ニュージーランド情報

チョコレートブランドのWhittaker’sが初のショップをオークランド空港にオープン!

ニュージーランドのチョコレートブランドといえば、ダニーデンにチョコレート工場があったキャドバリー(Cadbury)を思い出す人が多いかもしれません。

でも、ニュージーランドのスーパーマーケットで普通に買えるチョコレートとしては、キャドバリーも有名なんですけど、それと同じかそれ以上に人気があるのがWhittaker’s(ウィッタカーズ)です。

そんなウィッタカーズが初の専門店をオークランド空港にオープンするそうです。

オークランド空港のチョコレート専門店がオープン

今回、オークランド空港にチョコレートの専門店を開くWittaker’s(ウィッタカーズ)は、開業から120年と歴史が浅いニュージーランドではかなり老舗のチョコレートブランドになります。

ウィッタカーズは過去に何度も「ニュージーランド人が信用するブランド」を決める調査でも上位にランクインするニュージーランド人が愛するブランドの1つです。

ちなみに情報元のNew Zealand Heraldにはオープンする日や、空港のどこにオープンするのか?などは明記されていませんでした。また、ウィッタカーズのFacebookTwitterでもまだショップについての言及はありません。

お店が国際線ターミナルの中にあるのか、それとも外なのか?でだいぶお客さんの入りが変わってきそうですね。

スポンサーリンク

追記:

この記事公開直前に1 Newsというニュージーランドのテレビ局が運営するメディアでオープン日などが記載されていました。公開直前だったので書き換えずに追記で対応します!

お店はすでにオープンしているそうです。オープンは8月15日。場所は出国審査を終えたあとにあるとのことです。

お土産に買うならこれがオススメ

ここからは個人的な好みの話なんですけど、お土産に買うならこのWhittaker’sのチョコレートがおすすめですよ。という話です。

Wittaker’sはさまざまなタイプのチョコレートを販売していて、お土産の使い方に合わせて買い分けをすることができます。

ばら撒きのお土産にオススメ

職場などに配るのにピッタリのチョコレートは小分け包装されているこのタイプのチョコレートがオススメです。12袋入り180グラムでスーパーマーケットで買うと5ドルです。

変わり種のお土産としてオススメ

そして次におすすめするのがこちら。
「Artisan アルチザン」ともう一つ似たパッケージの「Destinations ディスティネーションズ」です。

これらは普通のチョコレートとちょっと違って、どれも「Kaitaia Fire Chili Pepper Spice Block」や「Waikato Grown Aromatic Oolong Tea Block」といった変わっています。

え?Chili Pepper?と思うかもしれませんが、意外や意外まずくありません。スーパーマーケットで100グラム4ドルです。

ガッツリチョコレートを食べたい人向け

そして3つ目はガッツリしたチョコレートを上げたい、もしくはニュージーランドで生活していた経験があって、「懐かしい味を」という方にオススメなのがこちらです。

もうLCCより安い!?往復7.9万円。ニュージーランド航空がセール中!

ニュージーランド航空が5月9日から5月27日まで最安値が7.9万円という激安のセールを開催中です。もちろん諸経費込みです。もうLCCより安くなっています。
渡航対象機関は5月31日から10月31日までです。

詳しい情報は「セールの詳細ページ」をご覧いただくか、「予約ページ」へ直接アクセスして、日にちや人数を入れて値段をチェックしてみてください!

しかも一番グラム単位で見るとお得です。200グラムでだいたい5ドルです。

これ以外にも幾つかあります

今回紹介した3種類以外にも小分けタイプのものが幾つかあります。これらもばら撒き系のお土産として良いかもしれません。

Whittaker’sの空港店。すごく気になります

ということでWhittaker’sのオークランド空港店。Whittaker’sのFacebookページに写真が掲載されていました。

まーーー豪華です。バブリーです。

Load up your carry-on… our first store has arrived at Auckland International Airport! 😊

Whittaker’s Chocolate Loversさんの投稿 2018年8月15日水曜日

出国を終えたあとなので、なかなか見に行く機会はありませんが、次回の一時帰国でオークランド空港へ行くのが楽しみになりました。

ショップ限定品とかあったら買ってしまいそう。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

ABOUT ME
masa osada
masa osada
日刊ニュージーランドライフと日刊英語ライフを主宰しています。 → 詳しいプロフィールはこちら、個人のTwitter @masaosadaには日々の生活を載せています。フォロー大歓迎です。