【旅の写真満載】撮った写真で振り返る旅行の細々としたアレコレ

スポンサーリンク

早いものでニュージーランド国内旅行が終わって2週間が経とうとしています。そして気が付けば今年もあと2週間ありません。

今回は旅のあいだに「一つの記事にするにはボリュームがないけど、書きたいこと」がいろいろあったり、細々といろいろ写真を撮ったので、それらをまとめて紹介したいと思います。

旅のあいだに思ったいろいろなこと

Sky Towerからの眺め

今回、5-6年ぶりにスカイタワーの上へ行ってきました。
上に登って改めて「オークランドはニュージーランド最大の都市」とはいえ、自然が多いなと感じました。言ってもオークランドの人口は140万人弱ですからね。

ポフツカワが満開

以前から折に触れて「ニュージーランドを旅行するなら11月から12月上旬が良いですよ」と記事で書いてきました。今回の旅はまさに12月上旬。気候もいいし、花もたくさん咲いているし(逆に花粉に苦しめられましたけど)、旅行をするには最高のタイミングでした。

スポンサーリンク

ちなみにオークランドではニュージーランド・クリスマスツリーこと、ポフツカワが見頃でした。少し気温が低いウェリントンは今(12月中旬)が見頃です。

Santa on Queen Street

それと以前、「今年でなくなる?」と言われていたオークランドの巨大なサンタクロースは今年も健在でした。
2014年の時点で「あと3年の延長が決定」と報じられていたので、来年は見れないかもしれません。

もうすぐクライストチャーチ

オークランドからクライストチャーチに向かうときの1枚。
スカイタワーからの眺めと比較しても、空から見たニュージーランドは何もありません。でも、この写真で見る土地は「何もない」のではなくて、酪農とか農業で使うために木が伐採れて開拓された土地だったりするんですよね。

クライストチャーチからテカポ、そしてクイーンズタウンへ向かう道中で撮ったタイムラプス動画です。やっぱりこういう自然が多い道を運転するって気持ちがいいですね!

ちなみに僕は今まで旅をするときは常にドライバーでした。なので、こうやって助手席から景色を眺めたり、写真を撮るのは初めての経験でした。

スポンサーリンク

テカポの食事

テカポといえば「湖畔のサーモン丼」が有名ですね。でも、以前、テカポを訪れた時にお勧めしてもらった「Reflections」というレストランはけっこう美味しかったです。今回はPork Belly、前回はLambを食べてどちらもすごく美味しかったです。

眺めの良いレストラン in Tekapo

店からの眺めも最高です。こんな景色を見ながら食べるご飯最高ですね。ちなみに外で食事をしている女性とその向かい側に座っている女性は日本人でした。

サーモン丼のことやテカポ、プカキエリアのことは別で記事を書いていますので、まだ読んでいない方はお時間がある時にぜひご覧ください。

ワナカで見かけた看板

ところでこの看板。ワナカでお昼を食べたお店にあったものです。
「シャツを着ていない男性、靴を履いていない男性には(食事や飲み物を)提供しない。シャツを着ていない女性はドリンク無料」と書かれていて、プッと笑ってしまいました。

Skylineからの眺め in Queenstown

スポンサーリンク

この眺めはクイーンズタウンですね。
クイーンズタウンは前にも触れましたけど、とにかく観光客が多かったです。そのせいかわかりませんけど、街なかでタバコを吸う人が多いのと、ファーグバーガーが行列で入れなかったのが残念でした。

もうちょっと落ち着いたクイーンズタウンを楽しむなら、もう少し早い時期か遅い時期が良いのかもしれません。

南十字星のご飯 in Queenstown

クイーンズタウンではまさかの日本食を食べました。「南十字星」という店です。
家族はみんな海鮮丼とかを食べていたんですけど、僕はエビフライを頼んでみました。出てきたエビが大きくてビックリ。すごいボリュームでした。でも、ご飯も美味しかったし、ちょっと日本の洋食屋にいった気分を味わえて、それなりにハッピーでした。

旅は疲れるけど、やっぱり楽しい

旅を1週間して、朝は宿で簡単なご飯を食べるにしても昼と夜は外食、しかも毎日あちこちウロウロ、目をつぶればどこでも3秒で寝れる体質なんですけど、それでも慣れない布団で寝たりすると、やっぱり疲れますね。

最後の方は「そろそろ家でゆっくりしたい」と思いながら、旅行から帰ってきて2週間が弱が経って「また旅行に行きたいな」と思い始めました。

特に夏のニュージーランド旅行は晴れの日が多く、日本ほど暑い日もないので、旅行しやすいです。やっぱり11月から2月のあいだに、できるだけ多くの人にニュージーランドを訪れてほしいなと痛感しました。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS