Riesling | NZワインの基礎知識

自分自身ワインの専門家でも何でもないんですけど、ワインが大好きで毎日のように飲んでいます。

日本で会社員をしていたときは、「お酒だったら何でもいい」「ワインと言えばボジョレヌーボー」「ワインは高い割に美味しくない」と思っていました。

ところがニュージーランドに来て、ワインの美味しさを知って今では毎日欠かさずワインを飲む生活をしています。

せっかくこういうサイトを持って、しかもワインについても多少なりとも知識を身につけたので、ニュージーランドで売っているワインについて紹介していこうと思っています。

以前、StoneLeighのRieslingを紹介しました。(そのときの記事はこちら

今回は「NZワインの基礎知識」として、最低限知識として知っておくと普段飲むワインを買うときや、日本の友だちにお土産として送るときの参考になるかもしれないということを記事にしてみたいと思います。

最初の1回目はRieslingです。
一番スーパーで売られているワインは別の種類ですが、StoneLeighのRieslingをすでに紹介しているので、メジャーどころを差し置いて先にRieslingを紹介したいと思います。

Rieslingの特徴

Riesling(リースリング)はもともとドイツで重要な地位を占め一番人気のある品種です。
ドイツでは甘口に作られることが多いんですけど、もともとの品種は甘口にも辛口にも作れる品種で、ニュージーランドでは甘口も辛口も両方作られています。

甘みの強いRieslingはアルコール度数が低いものが多く、お酒が苦手な人、ワインを飲み慣れない人でも,その甘みと低いアルコール度数のために受け入れられやすい。
甘口のRieslingは、アイスワインやデザートワインをデザートと一緒に飲むのと同じ感覚で、デザートと一緒に飲むと合うものも多いです。

もしあまりワインを飲み慣れない友だちで、甘いお酒が好きな人にはRieslingの甘口はオススメです。

逆に辛口の方は、比較的酸味が強いため、ポークや魚、野菜料理、また天ぷらなどと言った日本食、意外なところではアジア料理などスパイスが利いた料理とも合わせやすいです。

味の特徴: 蜂蜜のような風味とフルーティーな味わい。酸味。
匂いの特徴: 味同様、蜂蜜、リンゴ、パッションフルーツ、シトラスなど。香り高いものが多い。
飲む温度: 冷やして飲むことが多い

個人的なRieslingの好み

個人的には割と甘い味のRieslingが好きです。
クライストチャーチの北1時間くらい行ったところにあるWaiparaという地区で作られるRieslingは甘めのものが多いのでオススメです。

日刊ニュージーランドライフで紹介されているRieslingは「Riesling | 日刊ニュージーランドライフ」をご覧ください。

ご意見・ご感想大歓迎です

ワインの素人が書いた記事です。また食べ物なのでいろいろ見解があると思います。
もし間違った紹介をしていたり、付け足した方が良い情報がある場合は、教えていただけたら早急に対処させていただきます。

下記のコメント欄、もしくはContact Usからお知らせください。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS