オークランド空港で「空気」が100ドルで販売されていると話題に

スポンサーリンク

「ニュージーランドの空気を買える」と言われたら、あなたは幾ら払いますか?

きっと多くの人が「お金なんて払わないし」と思うのではないでしょうか。

ところが世の中には「空気にお金を払う人」がいるのか、10月5日のニュージーランドの新聞に「ニュージーランドの空気が免税店で100ドルで販売されている」という記事が掲載されて話題になっていました。

ただの空気に100ドル(7500円)。いったいどういうことなのでしょうか。

オークランド空港で売られている「空気」

ニュージーランドの新聞社New Zealand Herald経由イギリスの新聞Daily Mailによると、「オークランドの空港で空気が100ドルで売られている」と報じ、話題となっています。

スポンサーリンク

 

「Pure Fresh New Zealand Air」という名前のその商品は4本で98.99ドルもするそうです。しかも販売されているのは「4本のお買い得パック」で、「1本ずつ買うより20ドルもお得」とのこと。

販売元の「Kiwiana」のウェブサイトでは1本34.50ドル(約2,600円)で販売されているそうです。ちなみに1本あたり5リットル、深呼吸にして130回から140回分の空気が入っています。

ちなみにこの空気。販売元によるとニュージーランドのどこかその辺で採取したものではないそうです。

南島の西海岸の常に雪がある「雪線 The snow line」と呼ばれる標高が高いところで採取されているため、非常に純度が高いとか。

採取された環境はすごく良いところなのかもしれませんけど、「空気に7500円」は払えませんよね。。。

実は昔から売られているニュージーランド空気

Pure New Zealand Air

今回、イギリスの新聞社がニュージーランドでは空気が販売されていることを報じ、それを各メディアが紹介していますが、実はニュージーランドでは以前から空気が販売されています。

直行便?経由便?どっちが良い?

ニュージーランドに行くとき、直行便のニュージーランド航空と、経由便のカンタス航空・ジェットスター・大韓航空・シンガポール航空のどっちが良いか迷いますよね。
経由便をJTBで探す

僕は過去10年ほぼ毎回ニュージーランド航空を使って日本とニュージーランドを行き来しています。その理由とは。

以前、テカポに行ったときもサーモン丼で有名な湖畔レストランの横にあるお土産物屋Aotea Giftsでも普通に販売されていました。
しかも、小さい缶詰のようなものと、スプレー状のものと2種類売られていました。

その時販売されていた空気は「Pure New Zealand Air」という商品なので、今回オークランド空港で販売されていた空気とは別物です。

さらに他のメーカーからは「Pure Kiwi Air」という商品も販売されています。
この空気の缶は「4リットル」「7.7リットル」「9リットル」と充実の品ぞろえです。4リットルは「80から100秒間」ニュージーランドの空気を吸うことができます。

こんなの誰が買うんだろう?

こんな空気の缶詰(スプレー)いったい誰が買うんでしょう。

以前、某メディアの取材に同行したとき、日本から来たメディアの方は「面白いから」という理由で小さな缶詰を買って帰っていました。ある意味「ネタ」としてのお土産ですよね。

でも、4本100ドル(7,500円)、1本で35ドル(2,600円)の大きなスプレーは誰も買うように思えませんよね。

でも、実は買う人がいるんです。それは中国人です。

上のお土産物屋の写真でも書かれている説明は英語と中国語。誰がターゲットかわかりやすいです。

スポンサーリンク

中国といえば空気の汚染がひどく、1年半ほど前に日本のメディアでこんな風に取り上げられていたことがありました。

西安市郊外の山間部から採取した「清涼な空気缶」が1個18元で発売されており、すでに1万個以上が売れている。
引用元:NEWSポストセブン

他のメディアでも

中国は世界で最大の空気缶の販売市場であり、2018年には1億6000万ドルに達する見込みで、空気ビジネス全体では2億ドル以上の売り上げが見込まれている。
引用元:イザ!

観光が大きな収入源となっているニュージーランドにとって中国人は大のお得意様です。中国人観光客はニュージーランドで2番目に多く(1位はオーストラリア)、しかも滞在日数こそ短いものの、落としていくお金の金額が多いのが特徴です。

そのため中国人を意識したお土産がけっこう売られています。

見かけたら記念撮影でもしておきましょう

オークランド空港だけでなく、空気の缶詰やスプレーはいろいろなところで売られています。

ネタとしては面白いので買っても良いのかもしれませんが、渡した瞬間盛り上がったあと、もらった人はゴミが増えるだけです(笑

なので、お土産物屋で見かけたら、ネタ程度に記念撮影でもしておきましょう。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS