ご案内

大切なお知らせ:「日刊」での更新を終了します

今日は読者の皆様に大切なお知らせがあります。

2011年4月から何か「どうしても」な理由がない限り、「日刊」で毎日記事更新をしてきました。その日刊での更新を本日2018年11月18日をもって終了することにしました。

まさかこういう記事を書く日が来るとは思っていませんでしたが、いろいろな事情を加味して考えて、そうすることにしました。

とは言っても「週に3-4本の更新」は引き続き行っていく予定です。

今回は「どうして」そういった判断をすることにしたのかをアレコレ書いてみました。

「毎日更新」は何気に大変です

ブログを運営したことがある方なら、想像つくかと思いますが「毎日更新」は何気に大変です。

スポンサーリンク

僕の場合は日々、「今日の記事何にしよう」とネタ探しをしたり、何を書くのか決まったらその記事を書くための情報収集を英語で行い(これが以外と時間がかかります)、そして記事という形に1日で仕上げていきます。

早ければ2時間程度で書き上がる日もあれば、時間がかかる日は丸一日かかることもあるほどです。

それでも僕自身、2014年からこの「ブログを書くこと」を職業として、つまりプロブロガーとして生計を立てているので、「1日掛けて仕事をするのは当たり前」だと思い日々の更新を行っていました。

ちなみに我が家は夫婦で3つのブログを運営しています。
僕が日刊ニュージーランドライフを含む2つのブログ、そして妻が1つ運営しています。

時代が変わってきました

今回、急な思いつきで毎日更新を止めたわけではありません。

数年前から感じていたことがありました。それはSNSの勢いが落ちてきたことです。それによって日刊ニュージーランドライフというブログを見てくれる人の層が大きく変わってきました。

以前はSNS、主にFacebookからの見に来てくれる人が多く、全体の1/4以上、多いときは1/3ほどいました。こういった人たちは「毎日更新される記事」を読みに来てくれる人たちでした。

そのため何かの理由で更新できない日は、アクセスがガクンと減りました。

直行便?経由便?どっちが良い?

ニュージーランドに行くとき、直行便のニュージーランド航空と、経由便のカンタス航空・ジェットスター・大韓航空・シンガポール航空どれが良いか迷いますよね

僕は過去10年ほぼ毎回ニュージーランド航空を使って日本とニュージーランドを行き来しています。その理由とは。

ニュージーランド航空を強くオススメする一番の理由

ところが今ではFacebookから見に来てくれる方が減り、多くがGoogleなどの検索からになりました。具体的な数字だとSNSから見に来てくれる人はたったの4%になりました。

どこから人が来るのかを割合で

試しにGoogleなどの検索エンジンから来る人、SNSから来る人、ブックマークなど直接来てくれる人がアクセス全体のどのくらいを占めているのか、2013年から割合を出してみました。

検索エンジンで来てくれる人が増え、SNSから来てくれる人が減り、直接見に来てくれる人はある程度安定していることがわかります。

検索SNS直接
2013年33.5%22.4%14.6%
2014年51.2%27.32%12.9%
2015年65.6%21.4%10.5%
2016年71.4%16.2%11.3%
2017年74.0%10.3%9.4%
2018年80.0%4.1%9.2%

ちなみに2014年から4年ほど、日刊ニュージーランドライフのアクセス数は変わっていません。

そこで2014年のアクセス数を100%として、「検索」「SNS」「直接」の人たちがどのくらい増減しているのかも数字にしてみました。

検索SNS直接
2013年 28.8%36.2%85.0%
2014年100%100%100%
2015年104.1%63.1%100%
2016年130.5%54.6%125%
2017年145.3%37.7%112.5%
2018年173.3%16.9%92.5%

検索エンジン経由の人が1.73倍に膨れ上げって、SNS経由で来てくれる人は1/6に萎んでいます。

「毎日更新の意味」とは

実はここ3日ほど記事の更新を止めていました。

目的は「日々の更新を止めるとどうなるか」です。その結果は「アクセス数は落ちたけど、劇的ではなかった」でした。

スポンサーリンク

つまり「毎日更新しても、数日更新を休んでも天地がひっくり返るほどの変化はなかった」ということです。

4年前だったら1日掛けて書いた記事をSNS経由で多くの人が見てくれていました。
ところが4年経った今ではSNS経由のアクセスが圧倒的に減って、同じ1日掛けて書いた記事が4年前の「1/6」程度しか見てもらえなくなったわけです。

それは「サイト運営者」であり「書き手」としては非常に切ないです。

時間には限りがあります。
その限られた時間を考えると、全盛期の「1/6」程度の人にしか届かなくなってしまった「毎日記事を書くという作業」を「ブログを仕事としてやっている者」としては続けることはできないと判断しました。

とはいえ、週に3-4本の割合で更新は続けます

とはいえ、「日刊ニュージーランドライフ」を止めるわけではなく、「これは皆さんにお伝えしたい!」というニュースや、ちょっと面白い豆知識などがある日は更新を続けます。

週に3-4本は更新する予定です。

ただ毎日「今日書くことがない!」と時には何時間もかかってしまうネタ探しという終わりのない作業をストップして、その時間を別の場所で別の形で使っていけたらと考えています。

個人的には、今回の舵切りを決断するまでけっこう時間を要しました。

スポンサーリンク

いろいろ考えたのは、時間は有限であること、常に同じでいることはできず、舵を切るときには痛みを伴うこと、そして物事は前に進み続けるしかないということです。

今後ともよろしくお願いします!

ということで、アレコレ書きましたが、「日刊」というスタイルは止めますが、引き続き記事の更新は行います。

ブログ名に「日刊」を残して良いのか、ちょっと考えたりもしましたが、まさか「ほぼ日刊ニュージーランドライフ」とするわけにもいかず、だからといって「日刊」をとって「ニュージーランドライフ」にするわけにも行かず。。。なので、当分はこのままで行くつもりです。

それでは今後ともよろしくお願いします。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

ABOUT ME
masa osada
masa osada
日刊ニュージーランドライフと日刊英語ライフを主宰しています。 → 詳しいプロフィールはこちら、個人のFacebookには日々の生活を載せています。フォロー大歓迎です。