ニュージーランド旅行は現金不要。クレジットカードを活用しよう

スポンサーリンク

ニュージーランドに限らず、海外旅行をする時いくら両替をしたら良いんだろう?と迷いますよね。

また、それと同時にどこで両替するのがレートが良いんだろう?とかアレコレ考え始めてしまうと思います。

もしこれからニュージーランドを旅行しようと思っている方がいたら、簡単です。現金はほとんどいりません。敢えて言うなら「1万円」くらい両替して、あとは全部クレジットカードで支払ってしまいましょう。

日本人から見たらビックリするほどカード社会

ニュージーランドは日本人から見たら本当にビックリするほどカード社会です。

現金を5ドル(400円)持っていない人がけっこういるほどです。

スポンサーリンク

以前働いていた山奥の職場のカフェは、その立地の関係で一時的にクレジットカードが使えなくなったことが時々ありました。そんなとき、お客さんはたった4ドルのコーヒーも現金で買えない人がけっこういました。

そのくらい現金を持っていないんです。

ちなみにニュージーランドでは日本と同じVISAやMaster Cardといったクレジットカードと、銀行の口座に直結したEFTPOSというカード、日本でいうJ-Debitのようなカードがあります。

ニュージーランドに住む人たちはそのどちらかで支払をしているということです。

実際僕も出かけるとき、現金は1ドルも持っていません。日常生活で使うことがないからです。現金は週に1回、野菜のマーケットに行くときだけ使います。

クレジットカードかデビットカードを持っていこう

ニュージーランドへ行くときは、現金1万円くらいをオークランド空港で両替して、あとはクレジットカードかデビットカード(デビットカード?という方のために後で説明しますね)で支払うのがベストです。

空港を出てShuttle Busのチケットを買うときも、街について食事をするときも、すべてクレジットカードで大丈夫です。

たった1杯のコーヒーでもクレジットカード払いで誰も嫌な顔をしません。マーケットの屋台でもクレジットカード払いができるとろこが多いです。

ただし一部の店で「クレジットカード払いは20ドル以上」「EFTPOSか現金のみ」、また駐車場の支払いが原因のみというところがありますので、そんなときのために少しだけ現金が必要です。

VISAかMasterCardを持っていくのが確実

クレジットカードといえば、VISA、Master Card、JCB、Amex、Dinnersなどがありますね。

ニュージーランドで場所を選ばず使えるのは、VISA、MasterCardの2種類です。Amexも使えるところは多いんですけど、時々使えないところがあります。JCBやDinnersも同様です。

どうしてもAmexやJCB、Dinnersを使いたい場合は、予備でVISAやMasterCardを用意しておいて、まずはAmexやJCB、Dinnersを使ってみてダメなら予備のカードを使いましょう。

クレジットカードやデビットカードは現金よりも安全

クレジットカードやデビットカードの良いところは、盗まれても暗証番号をセットしたり、真似されにくいサインにしていれば現金よりも安全です。

盗まれたらすぐにカード会社に電話すれば、カードはロックされるし、最悪使われてしまっても補償があります。

現金は盗まれれば、それでおしまいです。

けっこう使えるデビットカード

クレジットカード以外に海外旅行でけっこう便利なのが、デビットカードです。

スポンサーリンク

銀行のキャッシュカードで支払う「J-Debit」は海外では使えませんが、VISAやMasterCardのデビットカードは海外で使うことができます。

VISAやMasterCardのデビットカードがどんなものか、簡単に説明すると、クレジットカードは買ったものをあとで支払うカード。デビットカードはプリペイドで式です。例えば20万円をデビットカードにチャージするとそのチャージした分だけVISAやMasterCardと同じ感覚で使えるというものです。

デビットカードは即時決済で、その場で引き落とされるのと、使える金額は口座の残高の範囲内なので、自分がどこで何を使ったのか把握しやすく、予算を決めて計画的にお金を使うことができます。

万が一現金が必要なときはキャッシングで対応

とはいえ、どうしても現金が必要になるかもしれません。

そんなときは「キャッシング」をしましょう。ニュージーランドは人口100人の村にはさすがにないかもしれませんが、ほとんどの街にATMがあります。そのATMを使えばクレジットカードでキャッシングができます。

VISAの場合「PLUS」、Master Cardの場合「Cirrus」のマークがあれば、キャッシングは可能です。

キャッシングは返すまでの期間が長くなればなるほど利息が付くので、帰国したらすぐにカード会社に連絡をして「繰り上げ返済」をしましょう。

ちなみにレートを気にする人もいますが、少額であればレートが違うことで得する、または損する金額は微々たるものです。

スポンサーリンク

10,000円をキャッシングするとして、レートが1円違うと1.5ドル(120円)、2円違っても3ドル(240円)程度しか変わりません(下記参照)。それであれば、レートが良いところを探し回って、短い旅の時間を無駄にするより利便性をとったほうがいいように思えます。「時は金なり」です。

ただしこれが移住するため、留学するための資金で100万円、300万円の両替だったら話は別です。1円違っても大きな差が出ます。


追記:2018年2月8日
キャッシングをする場合、換金レート以外に手数料が取られる場合もあります。キャッシンをする前に必ずカード会社に問い合わせるなどして、換金レートと手数料を調べておきましょう。

手数料が高い場合は、キャッシングはあまりオススメできません。


10,000円を両替した場合、何ドルになるのか計算してみました。

  • 79円 … 126.6ドル
  • 80円 … 125ドル
  • 81円 … 123.5ドル
  • 82円 … 122.0ドル
  • 83円 … 120.5ドル

現金が余ったら、最後のお土産資金に

日本円をドルにして、それをさらに円に戻すと二重で手数料が取られたり、為替のロスが発生して、損をする金額が大きくなってしまいます。

なので、両替したお金が余ったら最終日、もしくはその前の日くらいになったら、余ったお金はお土産資金に回しましょう。空港で買ってもいいし、オークランドの街なかにあるスーパーマーケットのNew WorldやCountdownでお菓子とか買うとお金を使い切れると思いますよ。

次回はニュージーランドでクレジットカードを使う方法

今回は「ニュージーランドはクレジットカードで支払うのが便利で良いですよ」という話でした。

スポンサーリンク

実はまだ書きたいことがあったんですけど、話が長くなってきたので今日はこの辺でおしまいにします。次回はニュージーランドでクレジットカードを使う方法を紹介します。

お楽しみにっ!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS