紙をニュージーランドの絶景にして、普段の生活の目の端にニュージーランドを置いてみませんか?というお話しです。

1日にどのくらいスマホや携帯、パソコンを使っていますか?

1日のあいだにどのくらいスマホや携帯電話、パソコンに触れていますか?

ほとんどの現代人は「1日に1回もスマホや携帯、パソコンに触らない」という日がありません。正直なところ、これらがない生活はまったく想像できないくらい「生活の一部」になりました。

TesTeeという企業がiPhoneユーザー686人を対象に行った調査によると、10代20代30代が1日にスマホを使う時間は「5時間」にも及んだそうです。5時間ってスゴいですよね。

スポンサーリンク

ちなみにこの調査はiPhoneに搭載されているスクリーンタイムという利用時間を測定する機能を使ったものです。

ちなみに僕の1日のスマホ利用時間は「3時間半」でした。
ただ僕の場合、仕事柄スマホを使うのはもちろんなんですけど、仕事の大半でパソコンを使っています。つまり寝ている時間以外のほとんどの時間で、スマホやパソコンを触っていることになります。

なんだか前振りが長くなってしまいましたが、そんな日々頻繁に触る、目にするパソコンやスマホの壁紙は自分が好きな場所やモノ・人の写真にしたほうが良いなと思うわけです。

子どもの写真にする人もいるし、飼ってるペットの写真にしたり。中にはアニメ好きな人はアニメのキャラクターにする人もいたりしますよね(ちなみに僕のなかでアニメはドラゴンボールで終わっています)

それなら「ニュージーランドの写真」を壁紙にしたら、ニュージーランド好きの人ならちょっとした癒し効果があるのではないでしょうか。

壁紙配布サイト「Unsplash」が素敵すぎる

今回見つけた壁紙配布サイトは「Unsplash」というところです。

ニュージーランドの壁紙に特化したサイトではありませんが、キーワードに「New Zealand」と入れて検索すると、息を飲むような写真が10,000点弱出てきます。

ニュージーランド航空が安い!往復8.9万円から

ニュージーランド航空が、12月16日まで最安値が往復8.9万円のセールを開催中です!
しかも今なら同時申し込みで各種ツアーやホテルが最大15%安くなるキャンペーンも実施中。

セール終了は12月16日まで。渡航対象機関は12月16日から2020年7月15日まで

詳しい情報は「セールの詳細ページ」をご覧いただくか、「予約ページ」へ直接アクセスして、日にちや人数を入れて値段をチェックしてみてください!

Unsplashで掲載されている著作権がどんな感じかよくわからなかったので、この記事では、Unsplashをパソコンで表示させたものをスクリーンショットで幾つかサラッと紹介します。

New Zealandと検索するとこんなキレイなニュージーランドの写真が1万枚近く出てきます。

左の写真はマウントクックですね。そしてその右はテカポ、さらにその右はワナカの近くにあるロイズピーク(Roy’s Peak)、右下の写真はスカイタワーがあることからもわかるとおりオークランドです。真ん中の下はオークランドの西にあるホワイトビーチ(White’s Beach)と呼ばれる所らしいです。

嬉しいのは気になった写真をクリックすると、関連する写真(Related photos)が表示され、さらにキレイな写真がたくさん出てくることです。

例えば、真ん中にある縦長の写真をクリックすると

こういった写真が出てきます。
Related Photosは必ずしもニュージーランドではありませんが、そこにこだわりがなければけっこう楽しめます。

スマホ用にアプリも出ています

上ではパソコンの画面を使っていますが、iPhone用とAndroid版のアプリも出ています。アプリのほうが画面がキレイで思わず見とれてしまいます。

スポンサーリンク

Android版はなぜか有料なので Unsplash にブラウザでアクセスしても良いですね。

試しに上で紹介した星空の写真をiPhoneの壁紙にしてみました

iPhone 壁紙 ニュージーランドの星空

スマホの壁紙に使いやすい縦長の写真が若干少なめな印象もありますけど、横長の写真を左右切りとって壁紙にしてみると意外と良いものが多かったです。

どの写真もクオリティーが高いので、気分転換に定期的に壁紙を変えてみるのも良いかもしれませんね。

ぜひお試し下さい。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

ABOUT ME
masa osada
masa osada
日刊ニュージーランドライフと日刊英語ライフを主宰しています。 → 詳しいプロフィールはこちら、個人のTwitter @masaosadaには日々の生活を載せています。フォロー大歓迎です。