【図で解る】ニュージーランド全体と各都市の人口ってどのくらい?

スポンサーリンク

皆さんはニュージーランドの人口がどのくらいか知っていますか?

ニュージーランド政府のウェブサイトには「Population Clock」という今現在の人口を表示する時計のようなものがあります。そのページによると2018年5月16日午後11時の時点で人口は「4,879,394人」いるそうです。

ちなみに日本の統計局の情報によると2018年4月時点で日本の人口は1億2653万人。つまりニュージーランドは日本のたった3.85%しか人口がいない、逆をいうと日本の人口はニュージーランドと比べて26倍弱もあるということです。

さて、そんな比較はさておき今回はニュージーランド全体(これはすでに触れましたけど)の人口と、各都市の人口を目で見て解るように図を作ってみました。数字だけで見るより印象が違って興味深いです。

日本とニュージーランドの人口を比較してみる

まずは日本とニュージーランドの人口を比較してみましょう。

ニュージーランドの人口を「1」とした場合、ニュージーランドの人口は「25.97」なのでニュージーランドの円の25.97倍の円を作って重ねてみました。

スポンサーリンク

こう見ると日本の人口の多さがよくわかります。

ところで国の面積でいうと、ニュージーランドは268,021 km²。そして日本は377,962 km²なのでニュージーランドは日本の71%、そして日本はニュージーランドの141%の国土があるということです。

ちなみにニュージーランドの人口は約490万人、そして西武新宿なども含む新宿駅の1日の利用者数は370万人を超えるそうです。

ニュージーランド各都市の人口を見てみる

Colourfest

ではニュージーランドの各都市の人口は?というと。以下の通りです。今回は上位15都市をリストアップしています。ちなみにこのデータは2017年のデータです。

  1. Auckland … 1,534,700
  2. Wellington … 412,500
  3. Christchurch … 396,700
  4. Hamilton … 235,900
  5. Tauranga … 137,900
  6. Napier – Hastings … 133,000
  7. Dunedin … 120,200
  8. Palmerston North … 85,300
  9. Nelson … 66,700
  10. Rotorua … 58,800
  11. Whangarei … 57,700
  12. New Plymouth … 57,500
  13. Invercargill … 50,800
  14. Whanganui … 40,300
  15. Gisborne … 36,600

この人口の割合を円グラフにしてみました。

セール情報

記事の途中でスミマセン。ちょっとだけお知らせを。ニュージーランド航空がセールを行ってますよ!期間は7月31日まで。

渡航期間はニュージーランドの冬から春にかけての7月18日から10月31日までで、最安値はエコノミーで89,000円からです。プレミアム・エコノミーやビジネス・プレミアも見逃せない価格となっています。

詳しい情報は「セールの詳細ページ」をご覧いただくか、直接「予約ページ」へアクセスして、日にちや人数を入れて値段をチェックしてみてください!

上位3都市「オークランド、ウェリントン、クライストチャーチ」で全体の半分弱を占め、さらに上位15都市で全体の3/4を占めています。

さらにこの人口を地図に落とし込んでみるとどうでしょう。地図が縦長なのでパソコンで見るよりスマホやタブレットで見たほうが見やすいかもしれません。

明らかに北島に人口が集中しているのがわかりますね。

ちなみにオレンジのは観光客が訪れるガイドブックにも載っている街です。ここ以外にも街はありますので、いかに上位15の都市に人口が集中している、言い方を変えれば他の街の人口がいかに少ないかもわかってもらえると思います。

 

今回のデータを知っても、なかなか旅が楽しくなることはありませんが、何かの参考になれば嬉しいです。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS