クイーンズタウンに新絶叫アトラクション「人間パチンコ」登場

スポンサーリンク

今でこそ世界中で行われているバンジージャンプ。
もともと「アトラクション」としてはニュージーランド発祥です。

今ではただ足にゴムをつけて高いところから飛び降りるだけでなく、様々な趣向を凝らした飛び方のものが登場しましたが、先日クイーンズタウンで「人間パチンコ」ともいうべき、新しい絶叫アトラクションが登場したそうです。

いったいどんな絶叫アトラクションなのでしょうか。

もともとニュージーランド発祥のアトラクション

バンジージャンプの起源をたどっていくと、もともとはバヌアツのとある島で行われていた「ナゴール」と呼ばれる儀式にあるとされています。

ナゴールは木で組み上げた数十メートルの櫓(やぐら)から、足に命綱としてツタをくくりつけて飛び降りるもの。これを行うことで「大人(成人)になれる」とされたり、主食であるヤムイモの豊作を祈願する儀式としても行われています。

スポンサーリンク

そのナゴールをニュージーランド人のA.J. Hackettが1986年にオークランドのアッパーハーバーブリッジで、安全性を確保しつつ、よりエンターテイメント性を高めた商業的なアトラクションとして世に送り出しました。

つまりバンジージャンプが登場してだいたい30年が経ったということですね。

今でもA.J.Hackettのアクティビティーはオークランドやクイーンズタウンで楽しむことができます。

クイーンズタウンに新たに登場したバンジージャンプ

バンジージャンプというアトラクションを考案したA.J. Hackettが今週の水曜日に新しいアクティビティーをリリースしました。

その名も「The Catapult」。別名「Human Slingshot」。

日本語に訳すと「人間パチンコ」ですね。パチンコといっても

Iパチンコ - Pachinko.

こっちのジャンジャンバリバリのパチンコではありません。下の写真(あまり良い写真がありませんでした)のようなパチンコ玉とかを飛ばすオモチャですね。

往復航空券が安い!そして無料で座席がアップグレードのチャンス!

ニュージーランド航空が10月19日から11月19日までのあいだセールを開催しています。
対象機関は11月から4月で、今回のセールの最安値は8.9万円です。

さらに今回はエコノミーのチケットを買った方のなかから抽選で30名がプレミアム・エコノミーにアップグレードします!これはスゴイ。

詳しい情報は「セールの詳細ページ」をご覧いただくか、「予約ページ」へ直接アクセスして、日にちや人数を入れて値段をチェックしてみてください!

determined..

さてどんなものなのかA.J. Hackettが用意した動画とCNNが取材した動画をご覧ください。

まずはA.J. Hackettが用意したものから。

次はCNNの取材動画です。個人的にはCNNの動画のほうがどのくらい凄いところで飛ぶのかわかると思います。

この人間パチンコ。一瞬にして時速100キロに加速し、重力の3倍(3G)もの力を体感することができるそうです。

今後、世界の果てまでイッテQ!とか日本のTV番組が来て、誰がやってくれるんでしょうね。期待しています。

スポンサーリンク

気になるお値段や年齢制限などは?

このツアーは街の中心から少し離れたところに行かなければなりません。
クイーンズタウンの街の中心からバスの送迎があります。朝一番早いもので9時20分。最後が14時40分。1日に8便運行されています。

所要時間は4時間です。これは人間パチンコを行うNevis valleyという渓谷は街からけっこう離れているのと、道なき道を走って会場まで行くため往復の移動時間がけっこうかかります。

参加できるのは13歳からで、体重は45kgから127キkgまでとなっています。
※公式サイトでは45kgからとありますが、海外のメディアでは60ポンド(27kg)と書いてあることもあるので、45kg未満でぜひやってみたい!という人は下記のリンクからA.J. Hackettに直接問い合わせをしてみてください。

そして気にあるお値段は255ドルです。だいたい2万円ですね。これを高いと思うのか安い、もしくは妥当な値段だと思うのかはその人次第ですね。

僕はこれを見た限り、バンジージャンプよりはできそうな気もしますが、やっぱりこれをやることはないと思います。怖すぎます。。。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS