例年より暑い日が続くニュージーランド。全国でアレがまさかの品不足に

スポンサーリンク

ニュージーランドの夏といえば、気温も湿度も日本と比べると低いため、日本の夏と比べるとずいぶん過ごしやすいです。

ところが今年の夏は例年よりも暑い日が多く、さらにその暑い日が続くため全国的に「アレ」が品不足となっています。

先日我が家もそれを求めてウェリントン市内の店を何件も回ってしまったほどです。 いったい何が品不足になっているのでしょうか。

日本とニュージーランドはだいたい緯度が同じ

Oriental Parade

ニュージーランドは都市にもよりますが、日本とだいたい同じ緯度か、それより少し南極に近いためところにあります。

そのため気候帯が違うので一概には比べにくいものの夏は日本ほど暑くなることはありません。

スポンサーリンク

ちなみに以下が日本とニュージーランド各地の緯度です。緯度が高いほど北極や南極に近くなります。

  • 札幌 … 北緯43.06度
  • 仙台 … 北緯38.26度
  • 東京 … 北緯35.67度
  • 大阪 … 北緯34.69度
  • 福岡 … 北緯33.59度
  • 鹿児島 … 北緯31.59度

一方、ニュージーランドは?というと。

  • Kaitaia … 南緯35.11度
  • Auckland … 南緯 36.84度
  • Wellington … 南緯41.28度
  • Christchurch … 南緯43.53度
  • Queenstown … 南緯45.03度

こう見ると、東京とオークランドは近い緯度にありますね。東京よりもオークランドの緯度に近い都市は栃木県宇都宮市(36.55度)や長野県長野市(36.64度)でした。

また札幌とクライストチャーチがだいたい同じくらいです。

今年のニュージーランドの夏は暑い

天気予報を見ていても、ふだん最高気温が30度を超えることはあまりありません。
もちろん街なかにいてコンクリートの照り返しとかを考えると、実質30度を超えることもありますけど。

それに湿度が低め、風も冷たいことが多いので日陰や室内に入れば、そこまで暑くなることはありません。日陰なら長袖を着たくなることも多いです。

そのため多くの家はクーラーはもちろん扇風機すらありません。なぜなら窓を開ければ、冷たい空気が抜けて家は十分涼しくなるからです。

ところが今年は暑い日が本当に多いです。ウェリントンは暑い上に干ばつ宣言が出るほど毎日晴れています。毎日洗濯物がすぐ乾くし、晴れのほうが気持ちは良いんですけどね。

スポンサーリンク

ちなみに、ニュージーランドの気象庁にあたるMetService曰く、今日(1月24日)の最高気温が30度を超える都市が多く、Mastertonは33度に達すると発表しました。

そしてこの夏、街の電気屋さんから扇風機が消えました。

暑い日が続いて街の電気屋から扇風機が消える

Electric fan

New Zealand Heraldによると、今年の夏は例年よりも暑く、The Warehouse、Farmers、Kmart、Mitre 10など電化製品を扱う主な店が軒並み扇風機の在庫を切らす、もしくはダイソンの扇風機のような高額のものしか在庫がなくなってしまったそうです。

店によっては「オンラインで注文をしたのに、入荷の見込みが立たない」という理由で返金されてしまうケースもあるほど。

The Warehouseの仕入れ担当Jenny Epkeは

できるだけ需要に応えられるよう努めている。今年は例年より暑くなるのが早く、家庭用のプールや海で遊ぶ玩具などが11月の初旬(春の終わり)から飛ぶように売れていきました。その後、クリスマス、年越しと売れ続けました。特にウェリントン地区は他の地域と比べて、扇風機の需要が大きいです。

と新聞社のインタビューに答えていました。

我が家も「扇風機探しの旅」に

実際、我が家はちょうど20日ほど、1月上旬にウェリントン市内の電気屋を4-5軒周って扇風機を探しました。

スポンサーリンク

最初に訪れた店は家の近くにある小さな店でした。
その店は種類が少なく、欲しかった扇風機がなかったので、「別の店に行こう」ということになりました。

そして次の店に行くと置いてあるのは業務用の巨大な扇風機だけ。店員に「他の扇風機はないの?」と聞くと他は全部売り切れたとのことでした。

次の店に行くと扇風機コーナーすらなくなっていました。ここでは「扇風機は売っていないの?」と店員に聞くと、全部売り切れたと言われました。「次の入荷は?」と聞いても「まったくわからない」と。

さらに次の店に行くと、高価なダイソンの扇風機か卓上で使う全く涼しくならない小さな扇風機しかありませんでした。

結局、最初に訪れた店で戻って、扇風機を買いました。
なぜ最初に訪れた店にはあったのか?きっと街なかの大きな店ほどお客さんが集中して在庫がなくなり、郊外の近所に住む人しか来ない店はまだ売れ残っていたようです。

これも異常気象?

日本では大雪が降ったりものすごい寒波が来たり、ニュージーランドでは雨が降らなさすぎたり、暑かったり本当に昔と比べて気象が激しくなっている印象があります。

そういえばロシア極東のサハ共和国のマイナス60度もすごいですよね。
カナダにいた時、マイナス40度は体験しましたけど、あれより更に20度寒いのは考えられません。

やっぱり異常気象なのでしょうか。

スポンサーリンク

ニュージーランドも扇風機で対処できる暑さならまだしも、日本のように熱く、また湿度が高くならないことを祈ります。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS