トラベル

旅行が多い人に「USB充電」対応製品をおすすめする理由

皆さんは海外旅行をするとき、どんな電化製品を持っていきますか?

きっと男性・女性で使うものは異なると思うんですけど、今回はそんな電化製品を持っていくとき、また購入するときは「USB充電に対応している製品を持っていくと良いですよ」というお話です。

海外旅行で持っていく電化製品といえば

海外旅行で必要になるかもしれない家電製品といえばこんなものが挙げられます。

  • パソコン
  • iPhoneなどのスマホ
  • デジカメ
  • iPadなどのタブレット
  • Kindleなどの電子書籍
  • 電動歯ブラシ
  • Bluetoothのイヤホン
  • ひげそり
  • 電子辞書
  • モバイルバッテリー

他にもApple Watchなどスマートウォッチを持っていく人もいるかもしれませんね。

これらすべての電化製品を持っていく人はなかなかいないかもしれません。でも、いくつも電化製品を持っていくとき、それぞれに充電ケーブルやACアダプタが必要になり、何かと荷物がかさばってしまいます。

でも、USB充電ができるものに変えると、荷物が一気にシンプルになるんです。

スポンサーリンク

USB充電に対応した製品を買うと荷物が一気に減る

最近のスマホやタブレットはUSBケーブルをUSBポートに挿すだけで充電ができますね。

実はこのUSB充電。スマホやタブレットだけではありません。最近ではさまざまな家電製品がUSB充電に対応しています。

USB充電ができる家電製品はここがスゴイ

Apple Lightning Cable Problem (top view)

USB充電ができる家電製品の凄いところは、口があうケーブルとUSBポートさえあれば、何かと場所を取ったり、地味に重たいACアダプタを持っていく必要がなくなります。

そして何よりも優れているのはモバイルバッテリーがあれば、たとえ外出中でも充電ができるということです。

例えばこのあと紹介するUSB充電に対応したデジタルカメラの場合、撮影中に電池が切れそうになったら、その場でモバイルバッテリーで充電することができます。

機種によって「充電中は撮影できません」というものもありますが、電池が切れそうだなと思ったときにカフェなどでお茶をしてその間に30分1時間充電すれば、宿泊先に戻るまでくらいは撮影することができます。

USB充電に対応した製品はこんなにある

意外と知られていませんが、USB充電できる家電製品が最近どんどん増えています。

直行便?経由便?どっちが良い?

ニュージーランドに行くとき、直行便のニュージーランド航空と、経由便のカンタス航空・ジェットスター・大韓航空・シンガポール航空どれが良いか迷いますよね

僕は過去10年ほぼ毎回ニュージーランド航空を使って日本とニュージーランドを行き来しています。その理由とは。

ニュージーランド航空を強くオススメする一番の理由

例えば上でも少し触れたデジカメ。コンパクトデジタルカメラはもちろん、一眼レフと同じ品質で撮影ができる「ミラーレス」のカメラもUSB充電に対応したものがあります。

他にも電動歯ブラシもUSB充電ができるタイプがあります。

それ以外にもひげそりも、電子辞書もUSBを使って充電できる製品があるのでAmazon.co.jp楽天市場で探すか、家電量販店に行って探してみてください。

USB充電対応製品を充電するには

「USB充電」ができる製品を充電するときどんなもので充電するのを最後に紹介します。

USBで充電する場合は

  1. 製品の付属のUSB充電ができるACアダプタを持参する
    メリット:コンパクトなものが多い
    デメリット:1つしか充電できない。
  2. ノートパソコンのUSBポートを使う
    メリット:別途充電器などが不要
    デメリット:出先に持ち歩くのは大変。パソコンの電池が減るなど
  3. モバイルバッテリーを使う
    メリット:外出先で充電できる
    デメリット:複数の端末を同時には充電できない
  4. USB充電器を持っていく
    メリット:複数の端末を同時に充電できる。
    デメリット:出先では充電できない

出先で充電する必要がなく、パソコンを持っていく場合はパソコンで充電するのが荷物を増やさず手軽です。

もし出先で充電する場合はモバイルバッテリーが手軽です。
ちなみにモバイルバッテリーは必ず「手荷物」に入れましょう。「預け荷物」に入れると没収されます。

もしパソコンを持っていかない場合は、USB充電器を使うのが便利です。USB充電器は軽量で複数のUSB機器を充電できるのは魅力的です。

スポンサーリンク

今後買い換えるときは「USB充電対応」も選択肢に

今回いろいろ家電製品を見ていてUSB充電できる製品がいろいろあって驚きました。

製品を新しく買い替えるときは「USB充電対応」も選択肢に入れようと思います。似た機能の製品を買うならUSB充電に対応しているほうが何かと便利そうです。

あとは値段との折り合いや、「USB充電はできるけど、〇〇はできない」などいろいろあるかもしれません。その辺もみて総合的に判断したいですね。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

ABOUT ME
masa osada
masa osada
日刊ニュージーランドライフと日刊英語ライフを主宰しています。 → 詳しいプロフィールはこちら、個人のFacebookには日々の生活を載せています。フォロー大歓迎です。