生活・ライフスタイル

ニュージーランドの銀行口座とキャッシュカード・クレジットカードの仕組みが便利

今日はニュージーランドの銀行口座と、そのキャッシュカード、クレジットカードの仕組みがすごく便利なので紹介したいと思います。

ちなみに僕はワークビザでニュージーランドに渡航した2008年からずっとBNZ(Bank of New Zealand)という銀行を使っています。今回紹介することは他の銀行でも同じこと、または似たようなことができるはずです。でも正確なところまではわかりません。予めご了承ください。

もし他の銀行を使っている方で「同じことが◯◯銀行でもできますよ!」とか「うちの銀行はもっとスゴイ」といった情報があれば、日刊ニュージーランドライフのFacebookページにコメントか、メッセージを頂けたらうれしいです。

口座を複数持てて、共同口座も作れる

bnz

まずすごく便利だなと思ったのは「共同口座」を作れる点です。これは月に数ドルかかるんですけど、本当に便利です。

共同口座の便利なところは、たとえば「夫婦の口座」「夫の口座」「妻の口座」と分けて口座を持ちつつ一括で管理できることです。この「一括管理」も便利です。

スポンサーリンク

しかも口座はいくつも(上限はありますけど)作れます。
なので、我が家では個人の口座、共同口座、それと仕事の口座を分けています。そのうち娘の口座も作ってあげる予定です。

そして口座を開設したり、閉じたりするのはオンラインやスマホのアプリで行えます。

キャッシュカード・クレジットカードが便利

ニュージーランドではEFTPOSといって、銀行のキャッシュカードやクレジットカードを使って支払うのがもっとも一般的です。現金で支払うことはあまりありません。

でも、いくつも口座を持って、その数のキャッシュカード持っていたら大変ですよね。でも、その点もよく考えられています。

例えば以下のような5つの口座と銀行発行のクレジットカードを持っていたとします。

銀行のキャッシュカードの場合、口座を2つまで登録できます。クレジットカードの場合、クレジットカードと銀行の口座を2つ登録できます。

そして会計の時にカードをスワイプすると、口座2つとクレジットカードのどれで支払うか選ぶ画面が出てくるので、口座を選んで暗証番号を押すと決済されます。

例えば上の口座とクレジットカードの場合、こんな組み合わせができます。

直行便?経由便?どっちが良い?

ニュージーランドに行くとき、直行便のニュージーランド航空と、経由便のカンタス航空・ジェットスター・大韓航空・シンガポール航空どれが良いか迷いますよね

僕は過去10年ほぼ毎回ニュージーランド航空を使って日本とニュージーランドを行き来しています。その理由とは。

ニュージーランド航空を強くオススメする一番の理由

カード1は夫用として、夫の口座、家族口座、それとクレジットカードを設定します。カード2は妻用。子供は子供だけの口座に紐付けします。

このどのボタンにどの口座を割り振るのか?もオンラインで簡単に設定できます。

オンライン&アプリのバンキングの機能が充実

ニュージーランドの銀行はどこもオンラインやアプリのバンキングでできることが多いです。

例えばこんなことができます。

  • 口座間の資金の移動
  • 1回だけの振り込み
  • 繰り返しの定期的な振り込み設定
  • 上で説明したカードの口座設定
  • 口座開設(普通口座や定期預金)
  • 納税(IRDへの支払い)
  • 携帯電話の支払い(プリペイド)
  • 各種ローンの申し込み
  • クレジットカードの申込み
  • クレジットカード上限変更の申し込み
  • Apple PayやAndroid Payの申し込み
  • 各種保険の申し込み(車両保険・生命保険・旅行保険など)

これ以外にもさまざななことがオンラインで行えます。基本的に店舗に行かなくてもすべてアプリかウェブサイトで手続きができるように作られています。

どうしてここまでアプリやウェブサイトでさまざまなことができるようになっているのか?というと、ニュージーランドは人口が少なく人口が少ない村すべてに窓口を持っていたら採算が取れません。

傾向としては銀行の支店はどんどん閉じています。
その代わりほとんどの業務をオンラインで行えるようにして、小さな街では図書館や公民館の一角に銀行の小さなブースがあります。そこではテレビ電話で銀行員と話をしながら、設置されたiPadなどのタブレットを使って自分で手続きを行います。

また酪農を営む人たちなど街から離れたところに住んでいる人も多いので、オンラインで手続きが行えるのは便利だったりします。

スポンサーリンク

最近の日本の銀行事情はよくわかりません

ちなみに僕は日本を離れて10年以上。しかも、最後に窓口に行って銀行の口座を開いたりしたのは20年くらい前です。なので、最近の日本の銀行事情はよくわかりません。

日本も実は同じようなことが当たり前にできるようになってたり、もっと便利だったりするのでしょうか。

何はさておきニュージーランドは不便なことがいろいろ多いんですけど、銀行のシステムは意外と便利でいいですよというお話しでした。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

ABOUT ME
masa osada
masa osada
日刊ニュージーランドライフと日刊英語ライフを主宰しています。 → 詳しいプロフィールはこちら、個人のFacebookには日々の生活を載せています。フォロー大歓迎です。