今年の秋は寒いかも。温かい服を忘れずに持ってきましょう

スポンサーリンク

南半球のニュージーランドは3月から5月が秋と言われています。

普段であれば日本の秋と同じくらいの服装を持ってくれば問題ありません。ところが近年ほんとうによく耳にする「異常気象」のせいなのか、今年はいつもと違うかもしれません。

4月の上旬なのに真冬並の気候&大荒れの天気

今年は夏が記録的に暑く、さらについ先日まで「今年は暖かいね」なんて家族で話をしていたのですが、昨日から全国的に天気は一転。一気に冬になってしまいました。

今朝のウェリントンの気温は6度。しかも風の街ウェリントンなので風が強く体感気温はもっと低くなっています。

全国的に大荒れのニュージーランド

この「一気に冬になってしまった」というのはウェリントンに限った話ではありません。ニュージーランドの気象庁に当たるMetServiceのウェブサイトには全国の降水予報と積雪予報のページがあります。

その降水と積雪の予報を見てみましょう。これは4月10日午後3時の予報です。

スポンサーリンク

これだけをパッと見てもわからないかもしれません。

紫の線で囲まれたエリアは雪の予報です。いろいろ細かい線が入っているのでわかりにくいかもしれませんが、南島は広範囲で雪の予報が出ています。

色が着いている部分は薄い青が少し雨が降るエリア、そのあと青→緑→黄→茶→赤の順で雨の量が増えていきます。

つまり北島は一部の地域を除いて大雨。南島も東海岸は雨が降っているということですね。

さらに全国的にかなり風も強く、ウェリントンは一日中台風のような状態でした。しかも、我が家のエリアはゴミの回収日でゴミ箱が転倒したり、回収箱が吹き飛ばされていたり、ここしばらくでもっとも天気が荒れています。

各地で竜巻・雷、雪と全部盛りの荒れ模様

我が家の周辺は大荒れではあるものの、これといった実害は出ていません。敢えて言うなら、倒れたゴミ箱の中にあったゴミが散乱している程度です。

ところが北島では竜巻が2つ発生し、木が倒れたり屋根が吹き飛ばされるなどの被害が出ています。さらにタラナキ地方だけで今朝たった1時間で4,500回の雷がなり、12,000世帯で停電が発生しました。

セール終了まであと今日を入れて3日!

ニュージーランド航空が10月19日から11月19日までのあいだセールを開催しています。
対象機関は11月から4月で、今回のセールの最安値は8.9万円です。

さらに今回はエコノミーのチケットを買った方のなかから抽選で30名がプレミアム・エコノミーにアップグレードします!これはスゴイ。

詳しい情報は「セールの詳細ページ」をご覧いただくか、「予約ページ」へ直接アクセスして、日にちや人数を入れて値段をチェックしてみてください!

また南島では4月にもかかわらず雪も降り積もっています。

Jimmy Truslerさん(@jimmytrusler)がシェアした投稿

この写真はInstagramに投稿された写真です。テカポの周辺で撮影されました。


© Stuff – Facebook Page

この写真は南島のPorter Passという峠で撮られたものです。

もちろん季節外れの雪なので、積雪量は積もっても2センチ程度。しかも、この寒さがずっと続くわけではないので、雪は数日で消えるはずです。そう願います。

なので「来週旅行するけど大丈夫かな。。。」と心配する必要はないと思います。

ただニュージーランドにはスタッドレスタイヤが一般的ではありません。なので、こういう道を通常タイヤで走るか、チェーンを巻く必要があります。もし雪の予報が出た時の運転は注意が必要ですね。

スポンサーリンク

念のため、寒さ&風対策をしてきましょう

今回の嵐だけを見て、「今年の秋は寒い」と判断するのは乱暴かもしれませんが、秋になると今回のような荒れ方をすることが時々あります。

特に秋冬は南(南極)からの嵐が来ることが多く、湿った冷たい風が流れ込むと、天気が荒れる傾向にあります。

そんなときのために寒さと風対策をしてきましょう。

個人的にオススメなのは、以前から紹介していますがウィンドブレーカーをベースにした重ね着です。撥水と防風効果が高いウィンドブレーカーを着て、中に何枚か重ね着をするとかなり温かいです。また重ね着なので温度調節もしやすいのでお勧めです。

Amazon.co.jpを見るといろいろな種類のウィンドブレーカーが出ています。「撥水」「防風」「防寒」などのキーワードを元に見てみてはいかがでしょうか。

それか時間がある方や「一回着てみないと」という方は専門店を覗いて見ることをオススメします。

ということで、ニュージーランドは全国的に荒れてますよ。という話と急に天気が崩れると寒くなるので防寒・防風対策をしておきましょうね。というお話しでした。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS