住民ビックリ!街の名前が150年以上も正式な名前でなかったことが発覚 in Featherston

スポンサーリンク

今日は「さすがニュージーランド」というなんともゆるい、なんとも間の抜けた(悪口ではないですよ)ニュースを紹介します。

ウェリントンから車で1時間ほどのところにあるFeatherston(フェザーストン)という街で、住人たちも驚いた「まさか」の出来事がありました。

なんと自分たちがずっと使っていた街の名前が正式な街の名前でなかったことが発覚しました。

いったいどういうことなのでしょうか。

150年以上の正式な街の名前を使っていなかったFeatherston

Featherston(以下、フェザーストン)はWairarapa(ワイララパ)地方の入り口の街として知られる人口約2,500人の小さな村です。

場所はここです。

スポンサーリンク

先日、フェザーストンの住民グループがひょんなことから、自分たちが住む街フェザーストンの名前が正式に国に登録されているものと異なっていることに気が付きました。

町の住民はもちろんフェザーストンを含む南ワイララパ地方の市長Viv Napierもそのことはまったく知らなかったそうです。

フェザーストンはかつて最初にこの地に移り住んできたHenry Burlingの名前を取っ「Burlings バーリングス」と呼ばれていました。そして今から約150年前、1856年に当時の政治家Issac Featherstonの名前を取ってFeatherstonという名前に変えたはずでした。

ところが当時、名前を変えるための手続きが一切踏まれておらず、なんとなくフワッと名前を変えてそのまま気が付けば150年以上もの月日が経っていたというわけです。

つまり、今でも国の地名に関する権限を持つ機関New Zealand Geographic Board(ニュージーランド地理委員会)の登録はフェザーストンではなく、バーリングスとなっています。

現在、この事実を発見したグループはフェザーストンの自治会にコンタクトをとり、ニュージーランド地理委員会とやり取りしたのち、フェザーストンを正式な名称にするよう動いているそうです。

ニュージーランド地理委員会は、来週にもフェザーストンを正式な名称にするための議案が提出されるとのこと。

スポンサーリンク

市長のViv Napierは「ほとんどの人が今の名前のままにしたいと希望するはず。他の名前にしたいという声が上がるとは思えない」と述べています。

フェザーストンという名前が正式に採用されるには3ヶ月の期間が設けられ、そのあいだに一般の人たちは異議があれば申し立てることができます。

実はとんでもないものに名前を付け忘れていたニュージーランド

Lake Rotorua

ニュージーランドは大きく分けて3つの島からなっています。
1つはオークランドやウェリントンがあるNorth island(北島)、そしてもう1つはクライストチャーチやクイーンズタウンがあるSouth island(南島)、そして3つ目は南島の端にあるStewart island(スチュワート島)です。

実は数年前までこの「北島」と「南島」も名前が付けられていなかったんです。
誰もが「北島」「南島」と呼んでいたのに、それはただの通称で正式名所がありませんでした。

そんなことが発覚した後、国民の声を聞きつつ島の名前は英語とマオリ語の2つずつ付けられました。

  • 北島 … North islandもしくはTe Ika-a-Maui
  • 南島 … South islandもしくはTe Waipounamu

探せばきっと他の村も正式名称が違っている可能性大

今回のことを考えると、ニュージーランドはかなりうっかりしているので、街の名前を変えても国の登録が変わっていないと言った自体はけっこうありまそう。

ということで、なんともニュージーランドらしいちょっとゆるいお話でした。

スポンサーリンク

情報元:New Zealand Herald

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS