[初歩の初歩]マオリ族のことを知ってみよう

スポンサーリンク

ニュージーランドの観光の1つに「マオリ文化に触れる」というものがあります。

でも、そもそも「マオリ族」ってどんな人たちなのでしょうか。「先住民であること」「ハカを踊る」などは「ニュージーランドに行きたい」と思った方なら、名前くらいはきいた聞いたことあるはずです。

ここではマオリ族についてもう少しだけ掘り下げて掘り下げた「マオリ族の初歩の初歩」を紹介したいと思います。

海を渡ってやってきたマオリ族

Rotorua - New Zealand

もともとニュージーランドには人間が住んでいませんでした。
そんな無人の島に西暦1250年から1300年頃に南太平洋から船で渡ってきたのがマオリ族です。南太平洋から渡ってきたマオリ族はハワイやフィジー、サモアなどの人たちと外見や文化、言語などに多くの共通点があります。

ちなみにマオリ族がニュージーランドに最初にたどり着いた時期は上で紹介した西暦1300頃という説以外に、もっと前からいたという説があります。

スポンサーリンク

なぜ「いつ辿り着いたのか」諸説あるのか。それはこの後でも触れますが、彼らには文字の文化がなく「いつニュージーランドに来たのか」という明確な資料がないからです。

また、ニュージーランドに最初に辿り着いた民族はマオリ族ではなく、別の民族であるという話もあります。ただそこに触れると話が長く、また「諸説ある」という要素が多くなるため、今回は触れずに話を進めたいと思います。

マオリ族の人たちはどのくらいいるのか

2013年に行われた国勢調査によると、自らをマオリ族と名乗る人は60万人といわれています。これは当時のニュージーランドの人口が440万人だったことから、人口の13.6%にあたります。

ちなみに西洋の人たちが訪れた1800年代、マオリ族は約10万人いたとされ、その後一時期人口は大幅に減り1896年の調査では4万人ほどに落ち込みました。

現在60万人ものマオリ族がいるとされていますが、マオリ族以外との混血も含むため純粋なマオリ族の人数はもっと少ないです。

公用語の1つ「マオリ語」を話す

マオリ族は「マオリ語」という言語を話します。

このマオリ語はニュージーランドの公用語にも指定されています。ただしニュージーランドで日常生活で使われる言葉は英語なので、旅行者がマオリ語を知っている必要はありません。

もちろんマオリ語を知っている方が旅行は楽しくなるかもしれませんけど。

セール開催中!!

ニュージーランド航空が9月14日から9月25日まで「Spring Sale」を開催してますよ! 今回のセールの最安値は8.9万円。さらにプレミアム・エコノミーも安くなっています!

渡航期間は10月5日から12月13日までです。年内にニュージーランドへ行きたい人は必見です!

詳しい情報は「Springs Saleの詳細ページ」をご覧いただくか、「予約ページ」へ直接アクセスして、日にちや人数を入れて値段をチェックしてみてください!

ちなみにマオリ語は日本語のローマ字読みと非常に似ているため日本人には読みやすいです。例えば温泉で有名な「Rotorua」は「ロトルア」、ニュージーランドのマオリ語「Aotearoa」は「アオテアロア」と発音します。

マオリ族はもともと文字の文化がありません。そのためマオリ族は自分たちの文化を歌や物語で伝承します。

マオリ語については先日紹介していますので、そちらも併せてご覧ください。

マオリ族のアート

マオリ族は翡翠(ひすい)や動物の骨、石を使った彫刻や、タトゥーなどが有名です。このアートも南太平洋の島国との共通点があり、非常に興味深いです。

マオリアートを画像で紹介したいところなのですが、マオリアートで著作権の問題がなくここで掲載できる写真があまりありませんでした。なので興味がある方はGoogle画像検索などで探してみてください。

マオリ文化を知る上で知っておきたいキーワード

ここではマオリ文化を知る上で知っておきたいマオリ語のキーワードを幾つか紹介します。

キアオラ(Kia Ora)

Kia Oraはマオリ語の挨拶です。「こんにちは」という意味で使われます。

ハカ(Haka)

Hakaはマオリ族の伝統的な踊りです。ラグビーのニュージーランド代表チーム「オールブラックス」が試合前に踊ることで一躍世界的に有名になりました。

スポンサーリンク

主に男性が踊り、本来は「War Cry」「War Dance」と呼ばれるように「戦いの前に自分たちの気持ちを鼓舞させたり、相手を威嚇するため」の踊りでした。現在はマオリのイベントなどで披露され、ショーの一部として目にすることが多いです。

タトゥー(Moko)

マオリ族はMoko(モコ)と呼ばれるタトゥーをします。絵柄にはそれぞれ意味があり、顔全体にタトゥーをする人を目にすることもあります。

ホンギ

Waitangi Day Festival 16 - Hongi

ホンギはマオリ族の挨拶で鼻と鼻を軽くくっつける挨拶です。

ハンギ

ハンギは地熱や熱した石の熱を使ったマオリ族の伝統的な調理方法です。遠赤外線でゆっくり温められるため、素材の味が非常に引き立ちます。

マラエ

Marae or Maori meeting house in Whakarewarewa park Rotorua.

マラエはマオリ族にとっての集会場、教会のような存在です。
一般の人がフラッと立ち寄れるところもありますが、中にはマラエの周辺は神聖な場所として扱われ許可無しに立ち入ることができないところもあります。

マオリ文化の初歩の初歩でした

ということで、今回マオリ文化の初歩の初歩を紹介しました。

スポンサーリンク

本当はマオリ族の歴史も僕自身が勉強しながら紹介したかったのですが、思いのほかボリュームがありすぎたので今回は紹介を見送りました。

インターネットで探してみると、意外と日本語の情報もありますので、興味がある方は探してみても良いかもしれませんね。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS