映画を観なくても雰囲気を楽しめる映画館 The Embassy

スポンサーリンク

今回はウェリントンの映画館を1つ紹介します。

映画館といっても、映画を観なくても大丈夫です。中を見てまわるだけでもすごく雰囲気があるので、ウェリントン観光の1つとしてちょっと中を覗いてみてください。

その映画館はThe Embassyです。

趣(おもむき)のある映画館The Embassy


© Embassy Theatre » WellingtonNZ.com

The Embassy(Embassy Theatre)はウェリントンの街の中心、Courtenay Placeというバーや飲食店が立ち並ぶ目抜き通りの突き当りにあります。

もともとの建物は今から約90年前の1926年に建てられました。
そのため日本のシネマコンプレックス(シネコン)を見慣れていると、The Embabbyの建物の外観を見て「こんな映画館でちゃんとした音響とかあるのかな?」と不安になるかもしれません。

スポンサーリンク

ところがこの映画館の建物の中は数度の改装、特に2003年に行われた全面改装で映画館としてはかなり新しい設備を取り入れています。

2003年の改装後すぐにロード・オブ・ザ・リングの3作目「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」のワールドプレミアが上映され、この映画館は世界中に知られるようになりました。その後、ロード・オブ・ザ・リングの監督を務めたピーター・ジャクソンの作品のプレミア試写会の会場としてよく使われています

でも、今回紹介したいのは「映画館の設備」ではありません。映画館の内装です。

The Embassy in Wellington

映画館に入ると左右に2階に上る階段と上の写真のような通路があります。
通路を抜けるとバーと2つのスクリーン。映画を待ちながらでも良いし、映画を観なくても軽くいっぱい飲むことができます。

The Embassy in Wellington

そしてちょっと紛らわしいのはチケットは2階で販売されています。2階に上がると趣のある大きな窓が。

The Embassy in Wellington

本日でセール終了!

ニュージーランド航空が10月19日から11月19日までのあいだセールを開催しています。
対象機関は11月から4月で、今回のセールの最安値は8.9万円です。

さらに今回はエコノミーのチケットを買った方のなかから抽選で30名がプレミアム・エコノミーにアップグレードします!これはスゴイ。

詳しい情報は「セールの詳細ページ」をご覧いただくか、「予約ページ」へ直接アクセスして、日にちや人数を入れて値段をチェックしてみてください!

2階にはカフェが併設されています。お客さんは僕を入れて5-6人。ものすごく空いていました。

The Embassy in Wellington

カフェの座席は映画を待つ人のスペースも兼ねているので、何も頼まなくても座って休むことができます。僕はその日暑かったので冷たいジュースを買って、本を読んだり仕事をしながら上映時間を待ちました。

The Embassy in Wellington

日本映画の「メアリと魔法の花」の看板があってビックリ。海外でもやっていたんですね。僕が訪れたときは上映前でした。ちなみにこの時見に行ったのはスターウォーズです。

The Embassy in Wellington

余談なんですけど、ここはトイレも豪華です。これは男子トイレの入り口。なかもおしゃれな全面タイル張りで、まるで高級なホテルにあるトイレのようですね。

ウェリントン観光の一部としてチラッと覗いてみてください

今回、写真を撮り忘れてしまったんですけど、1階にあるバーも2階にあるチケットを販売するカウンターもすごくおしゃれです。

スポンサーリンク

映画を見ない人でも、カフェに行くことはできますので、ウェリントン散策に疲れたらフラッと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。けっこう静かなのでコーヒーと本を片手に、ゆっくりとした時間をすごしたり、友だちと旅行のプランを練ったりしてもいいですね。

ただコーヒーは飲んでいないので、美味しいかどうかはわかりません(笑

ちなみにこの映画館のすぐ近くに以前紹介した絶品のフィッシュアンドチップス屋もあるので、合わせてチェックしてみてください。

 

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS