新法案でニュージーランドの悪しき賃貸住宅の習慣が払拭されるか!?

スポンサーリンク

先日、ニュージーランドの新聞で賃貸住宅にまつわる法律の改定案が報じられていました。

この改定案を見てニュージーランドで賃貸住宅を借りるときの悪しき習慣を思い出したので、今日はそんなことを記事として紹介したいと思います。

年々家賃は異常なスピードで上がっている

Holiday house in Tekapo

数日前に紹介したニュージーランドの都市ごとの家賃情報の記事でも少し触れましたが、ニュージーランドの都市部は毎年、驚くべき上昇率で家賃が上がっています。

現在住んでいる家は2015年に借りました。間取りは日本の言い方でいうと2LDKで家賃は週に300ドルちょっと。1ヶ月に換算すると日本円で10万円以上します。

それが今では2LDKで週300ドルちょっとの物件はまったくありません。もしあったとしても「ものすごくボロい」など、安いなりの大きな理由があるものです。

スポンサーリンク

今同じ程度の家を借りるには週に400ドル以上(13.5万円以上)します。たった数年で家賃が30%以上上がるというのはかなりのスピードですよね。

この問題は僕が住む街ウェリントンに限った話ではありません。ニュージーランドの3分の1の人口を占めるオークランドでも同じことが起こっています。

貸す側が強い法律を公平にする法案

現在、ニュージーランドの賃貸住宅にまつわる法律は家主が比較的強い法律になっています。

そこで「もう少し公平にしよう」ということになりました。

現在法案として上がっているのは

  • 家賃の値上げを1年に1回だけにする
  • 理由なしで借主を追い出すことをできなくする。
    現在、理由がなくても90日前に「家を出て欲しい」といえば、借りている人は90日以内に家を出なければなりません。

などがあげられます。他にもいろいろあるんですけど、まだ法案なので細かく紹介するのは正式に決まってからにします。

今回、これ以外にもう1つ改定案が上がっています。それは「オークション形式で家賃を決めてはいけない」というものです。

オークションのように家賃を決めている

今から4年ほど前、娘が生まれることがわかり、それまで住んでいたが子育てには向いていない家だったので、子育てをしやすい環境に引っ越すことにしました。

直行便?経由便?どっちが良い?

ニュージーランドに行くとき、直行便のニュージーランド航空と、経由便のカンタス航空・ジェットスター・大韓航空・シンガポール航空どれが良いか迷いますよね

僕は過去10年ほぼ毎回ニュージーランド航空を使って日本とニュージーランドを行き来しています。その理由とは。

家賃がある程度安く、間取りが広く。。といくつか条件を挙げて家を探しました。

家を見に行った数は50軒にも及びました。

その中でこちらが住みたいと思った物件は一握り。いざ「ここに住みたい」と思い、大家に「住みたいんだけど」というと、後日こんなことを言われることが何度もありました。

別で住みたい人がいて、その人はあと50ドル(1週間で)出せるって言ってるけどど払える?同じ家賃だったら、あなたたちの方が良いと思っているの。

とか、申し込み用紙に

この家を借りるとき、あなたは最大で幾ら払うことができますか?

と書かれていることもありました。

つまり大家が賃貸物件の家賃をオークションのようにしているわけです。

「週50ドル」というと日本円で4,000円弱。これが1ヶ月になると17,000円くらいアップします。8万円の家を探していて「10万円出せるなら貸してあげる」と言われているようなものです。

金額だけ考えれば「借りない」とすぐに言えますが、すごく良い立地で家の環境も間取りも良いと、「他の人に取られたくない」という心理が働くのか、心揺れることが何度もありました。

スポンサーリンク

ただ当時、フリーランスとして収入も安定していなかったので「できるだけ毎月の固定費を下げたい」という思いから、それらの値上げ交渉はこちらから断りました。

家賃が高いのはホント困りもの

ニュージーランドは環境も良いし、人も大らかだし、日本のようにせわしなくないし、生活をするにはすごく良い国です。

でも、この家賃問題は本当に困りものです。

我が家はフリーランス。インターネット環境があれば仕事ができるので、ウェリントンから別の街に引っ越すことも可能です。そんな予定はありませんけど。

でも、ワークビザを取得して働く人は仕事がある街に住むしかありません。
特に単身で住んでいる人はシェアハウスに住むこともできますが、家族がいるとそういうわけにはいきません。それなりの広さがある家に住む必要があります。

そうなると家賃が高いというのはかなり問題になります。

一度上がった家賃が下がることはなかなかないと思いますが、家賃が高い問題はなんとかして欲しいところです。

 

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS