ニュース

【動画】クイーンズタウンの湖畔でハカを使ったプロポーズ

少し前のニュースなんですけど、ニュージーランドのメディアをハミルトンに住むカップルが賑わしていました。

ハミルトンに住むTama Hata(男性:以降Tama)は、パートナーのTe Waimaarino Patena(女性:以降Patena)と、3歳の娘に行き先も目的も告げずに秘密の旅行を計画しました。

そして旅先で行ったプロポーズに全米ならぬ、全ニュージーランドが涙しました。(これは少し言いすぎですね。。)

行き先も旅の目的も秘密の旅

Tama(男性)は妻パートナーのPetenaと3歳の娘に対して、秘密を抱えていました。

その秘密というのは「パートナーや娘に目的も行き先も告げない家族旅行」を計画していました。

旅の目的は2つです。
1つ目の目的はパートナーのお腹の中にいる赤ちゃんの性別を発表することです。

スポンサーリンク

Patenaは妊娠がわかって少しして、お腹の中の赤ちゃんの性別がわかったとき、あえてPatenaは子どもの性別を知ろうとせず、パートナーのTamaだけに伝えてもらいました。

そしてどこかのタイミングで発表して欲しいと伝えていました。なのでTamaは今回の旅で赤ちゃんの性別を発表することにしていました。

そしてもう1つの理由は2人は付き合い始めて今年で10年。でも籍を入れていません。

ニュージーランドではそういう事実婚の人も多いんですけど、今では3歳の娘がいて、さらに2人目の子どもも授かったので、これを機にTamaはPatenaにプロポーズすることにしていました。

そのために入念に計画を練り、指輪も用意しました。

TamaはPatenaに旅行へ行く前日に「何を持って行けば良いか」という荷物リストだけを渡しました。その中には「暖かめの服」も用意されていました。

そして旅行当日、ハミルトンの自宅から車を走らせました。
当初、Patenaはタウポかロトルア辺りに行くのかと思っていましたが、車は反対方向、Patenaが好きではないオークランドへ向かいはじめます。

あまり好きではないオークランドに向かっていることで戸惑う彼女を見て、「よしよし」とTamaは自分のサプライズ旅行がうまくいっていることを確信します。

直行便?経由便?どっちが良い?

ニュージーランドに行くとき、直行便のニュージーランド航空と、経由便のカンタス航空・ジェットスター・大韓航空・シンガポール航空どれが良いか迷いますよね

僕は過去10年ほぼ毎回ニュージーランド航空を使って日本とニュージーランドを行き来しています。その理由とは。

ニュージーランド航空を強くオススメする一番の理由

空港でクイーンズタウンに向かうことを告げ、クイーンズタウンの初日と翌日は普通の観光客と同じようにゴンドラやリュージュ、ちょっと良い食事などを楽しみました。

そして2日目は宿を変えて豪華に湖畔にあるヒルトンホテル。
実はTamaはホテルのスタッフにも自分の計画を伝えて、協力してもらうことにしていました。

まずはPatenaはホテルでマッサージを受け、そのあとホテルのエリア内にある湖畔へTama、Patena、そして3歳の娘の3人で行き、そこでTamaはビールを、そしてPatenaはノンアルコールのカクテルを(妊婦さんなので)、そして子どもはジュースを頼みます。

そしてウェイターがカクテルなどが運ばれてくると、ウェイターの手にはTamaのスマホがあり、動画の撮影が始まりました。

ここからは動画をお楽しみください。

このハカの踊りと歌はTamaが自分で作ったPatenaに捧げるものでした。

ハカはお互いの先祖に敬意を表し、共にずっと一緒にいたいという気持ちを込めました。そして「青い赤ちゃんグッズ」が使った詰まった箱がプレゼントされました。

スポンサーリンク

ちなみに「青い赤ちゃんグッズ」をもらったということは、わかりますね?、お腹の中にいる赤ちゃんは男の子ということですね。

情報元:New Zealand Herald ほか

ハカはラグビーの踊りだけではない

ハカというとラグビーを思い浮かべがちなんですけど、それだだけではありません。以前、日刊ニュージーランドライフで取り上げたことがあるハカがいくつかありますので、お時間があるときご覧ください。

亡くなった生徒のために。男子高生が踊るレクイエムのハカ「ハカ」といえば、オールブラックスの試合前に踊る、荒々しく人々を威嚇するため、そして自分たちを闘志を沸き立たせる踊りを思い浮かべる人が多...
こういうハカもある!結婚式で踊られたハカに感動ニュージーランドの「ハカ」といえば、日刊ニュージーランドライフの読者の方なら知らない人はいないかもしれないほど、ニュージーランドの文化と...
ハカだけじゃない?ラグビーの試合前に踊る国は他にもある来年2019年9月から11月まで日本でラグビーワールドカップが開催されますね。 それに伴って日本ではどんどんラグビーの露出が増えて...

 

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

ABOUT ME
masa osada
masa osada
日刊ニュージーランドライフと日刊英語ライフを主宰しています。 → 詳しいプロフィールはこちら、個人のFacebookには日々の生活を載せています。フォロー大歓迎です。