FAQ:ニュージーランドの名物料理ってなんですか?

スポンサーリンク

時々「ニュージーランドの名物料理ってなんですか?」と聞かれることがあります。

ニュージーランドの名物料理。

皆さんはどんなものを思い浮かべますか?今回はそんな「ニュージーランドにまつわるよくある質問」にお答えしていこうと思います。

ニュージーランドは歴史が浅く多国籍な国

Te Paku o Te Rangi meeting house, Putiki Marae

ニュージーランドは非常に歴史が浅い国です。

今でこそニュージーランドには500万人弱の人間が住んでいますが、今から700年ほど前にはニュージーランドには誰も住んでいませんでした。

スポンサーリンク

そこにポリネシア系の人々が船でたどり着き、生活を始めます。その人たちがマオリ族ですね。※この辺は諸説あって、もっと古くから人が住んでいたなんて言う話もあります。

そして1800年台半ばにやっと「ニュージーランド」という国が生まれます。ということはニュージーランドという国には200年の歴史もないわけです。

さらに国が生まれた時からイギリス人や、スコットランド人、さらにもともと住んでいたマオリ族など多国籍な人で構成されていました。

今では中国人やインド人などさまざまな国の人たちが移り住んでいます。

そのため日本食や、中華料理、イタリアン、フレンチ、インド料理といったものはなく、さらに他の国のような「ニュージーランド特有の料理」はほとんどありません。

敢えて言うならハンギ?

「ニュージーランド特有の料理」はほとんどありませんと書きました。そうなんです。「ほとんど」なのでまったくないわけではありません。

敢えて言うなら。。。

ハンギでしょうか。ハンギというのはマオリ料理です。ニュージーランドを旅したことがある方でも、意外と食べたことない人も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ハンギは一言でいうと、、、蒸し料理のようなオーブン料理のようなものです。

EDC hangi 2010

多くの場合、地面に穴を掘ってその中に熱した石を入れます。そしてその中に「何か(あとで説明します)」で包んだ肉やじゃがいも、サツマイモ、かぼちゃなどを入れます。最後に食材に土を被せて熱した石の熱を使って加熱します。

地域によっては熱した石を使わずに地熱を使ったり、温泉が湧き出ているところに蒸し器を入れるところもあるようです。

また「食材を何かで包む」の「何か」ですが、葉っぱで包むこともあれば、金属の大きなザル?かご?や布の袋、アルミ箔を使うところもあります。

さらに最新のハンギはガスヒーターを使うものもあるとか。

じっくり低温調理なのでお肉は柔らか

Hangi

正直なことを書くと、僕はハンギを2回ほどしか食べたことがありません。どちらもワーキングホリデー時代です。

スポンサーリンク

どちらも感じたことは「肉が柔らかかった」です。これは低温で、遠赤外線を使って調理されるのでお肉が柔らかくなるんですね。

また野菜もすごく甘みがありました。

でも、味付けは基本的に塩やグレービーソースのようなものだけだったので、良い言い方をすれば「素材の味を活かす味わい」でした。逆に言うと香辛料とかが全然使われていなかったので、味気なかったです。あと結果的に煙で燻されたようになっていたので、スモーキーな味がしました。

ずいぶんあとになって知ったんですけど、そういうシンプルなハンギではなくて「豪華なハンギ」というのもあるようです。

豚肉やラム肉や野菜に塩コショウやにんにく、ハーブをたっぷり付けて、じーっくり調理するハンギもあるらしく、それはきっと美味しいんだろうなぁと勝手に想像しています。

ハーブは西洋料理で使うローズマリーやオレガノなどを使うこともあれば、マオリ系のハーブ、例えばカワカワなどを使うこともあるとか。美味しそうです。

意外と出会わないハンギ。見かけたら食べてみて

ハンギは意外と旅行をしていても出会うことがありません。

ロトルアとかマオリ系が多いエリアだと見かけますが、僕が住むウェリントンではフェスティバルのときに時々見かける程度です。他の地区を旅行していてもほとんど見かけません。

スポンサーリンク

決して高い料理ではないので、旅行中にハンギを見かけたらぜひ食べてみてください!

ただしホテルのディナーショーで出てくるハンギは美味しくない可能性があります。ご注意を!

 

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS