トラベル

僕の住む街ウェリントンで一番オススメの場所はココ|Lovely Green New Zealand

2018年9月に発売になった新しいニュージーランドのガイドブック「Lovely Green New Zealand

今回から全部で12回に渡って、執筆に携わった四角大輔さん(4dsk.co)、野澤哲夫さんが運営するニュージー大好き.com、ニュージーランド写真家富松卓哉さん(tky15lenz.com)そして僕が運営するここ日刊ニュージーランドライフの4つのメディア合同で3つのテーマに渡ってリレー形式の連載することになりました。

まず最初のテーマは「ガイドブックで紹介した場所・アクティビティーで、自分が暮らす街・エリアのベストはここ」です。

どこにするかすごく迷いました

一番オススメの場所を選ぶにあたり、ガイドブックを手に取りながらものすごく迷いました。

というのも、カフェならココが1番。レストランならココかな?とか、それぞれのジャンルで「1番」はいろいろあるからです。

ガイドブックのなかでウェリントンからは20カ所紹介されています。そのなかで最終的に「ベスト」として候補として上がったのは

  • Memphis Belle Coffee House
    美味しいコーヒーならココというカフェ
  • Ekor Bookshop & Cafe
    本屋とカフェが融合したくつろぎスペース
  • Olive
    雰囲気最高。味も良しなカフェレストラン
  • Shed 5
    シーフードを食べるならここ
  • Moore Wilson’s
    地元のオシャレスーパー。雑貨も本もある
  • Cafe Polo
    街の外れにある知る人ぞ知るオススメ・カフェレストラン

この6カ所でした。そしてこの中から結局いろいろ迷って「Ekor Bookshop & Cafe」を皆さんに紹介することにしました。ちなみにEkor Bookshop & Cafeはガイドブックの100ページ、11番に掲載されています。

スポンサーリンク

ブックカフェ「Ekor Bookshop & Cafe」

Ekor Bookshop & Cafeは店名の通り、「本屋とカフェ」つまり「ブックカフェ」です。店内には所狭しと本が並べられています。

場所はウェリントンの街の中心。
ニュージーランド国立博物館(テパパ博物館)から徒歩で10分ほどのところにあり、上で紹介した地元のオシャレスーパーMoore Wilson’sまで徒歩1分のところにあります。

店名:Ekor Bookshop & Cafe
住所:17 College St, Te Aro, Wellington 6011
営業時間:8時から16時(土日 8時半から)
ウェブサイトInstagramFacebook

どうしてこのEkor Bookshop & Cafeを一番オススメするのか?というと、美味しいレストランやカフェはウェリントン以外にもあります。またブックカフェは日本にもありますが、日本のブックカフェともまた雰囲気が違います。

カフェに興味がなくても、英語の本に興味がなくても、ぜひ一度立ち寄ってお店の雰囲気を味わって欲しいです。

ちなみにこのお店には本だけでなく、オシャレな雑貨や子ども用のオモチャも置いていますので、ニュージーランド土産を探すのにもピッタリです。

コーヒーと一緒に食べると美味しい軽食が人気

このカフェにはキッチンというキッチンがありません。そのため提供している食事はどれも軽食ばかりです。

その代わり、どれもコーヒーに合うものばかりです。

直行便?経由便?どっちが良い?

ニュージーランドに行くとき、直行便のニュージーランド航空にするか、経由便のカンタス航空・ジェットスター・大韓航空・シンガポール航空どれが良いか迷いますよね

今回はその中で直行便のニュージーランド航空を選ぶ理由をまとめてみました。

ニュージーランド航空をオススメする一番の理由

なかでもこのカフェにはウェリントンで「美味しい」と評判の「Little Dough Co」のドーナツが売らています。レジの横に美味しそうなドーナツがあったらぜひ食べてみてください。

シリーズで読みたい方はこちら!

Ekor Bookshop & Cafe。いかがだったでしょうか。

僕は毎週とは言いませんが、日曜日にこのブックカフェがあるエリアに行くことが多く、このカフェにも時々訪れます。もし子連れの日本人夫婦がコーヒーを飲んでいたら、それは僕かもしれません。もし見かけたらぜひ声をかけてみてください。(違う人に声をかけないように注意してくださいね)

リレー記事の最新記事は日刊ニュージーランドライフのFacebookページで更新情報としてお知らせしますので、よければFacebookページをチェックしてみてください。またはこの記事でも下記のシリーズ一覧をアップデートしていくので、そちらのチェックをよろしくお願いします。

僕が住む街で一番オススメの場所はココ

  1. 僕の住む街ウェリントンで一番オススメの場所はココ(長田雅史)
  2. ぼくが住むエリアで一番オススメの場所はココ(四角大輔)
  3. 僕の住む街・オークランドで一番オススメの場所はココ!(野澤哲夫)
  4. ぼくが住みたいエリアで一番オススメの場所はココ(富松卓哉)

本当はガイドブックで紹介したかったお勧めスポット

  1. ウェリントンのビール文化(長田雅史)
  2. オークランドのオーガニックカフェ(野澤哲夫)
  3. 小さくてラブリーなビーチタウン(四角大輔)
  4. 各地の絶景&フェスティバル&カフェ(富松卓哉)

ニュージーランドでも購入できます

実はニュージーランドでも買えるんです。ニュージー大好き.comで。

最後に。Lovely Green New Zealand。
日本ならAmazon.co.jp楽天ブックスなどオンラインや書店で購入いただけますが、ときどき「ニュージーランドでは買えませんか?」という声があります。

お値段は送料込みで1冊25ドルです。日本では1728円で販売されていることを考えると送料込みで25ドルで買えるのはけっこう安いですね。部数に限りがあると思いますので、興味がある方はお早めに!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

ABOUT ME
masa osada
masa osada
日刊ニュージーランドライフと日刊英語ライフを主宰しています。 → 詳しいプロフィールはこちら、個人のTwitter @masaosadaには日々の生活を載せています。フォロー大歓迎です。