内容を一挙公開。ニュージーランドの国勢調査「Cunses」をやりました

スポンサーリンク

ニュージーランドでは毎年5年おきにCensusと呼ばれる国勢調査が行われます。

前回行われたのが2013年。本来、2011年に行われるはずだったのが2011年2月に起こった大地震の影響で2年先の2013年に延期されました。それから5年が経った今年2018年は国勢調査「Census」の年です。ちなみに実施日は3月6日です。

実はこのCensus(センサス)はニュージーランドに住んでいる人だけでなく、旅行で3月6日にニュージーランドにいる人は全員、入力する義務があるんです。

そこで今回はそんなCensusでどんなことを聞かれるのか、紹介してみます。

オンラインで事前にCensusを済ませました

New Zealand Census 2018

今年のニュージーランドの国勢調査Censusはすごいなーと思ったのは、すべてオンラインで入力をすることです。

スポンサーリンク

家にCensusの紙は送られてきますが、そこには家ごとに割り当てられた英語とアルファベットが混ざった12桁のコードが書かれているだけです。

おじいちゃんもおばあちゃんもパソコンかスマホでやるというのは、なかなかの英断ですよね。もちろん「紙バージョンが良い場合は手配します」とは書いてありましたけど、そうなると「面倒だから」という理由で記入者が減りそうな気もします。

そういう意味で「基本オンライン化」することで、経費の節減ができるのはメリットでもCensusをやる年配の人は減るかもしれないなと感じました。

旅行者も答えなければいけないCensus

日本の国勢調査がどうなのかわかりませんが、ニュージーランドのCensusは旅行者も答えなければなりません。

宿泊先には全室用のフォームが事前に宿泊先に配られ、前日か当日の朝そのフォームをお客さんに記入してもらわなければいけません。

つまり日本人旅行客も調査の対象になるということです。残念ながら、そのフォームが手元にないので正確な記入内容はわかりませんが、だいたい以下の様なことを記入しなければなりません。

  • 名前
  • 生年月日
  • 性別
  • 居住国(JAPAN)
  • 滞在期間
  • Census当日の滞在地(宿泊先の住所)
  • 国籍
  • 出生地
  • 記入欄最後のページにサイン

このくらいです。簡単ですね。親切な宿泊先はCensusの用紙と一緒にホテルの住所が書かれた紙をくれます。

ニュージーランド在住の人はどんなことを聞かれるのか

それではニュージーランドに住んでいる人はどんなことをCensusで聞かれるのでしょうか。ザックリとまとめてみました。

セール情報

記事の途中でスミマセン。ちょっとだけお知らせを。ニュージーランド航空がセールを行ってますよ!期間は7月31日まで。

渡航期間はニュージーランドの冬から春にかけての7月18日から10月31日までで、最安値はエコノミーで89,000円からです。プレミアム・エコノミーやビジネス・プレミアも見逃せない価格となっています。

詳しい情報は「セールの詳細ページ」をご覧いただくか、直接「予約ページ」へアクセスして、日にちや人数を入れて値段をチェックしてみてください!

居住状況を調べる

  • 家の種類は何か
    house、townhouse、unit、apartment、mobile dwelling、other
  • 何階建ての建物に住んでいるか
  • 家は賃貸か、持ち家か
  • 借りている場合の所有者は個人、企業などか
  • 家賃はいくらか
  • 部屋の構成
    寝室、リビング、ダイニング、キッチン、温室、仕事(学習)部屋の数
  • 暖房の種類
  • 電話やインターネットの有無
  • 車の所有数
  • 家が湿っているか。
    湿った感じがする、匂いがする、結露したあとが壁にあるか
  • 家の壁や天井に合計A4サイズの紙くらいのカビは生えてるか
  • キッチンや水道、冷蔵庫、トイレなどがあるか

個人情報

Section 1

  • 名前の確認
  • 誕生日
  • 性別(男女)
  • 今の家に住みはじめて何年か
  • 人種
  • 生まれた国
  • いつニュージーランドに来たか

Section 2

  • マオリ族かどうか
  • 1年前はどこにいましたか?
    今の住所、違う住所、海外
  • 日常で使う言語
  • 宗教
    宗教を答える、無宗教以外に「答えたくない」という回答も
  • 同じ家に住む人は誰(続柄のみ)ですか?
  • 学生ですか?
    週20時間以上、週20時間以下、学生ではない

次は健康に関する質問です。すべての答えは「ない」「ときどきある」「よくある」「できない」の4種類でした。

  • メガネをかけても物を見ることに問題はありますか?
  • 補聴器を付けても音が聞こえないことはありますか?
  • 歩いたり階段をのぼることに問題はありますか?
  • 記憶や集中することに問題はありますか?
  • 服を洗うことに問題はありますか?
  • 相手とコミュニケーションを取ることに問題はありますか?

Section 3

  • 喫煙の習慣はありますか?
  • 過去にタバコを吸う習慣はありましたか?
  • 結婚について
    結婚していない、結婚していた、死に別れた、結婚している
  • 学歴
  • 収入はどんなものを得ているか
    給料、自営業、利息、家賃、国の補助
  • 年収

Section 4

  • 過去1週間の仕事状況
    1時間以上働いた、家族の仕事を無給で手伝った、休んだ
  • 1週間の労働時間
  • 仕事の種類
    雇用されている、個人事業主、経営している、家族の仕事を無給で手伝っている
  • 職業はなんですか?
  • 会社名、または雇用主の名前
  • 家で働いていますか?勤めていますか?
  • 過去4週間、無給で行ったものはなんですか?
    家事、子守り、看病、ボランティア

いろいろ根掘り葉掘り聞かれます

入力を終えてけっこう細かいことまで聞かれるなと驚きました。

なかでも「家の中で湿気を感じるか」「家の中でカビを見るか」という項目があって興味深かったです。ちなみになぜこんなことを聞かれるのか?というとニュージーランド国内で低所得者層の家で問題になっているからです。

家に断熱材が入っていなかったり、換気がキチンとされない古い家(安い家賃の家)に住んでいる大人や子どもが、湿度から発生するカビを吸い込んで喘息やアレルギー反応を起こしてしまうからです。

残念ながら僕は日本に29歳までいましたが、1回も国勢調査をやったことがありませんでした。「用紙が来たのに出さなかった」ではなく、家にそういったものが届いた記憶がありません。

なので日本でどんなことを聞かれるのか知りません。でも、きっとニュージーランドのCensusとも違って、それぞれのお国柄みたいなものが出ているのかな?と勝手に思いました。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS