ロッジで自炊 閑散期と繁忙期 後編 | Akaroa旅行2010&2011

旅先で「食べたいものがない」というまさかの緊急事態に追い込まれてしまったところで、ちょっと文章が長いので終わってしまった前回の話

Four Squareで買い物をしていて「晩ご飯自分たちで作っちゃおうか」ということになりました。

食べたくない、食欲をそそらないレストランで一人40ドルも50ドルも払うより、食材とか多少の調味料を買っても30ドル40ドルの方が安いし、逆に普段ホテルとかロッジで料理なんてしないから楽しいかもしれない!となったわけです。

料理をするつもりなんてゼロだったからロッジに調味料があるかなんてもちろんわからない。

なのでこんな基準で買い物をしてみた。

  1. たぶん油はないから買おう
  2. 塩こしょうはあるかもしれない。最悪なければ受付に行って「くださいな」と言えばもらえそう
  3. もしもらえなかったら困るから、醤油だけ買っておこう。それでなんとかなる
  4. 翌日まだ移動が多いし、食べきる分だけ買おう
  5. 調味料は余っても、家に帰れば使える
  6. 翌日の朝ご飯も買っておこう

そんな判断基準で決まった選りすぐりの食材がこちら。

ラム、卵、ハム、サラダ、クロワッサン、あとどうしても食べたかったマッシュルーム。それとお菓子とか調味料。


ラムは下味を塩こしょう(ロッジにあった)と醤油で少しつけて焼くだけ。

同時にマッシュルームを焼いて、サラダを盛りつけて、クロワッサンを電子レンジで少しだけ温めた。

できあがりはこちら。

はい、そこ!全体的に色味が少ないとか言わない!
急ごしらえ、しかも限られた食材で作ったんだからしょうがないんです。

卵の焼き加減もラムの火の通りも慣れないキッチンで作った割には上手に出来ました。

翌日は残りのハムと卵でハムエッグ。それとパンとコーヒーでした。

ロッジで晩ご飯とか朝ご飯を作ったのって初めてだったけど、けっこう楽しかった。
これから旅行するとき、そういうのを間に挟んでみるとけっこう楽しいかもしれない。取れたての海鮮とか使って料理してみたり、外食が続いて疲れた胃を優しいご飯で癒やせるから。

ただし次回からは計画的に調味料は事前に用意して持って行こうと思います。

次回の話は今回はもちろん前回もお世話になったロッジを紹介します。すごく快適で一目惚れして2回連続泊まってしまったロッジです。

シリーズを通してご覧になりたい方はアカロア旅行2010&2011をご覧ください。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS