次に注目されるのはダニーデン?要チェックな観光スポット

スポンサーリンク

ニュージーランドの観光地といえば、空の玄関でありニュージーランド最大の都市オークランド、そしてクイーンズタウン、ロトルアが王道中の王道。

他にも良いところはたくさんありますが、ニュージーランドのメディアScoopによると、先日ニュージーランド政府観光局が、「今後ダニーデンが来る」という発表しました。

そこで今回はダニーデンの観光地をいくつか紹介します。

ダニーデンは「行きたいけどなかなか行けない」場所

ダニーデンが海外からの観光客の数を増やしていると政府観光局が発表しました。

でも、皆さんダニーデンと聞いてどんな観光地を思い浮かべますか?

日本から訪れる多くの人が「ニュージーランド旅行」といえば、オークランドから入国して、オークランド周辺やロトルアを旅するか、南島に飛ぶ場合はクイーンズタウン▶テカポ▶クライストチャーチというルートで旅をするため、なかなかダニーデンに足が伸びることはありません。

スポンサーリンク

そのためダニーデンはガイドブックで目にすることはあっても、わざわざ足を伸ばすには、日程的にちょっと足りません。

でも、実は見どころがけっこういっぱいあるんです。

ダニーデンの見どころ

Baldwin Street ボルドウィンストリート

Baldwin Street

「ダニーデンの観光地」というと「世界一急な坂」を思い浮かべる人が多いかもしれません。この坂だけのためにダニーデンを訪れる人はいないかもしれませんが、ダニーデンを訪れたら一見の価値アリです。

Toitu Otago Settlers Museum トイトゥ オタゴ移民博物館

_MG_0809_Straightened

「Toitu Otago Settlers Museum」は、ダニーデンの移民の歴史を紹介する博物館です。当時活躍した車や電車、また当時の文化や生活様式を見ることができます。

建物が斬新なので外観の写真を撮ったり、当時のレトロだけどちょっとポップな文化に触れるだけでも十分楽しいと思います。

住所:31 Queens Garden, Dunedin
ウェブサイト:http://www.toituosm.com/

本日でセール終了!

ニュージーランド航空が10月19日から11月19日までのあいだセールを開催しています。
対象機関は11月から4月で、今回のセールの最安値は8.9万円です。

さらに今回はエコノミーのチケットを買った方のなかから抽選で30名がプレミアム・エコノミーにアップグレードします!これはスゴイ。

詳しい情報は「セールの詳細ページ」をご覧いただくか、「予約ページ」へ直接アクセスして、日にちや人数を入れて値段をチェックしてみてください!

Dunedin Railway Station ダニーデン駅

Dunedin railway station

Dunedin Railways Stationは文字通り「駅」です。
1906年開業のこの駅は、当時クライストチャーチからインバーカーギルまでをつなぐ鉄道の中間地点として、1日に100便以上の電車が行き来していました。

現在はタイエリ渓谷を走るTaieri Gorge Railway(タイエリ渓谷鉄道)など観光列車のみが発着していますが、電車に乗らなくても駅のホームに入ることができます。

Speight’s Brewery スペイツビール工場

Copper Kettle

ニュージーランドのなかでもっとも飲まれているビールの1つSpeight’sのビール工場がダニーデンにあります。

工場の見学ツアーが毎日数回(冬は1日3回、夏は6回)行われています。料金は大人29ドル、子ども13ドル。

ツアー内ではビールの製造工程や歴史を見たり、ツアーの最後に自分でできたてのビールを注いで飲むことができます。ビール好きなら訪れておいて損はありませんね。

住所:200 Rattray St, Dunedin
ウェブ:https://speights.co.nz/brewery-tour/

スポンサーリンク

Larnach Castle & Gardens ラーナック城と庭園

Larnach Castle- Otago Peninsula, Dunedin

ラーナック城はニュージーランドに唯一現存するお城です。1871年に建てられました。
このあと紹介する「オタゴ半島」にあり、街の中心から車で20分ほどのところにあります。

ちなみにニュージーランドには「城」がもう1つありました。
その城は「カーギル城 Cargill’s Castle」と呼ばれていましたが、今は廃墟と化しています。一般の人はアクセスすることができません。

ラーナック城は有料ではありますが、内部を見て廻ることができます。(大人31ドル。子ども10ドル)。お城の中のアンティークコレクションや装飾が見ものなのはもちろん、城からの眺めも見逃せません。また、お城を含めた広大な庭園は四季折々の植物を楽しむことができます。

さらに城内にはカフェ、お城の中ではありませんが同じ敷地内には宿泊施設もあります。

住所:145 Camp Road, Dunedin
ウェブサイト:https://www.larnachcastle.co.nz/

Otago Peninsula オタゴ半島

Fd Otago Peninsula

Otago Peninsula(オタゴ半島)には、アルバトロス(アホウドリ)の群生地や、オットセイ、アシカ、さらにペンギンなどの生息地があり、ニュージーランドの野生動物を間近で垣間見ることが出来ます。

スポンサーリンク

トレッキングコースは比較的緩やかなものが多く、道中の景観も良いのでドライブにも最適です。

その他、ダニーデン発で見どころをしっかり抑えたツアーも多数出ているのでそういったツアーを利用するのもいいかもしれません。

他にも見どころは満載!

今回紹介した以外にも、街なかは他の街とも少し異なるクラシックな雰囲気があったり、海沿いの街なのでビーチを楽しんだり、旅の目的地としてはけっこう魅力満載です。

またダニーデンからクイーンズタウンやクライストチャーチ、インバーカーギルへ向かう道はどれも景観がよく、天気が良い日なら何度も足を止めて写真を撮りたくなる景色を目にするはずです。

なかなか日本からの旅で「ダニーデンが一番の目的地」にはなりにくいかもしれませんが、ちょっと足を伸ばしてダニーデンに行ってみるのも良いかもしれませんね。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS