ニュース

ニュージーランドが世界で6番目に裕福な国!?

先日、スイスのある企業が世界の富を調査した「Global Wealth Report」というリポートを発表し、そのなかでニュージーランドが世界の6番目であることが明らかにされました。

「ニュージーランドが世界で6番目に裕福である」と聞いて、皆さんはどんな感想を持ちますか?

「やっぱりね」「え?そうなの?」「興味なし」といろいろ意見は分かれると思います。僕はこのレポートを見て非常に複雑な気持ちになりました。

そこで今回は今回発表されたレポートと、それについて思うことを書いてみました。

世界の富をランキング化したGlobal Wealth Report

New Zealand dollars

今回世界の富(資産・財産)をランキング化したGlobal Wealth Reportを発表したのは、クレディ、スイス(Credit Suisse)というスイスに本社を置く世界最大規模の金融複合企業です。

スポンサーリンク

この調査は毎年行われ9回目となり、ニュージーランドが6番目に「一人あたりの資産」が多い国となりました。

トップ10に入った他の国は?というと以下のとおりです。

順位国名米ドル日本円
1位スイス530,240ドル6,040万円
2位オーストラリア411,060ドル4,680万円
3位アメリカ403,970ドル4,600万円
4位ベルギー313,050ドル3,560万円
5位ノルウェー291,100ドル3,310万円
6位ニュージーランド289,800ドル3,300万円
7位カナダ288,260ドル3,280万円
8位デンマーク286,710ドル3,260万円
9位シンガポール283,260ドル3,220万円
10位フランス280,580ドル3,190万円

日本はトップ10入りはしていませんでした。
では、何位だったのか?ということについては、僕がぱっと見た感じ「Credit Suisseのウェブサイト」には載っていませんでした。

ただ日本の「一人あたりの資産」が227,240米ドル(2,590万円)であることがわかったのと、他の国の順位を見ていくとだいたい20位前後なのでは?という感じです。

詳細はCredit Suisseのウェブサイトにあるレポートを見ることができますが、英語でページ数も多かったので、ここでは割愛させてください。

ニュージーランド人はお金持ち!?

今回の結果を見ると、ニュージーランド人はお金を持っているように思えますよね。なんといっても世界で6番目、日本よりも上なのですから。

でも、実際のところは貧富の差が激しく、格差が大変な社会なんです。

例えばニュージーランドの所得を4段階に分けたとします。

直行便?経由便?どっちが良い?

ニュージーランドに行くとき、直行便のニュージーランド航空と、経由便のカンタス航空・ジェットスター・大韓航空・シンガポール航空どれが良いか迷いますよね

僕は過去10年ほぼ毎回ニュージーランド航空を使って日本とニュージーランドを行き来しています。その理由とは。

ニュージーランド航空を強くオススメする一番の理由
  • 超お金持ち
  • お金持ち
  • 平均的な人
  • 貧しい人

そしてこれら4つのクラスを、人口の割合にすると以下のようになります。

  • 超お金持ち … 1%
  • お金持ち … 9%
  • 平均的な人 … 40%
  • 貧しい人 …  50%

圧倒的に貧しい人が多いことがわかりますね。
そして人口に対しての所得の割合は?というとこのような感じです。

  • 超お金持ち … 20%
  • お金持ち … 35%
  • 平均的な人 … 40%
  • 貧しい人 … 5%

つまりたった1%の人口しかいない「超お金持ち」の人たちが全体の20%の資産を持ち、逆に人口の50%も占める「貧しい人」は資産の5%しか占めていません。

これをもう少しわかりやすく具体的な数字にしてみました。「資産」だとイメージが湧きにくいかな?と思ったので、「年収」にしています。
そのとき「平均的な人」の年収を日本の平均年収の420万円にしています。

  • 超お金持ち … 8,400万円(月700万円)
  • お金持ち … 1,640万円(月137万円)
  • 平均的な人 … 420万円(月35万円)
  • 貧しい人 … 42万円(月3.5万円)

もちろん本来は「資産」の話をしているので、上の「年収」で比較するのは、本来は正しくありません。ただ全体的なイメージを掴んでもらうためにあえて変えました。

格差が激しいニュージーランド

超お金持ちとお金持ちを足した裕福な人たちが全体の10%しかいないのに、資産でいうと全体の半分以上の55%の資産を持ち、逆に全体の50%の人口を占める貧しい人たちは資産でいうと全体の5%しか資産を持っていないというのはけっこう驚愕ですね。

これと同じことを日本でやったらどんな数字が出るのでしょうか。ちょっと気になるところです。

それにしてもニュージーランドの平均的な一人あたりの資産が3,300万円というのはいったいどういうことなのでしょう。

スポンサーリンク

我が家が3,300万円の資産を持つ日は来るのでしょうか。。。と悲しくなるニュースでした。

情報元:Stuff.co.nz

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

ABOUT ME
masa osada
masa osada
日刊ニュージーランドライフと日刊英語ライフを主宰しています。 → 詳しいプロフィールはこちら、個人のFacebookには日々の生活を載せています。フォロー大歓迎です。