ニュージーランド各地でスマホの「緊急速報」が鳴り響く

スポンサーリンク

日本ではスマホの緊急速報といえば、最初は慣れずに驚いた人も多いと思いますが、今では当たり前の存在なのかもしれません。ところがニュージーランドでは未だに同じシステムはありません。

ところが昨晩、夜中の1時半過ぎにニュージーランド全土でスマホの緊急速報が鳴り響きました。

「夜中」であることや今まで見たことがない「緊急速報 Emergency Alerts」という見出しのメッセージだったことから、ニュージーランドの多くの人たちを驚かせました。

夜中に鳴り響く緊急速報。ところが誤報だった

昨晩、我が家のiPhoneも夜中の1時32分に2回、そしてその約15分後の1時49分に「緊急速報」がなりました。正確には鳴ったらしいです。でもまったく気が付きませんでした。。

夜中に来ていた緊急速報はこちらです。

朝になってテレビや新聞をチェックしたところ、案の定取り上げられていました。

ニュースサイトやテレビを色々見てわかったのは、今回の緊急速報はニュージーランドに住む数千人のスマホで一斉に鳴ったようです。しかも、たちが悪いことに夜中の1時32分から2時くらいまで、数回に渡って鳴りました。

ニュースサイトによると、今回の誤報は年内に導入を予定している緊急速報システムを、テスト環境内でのみ通知するはずが、なぜかVodafone(携帯のキャリア)の一部のユーザー、といっても数千人に通知されてしまったとのことです。

スポンサーリンク

Civil Defenceはこの件について謝罪し、今後このようなことが起こらないよう努めると述べています。以下が原文です。

Hi, everyone. Apologies to those of you who have received tests for Emergency Mobile Alerts at an inconvenient hour. We have looked into it, and will make sure all testing happens in daylight hours from now on

ザックリと意訳すると

このような時間に緊急速報のテスト通知を受け取ってしまった方々にお詫び申し上げます。今回の件は調査し、緊急速報のテストは昼間送信されるよう徹底します。

という内容のTwitterが投稿されました。

一般の人たちが怒っているのは、ニュージーランドではまだ緊急速報の通知が導入されておらず、そのようなものがスマホの機能にあることすら知らない人が多く、しかも時間が時間だけに問題となったようです。

G0022328_20151122 "Wellington Waterfront"

でも、なぜこんな変な時間に緊急速報が送られたのでしょうか。
理由は簡単でした。今回のシステムを作っている場所がヨーロッパ(国名は明かされず)で、向こうの時間ではお昼時だったようです。つまり普通に昼間仕事をしていて間違えてしまったんですね。

わざとではないとはいえ夜中に鳴るのは勘弁してほしいものです。心臓によくありません。といっても僕は寝ていて気が付かなかったんですけど。

今回の件でわかったことは、僕は緊急速報では起きないということ。それとそういうシステムがニュージーランドでもやっと導入されるということです。

情報元:
New Zealand HeraldFacebook

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS