生活・ライフスタイル

今年の年末年始の気候はどう?長期予報が発表される

これから観光シーズン真っ盛りのニュージーランド。

12月になると世界中から観光客が訪れ始め、12月末にもなるとクイーンズタウンやオークランドの街の中心地は観光客で溢れかえるようになります。

ニュージーランドは12月から2月が夏です。日本と比べて比較的涼しく、また雨が少ないため観光をするのに非常に適した気候なのですが、今年2018年から来年2019年にかけての年末年始の気候はどんな感じなのでしょうか。

先日、ニュージーランド全域の夏の長期予報が発表されたので紹介します。

今年は例年より温かく、雨が少なくなる可能性大

DSC_1354

ニュージーランドで気候などの研究を行っている機関NIWA(National Institute of Water and Atmospheric Research, Ltd)が年末年始の長期予報を先日発表しました。

スポンサーリンク

それによると気温は全国的に例年並みか、少し暑くなるとのことです。

北島で例年より気温が高くなる可能性は45%、例年並みの可能性が40%、例年より冷え込む可能性は15%。そして南島は例年よりも気温が高くなる可能性が40%、例年並みが40%、そして例年よりも冷え込む可能性は20%とのことでした。

つまりだいたい80-85%の確率で「例年より温かいか、例年通り」になるわけですね。

そして降水量は南島の西海岸が例年並み、それ以外の地域は前年と同じくらい、または少し少なくなると予想されています。

ところで例年並みというのはどのくらい?

と、ここまで「例年並み」という表現で気温とか降水量を紹介してきましたが、日本に住んでいるとニュージーランドの、しかも季節が反対の国の例年並みなんて言われてもわからないですよね。

そこでザッとわかるようにニュージーランド各地の気温をまとめてみました。

日本の4月から8月の気温

こちらが日本の各都市の平均最高気温と平均最低気温です。ここ数年は猛暑なので、この数字だけを見ると「こんなに涼しい夏ならどれだけ快適だろう」って思うような気温ですね。

ニュージーランドの11月から2月の気温

そしてこちらがニュージーランドの夏、12月から2月とオマケで11月の平均最高気温と平均最低気温です。

直行便?経由便?どっちが良い?

ニュージーランドに行くとき、直行便のニュージーランド航空と、経由便のカンタス航空・ジェットスター・大韓航空・シンガポール航空どれが良いか迷いますよね

僕は過去10年ほぼ毎回ニュージーランド航空を使って日本とニュージーランドを行き来しています。その理由とは。

ニュージーランド航空を強くオススメする一番の理由

見比べるとわかるとおり明らかに気温が低めです。なので日本と同じ夏の気持ちでニュージーランドに来ると風邪を引きます(笑

日本の平均降水量

続いて日本各地の平均降水量です。こちらは1年分紹介できそうだったので年間を通したものをご覧ください。

この表を見ていて驚いたのは金沢の雨の多さです。金沢に「雨が多い」というイメージはまったくありませんでした。そして北海道は年間を通じて雨が少ないですね。

ではニュージーランドは?というと

ニュージーランドの平均降水量

この表がニュージーランドの平均的な降水量です。

表を見てすぐに気が付くのは日本の表を比べて見た目がスッキリですね。それもそのはずです。降水量が少ないため、多くの地域の降水量が「2桁」なんです。※ただしミルフォードサウンドは例外です。日本の各地と比べても異常なほど雨が降っています。

ミルフォードサウンドを除くとニュージーランドの12月から1月で一番雨が降るのはオークランドの北にあるカイタイアの100mmです。テカポに至っては36mmしか降らない付きもあります。

情報元:New Zealand Herald | Wikipedia

スポンサーリンク

ここ数年の傾向は例年より温かく雨が少なくなる傾向

ニュージーランドの夏はここ数年、徐々に気温が高くなり、降水量が減る傾向にあります。

日本から比べるともともと雨が少ないのに、さらに降水量が減る傾向にあるんですね。

「温かく雨が少ない」ことは観光業の人たちにとっては非常に良いことと言えますが、農家の人たちにとっては干ばつなどが起こったときのための準備が必要になるかもしれません。

ところがここ数年は「雨が少ない」を通り越して干ばつとなり、草刈り機が石をはじいて生じる火花が、枯れた草で点火。結果大規模な火事が発生してしまうこともあるほどです。

「何ごともほどほどがいい」なんて思ったりしますが、なかなかそうもいかず、また「生活しているだけ」「旅行をしているだけ」だと「雨が少ない」のは良いばかりなんですけどね。

ということで、今年の夏のニュージーランドは旅行をするには快適な気候となりそうですよ!

関連するかもしれない記事

夏(12月から2月)のニュージーランドの気候・服装などの注意点 2018年版

スポンサーリンク

例年より暑い日が続くニュージーランド。全国でアレがまさかの品不足に

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

ABOUT ME
masa osada
masa osada
日刊ニュージーランドライフと日刊英語ライフを主宰しています。 → 詳しいプロフィールはこちら、個人のFacebookには日々の生活を載せています。フォロー大歓迎です。