これ大丈夫なの?ニュージーランドのスーパーのCMが露骨すぎる

スポンサーリンク

今回は以前から記事で紹介しようと思いつつ、ずっと忘れていたことを皆さんに紹介したいと思います。

その紹介したいことというのは「ニュージーランドのスーパーのCMが露骨すぎる」です。
きっとニュージーランド在住の人は「あ、あのことだな」とすぐにわかると思います。そうです。あの黄色いスーパーマーケットのCMのお話しです。

この露骨さ、なかなか日本ではできないです。

CMを観る前の予備知識:NZのスーパー事情

Palm Beach Plaza Shopping Centre

CMを観てもらう前に、そのCMがいかに露骨なのかをわかってもらうための予備知識を書いておこうと思います。

ニュージーランドには全国展開のスーパーマーケットが幾つかあります。ついでに書くスーパーマーケットの店舗数も調べてみました。

スポンサーリンク

  • PAKnSAVE (56店舗)
  • New World (138店舗)
  • Countdown (184店舗)
  • Four Square (280店舗)
  • SuperValue (40店舗)
  • FreshChoice (28店舗)

以前はWoolworthsというスーパーマーケットもありましたが、2009年になくなり1店舗を除いてすべての店舗がCountdownになりました。

ご覧のようにニュージーランドには全国展開のスーパーマーケットが6つあるわけなんですけど、親会社を見るとあることに気が付きます。

1つめの親会社はFoodstuffsです。Foodsfuffsの傘下にあるスーパーマーケットは下記の3つです。

  • PAKnSAVE (56店舗)
    安売りの大型店舗。店舗数は少なめ
  • New World (138店舗)
    庶民的なスーパー。少しだけ高級路線。大型店も小型店もあり
  • Four Square (280店舗)
    小さな街にも細かく展開。店舗は小さめ

そしてもう1つの親会社がProgressive Enterprises。この会社は下記の3社の親会社です。

  • Countdown (184店舗)
    庶民的なスーパー。New Worldより安め。大型店も小型店もあり
  • SuperValue (40店舗)
  • FreshChoice (28店舗)

SuperValueとFreshChoiceはウェリントンにはなく、あまり馴染みが正直ないためどんな立ち位置なのかわかりません。。。

つまり実は2つの企業がニュージーランドのシェアを取り合っているということなんですね。

ニュージーランドの露骨すぎるCM

さて、そんなことを踏まえて、ちょっと露骨なCMを見てみましょう。
音声が英語だけ、字幕はありますけど自動字幕で全然ダメなので、動画のあとに何の話をしているのか補足します。

セール開催中!!

ニュージーランド航空が9月14日から9月25日まで「Spring Sale」を開催してますよ! 今回のセールの最安値は8.9万円。さらにプレミアム・エコノミーも安くなっています!

渡航期間は10月5日から12月13日までです。年内にニュージーランドへ行きたい人は必見です!

詳しい情報は「Springs Saleの詳細ページ」をご覧いただくか、「予約ページ」へ直接アクセスして、日にちや人数を入れて値段をチェックしてみてください!

どうでしょう?わかりましたか?

最初のほうはあまり気にせず、最後だけ見るとこんなことを言っています。

オークランドの北にあるWairau(ワイラウ)という街にあるPAK’nSAVEと、Sunnynookという街にあるCountdownで同じものを買ったところ、PAK’nSAVEのほうが52ドルも安かったよ!

ということなんです。ガッツリ相手のスーパーマーケットより安いことをアピールしています。

これを日本のスーパーマーケットに例えると

赤羽駅西口側にあるマルエツと東口にあるダイエーのどっちが安いか?

と言っているようなものです。

そんな露骨なCM、日本でやったら大変なことになります。日本の場合、競合他社が多いので特定の1社と比較する意味がないからやりませんけどね。
※店のチョイスに他意はありません。なんとなく選んだ街にある2店舗です。あしからず。

ちなみにこのCM。きちんと2つの店舗で同じ商品(もしくは同等の商品)118アイテムを2017年8月7日に買って値段を比較したものです。もちろん調査する側のPAK’nSAVEは明らかに自分たちが安い商品だけを選んだリストにしているので、PAK’nSAVEが高くなるはずがない調査なんですけどね。

詳しいリストを見てみたい方は下記のリンクからどうぞ。

スポンサーリンク

とはいえ住み分けが意外とできてる

こんな露骨なCMをやっていますけど、PAK’nSAVEとCountdownは意外と取り扱っている商品や客層が違ったり、買う側もお店を使い分けていたりするので、PAK’nSAVEが安さだけを推しても、あまり顧客に動きはないのでは?と個人的には思います。

ということで、PAK’nSAVEの露骨なCMでした。

あわせて読みたいPAK’nSAVEにまつわるお話し

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS