ロイヤル・ウェディングの影響で「街からキュウリが消える」理由

スポンサーリンク

イギリス王室のハリー王子とメーガン妃の結婚式が昨日ありましたね。皆さんテレビで見ましたか?

正直、僕はまったく興味がなかったんですけどニュージーランドでは新聞やテレビで大々的に報じられ、さらに日本のニュースを見ても大きく取り上げられていると知って驚きました。

イギリス圏のニュージーランドはわかるとして、日本で取り上げられるって、そんなにみんな興味あるんでしょうか。

さて、そんな余談はさておき。今回のロイヤルウェディングが原因でニュージーランドのスーパーマーケットからきゅうりの姿を消した!?というニュースが報じられていて、興味深かったので紹介します。

ロイヤルウェディングでキュウリが品薄に!?

New Zealand Heraldによると、オークランドの街の中心地ではキュウリが姿を消したそうです。

Countdownのスポークスマンが18日にインタビューで答えた内容によると、

スポンサーリンク

オークランドの街の中心にある店はキュウリが在庫切れになりました。追加で注文し翌日19日の朝には入荷する予定です。

とのこと。また別の情報によると欠品までは行かなくても、品薄になるところもあるとか。

今日、我が家は週末恒例で野菜のマーケットに行ってきたんですけど、普段は山積みになっているキュウリをほとんど見ませんでした。

さてそこで問題です

どうしてイギリス王室の人が結婚するとキュウリが品薄になってしまうのでしょうか。

僕はこの話を聞いて、どうしてなのかまったくわかりませんでした。そこでそのとき考えた理由と、そのなかに正解を混ぜてクイズ形式にしてみます。

どれが正解なのか考えてみてください。

  1. メーガン妃がキュウリのパックを毎晩していて美肌だから。
  2. イギリス王室の先祖はカッパだから。
  3. イギリス圏では結婚式でケーキカットならぬキュウリカットがあるから。
  4. みのもんたがテレビで紹介したから。
  5. イギリスではキュウリを食べるのが一種のステータスだから。

さて、どれが正解でしょう?キュウリの写真の下に答えがありますので考えてからスクロールしてみてください。

Cucumber!

さて答えは。。?

さて答えは何となくわかりますよね。

本日でセール終了!

ニュージーランド航空が10月19日から11月19日までのあいだセールを開催しています。
対象機関は11月から4月で、今回のセールの最安値は8.9万円です。

さらに今回はエコノミーのチケットを買った方のなかから抽選で30名がプレミアム・エコノミーにアップグレードします!これはスゴイ。

詳しい情報は「セールの詳細ページ」をご覧いただくか、「予約ページ」へ直接アクセスして、日にちや人数を入れて値段をチェックしてみてください!

答えはもちろんイギリス王室の先祖がカッパだからです。その昔、江戸時代に外国人が訪れた時、あまりの鼻の高さから「天狗」と呼ばれていました。それと同じでイギリス人はカッパとよb。。。

もう止めましょう。。(笑

正解はイギリスではキュウリを食べるのは一種のステータスだったからです。

もともとキュウリは高級食材だった

今でこそキュウリといえば、非常に安く買うことができますが、その昔イギリスでは高価な食材でした。

というのもキュウリはイギリスの気候に適しておらず、温室などを使って特別に育てられたものか、輸入したものしかありませんでした。そのためイギリスでキュウリを食べることができたのは、裕福な層か皇族のような貴族階級の人たちの口にしか入りませんでした。

そしてその裕福な人や貴族階級の人たちはキュウリは一種のステータスであり、そのキュウリをふんだんに使って作られたサンドイッチを出すことは一種の贅沢なおもてなしでした。

ちなみにレストランなどで時々レモンのスライスが入った水を出すお店ありますよね。
イギリス圏の国々では、ときどきレモンではなくキュウリが入った水を出してくるところがあります。

またイギリス圏だけに限らず、カクテルにキュウリを入れることもありますね。

スポンサーリンク

これらはすべてイギリスが発祥で、そのもともとの起源は裕福な層や貴族の人たちが行ったこととされています。

個人的にキュウリが入っている水は苦手です。

キュウリサンドイッチは簡単に作れる

Cucumber sandwiches. Since for reasons @Kake bought crust less bread

ということで、なぜロイヤルウェディングの直前に街からキュウリが消えたのか?というと、みんながこぞって「キュウリ入りのサンドイッチを作って祝ったから」らしいです。

もちろん買った人に「あなたはなぜキュウリを今買ったんですか?」と聞いたわけではありませんが、新聞社によるとそういうことらしいです。

ではキュウリのサンドイッチをどう作るのか?というとけっこう簡単です。

  1. キュウリをできるだけ薄切りにする。スライサーを使ってもいい
  2. キュウリに塩少々とワインビネガー、または米酢などお酢をかけてなじませる
  3. 10分から30分ほど放置する
  4. 放置しているあいだにパンを切る。
  5. 10分から30分経ったらキュウリの水気を切る
  6. パンにパターを塗る。お好みでマスタードを。
  7. パンにビッシリとキュウリを敷く。胡椒を少し振っても良し。
  8. パンで挟む
  9. パンの耳を切る。切らなくてもいい。
  10. サンドイッチをラップなどで巻いて10〜20分放置してなじませる
  11. お皿に並べる前に食べやすいサイズに切る

以上です。ちなみにイギリスではキュウリのサンドイッチを「ティーサンドイッチ」とも呼び、ティータイムにつまんで食べたそうです。

さっそく近いうちに作ってみます

最初「え?キュウリだけのサンドイッチ?微妙だなぁ」と思ったんですけど、この記事を書くためにいろいろ調べてみると、意外と美味しそうでした。

スポンサーリンク

なので、近いうちにキュウリのサンドイッチを作って食べてみようと思います。

個人的にはマヨネーズを挟んだり、チーズとかハムを挟みたいところなんですけどね。

皆さんも興味がある方は作ってみてはいかがでしょうか。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS