可愛すぎる!ニュージーランド航空のキャラクター「キウィのピート」

スポンサーリンク

ニュージーランド航空がすごく可愛いキャラクターを起用して、プロモーション動画を公開しています。

正直、あまり期待せずに(←失礼)動画を見たところ思った以上に可愛かったのと、このキャラクターは向こう3年間使われることが決まっているらしいので、皆さんに紹介しておこうと思って記事にすることにしました。

では、まずはキウィのピートを紹介しつつ、動画をご覧ください。

キウィのキャラクター「ピート」が可愛い

「キウィ」と聞けば誰もが「ニュージーランド」を想像すると思います。
ニュージーランドでは「キウィ柄のTシャツ」が売っていたり、欲しい欲しくないは別としてお土産物屋には「キウィ柄のパンツ」なんかも売っています。

そのキウィをニュージーランド航空はキャラクターとして起用しました。その名も「ピート」です。

いったいどんなキャラクターなのかというと、こちらです。

スポンサーリンク

キモカワ・キウィ

これがキウィのピート

ではありません。もちろん。

この不思議なキウィは以前見つけたなんだかキモカワ(気持ち悪いけどどこか可愛い)な置物です。これを航空会社のキャラクターとして起用することはありません。

本物のキウィのピートはこちらです。

フルーツのキウィではなく、鳥のキウィをキャラクターとして起用しました。

プロモーションは全編英語なんですけど、動画の下にどんな話だったのか日本語訳を入れますので、ご覧ください。

スポンサーリンク

いろいろツッコミどころは満載(クチバシをストロー代わりにしたり)なんですけど、キウィがものすごくリアルに作られているのに可愛いですよね。

では、どんな話だったのかというと

病院へ行くキウィのピートは医者から羽がないから飛べないと宣告されてしまいます。

ため息を付きながら、なんだ飛べないのか。。。とションボリしていると

スポンサーリンク

それを飛行機が飛んでいるのが目に入って「飛行機に乗れば良いんだ」と閃きます。

そして空港へ。といってもここはロサンゼルス。すでに旅を終えてニュージーランドに戻るところです。

旅の思い出をスマホできちんとチェック。

機内では横のカップルに「あの訛りはオーストラリア人ね」と言われて、「違うよ、キウィ(ニュージーランド人だよ」と。

スポンサーリンク

機内食を食べるキウィ。
隣のカップルに「アメリカ人は美味しい食事をいろいろ生み出したけど、ニュージーランドの食事も絶対に好きになるはずだよ」と話しかけます。

照明が落ちてから液晶画面でドリンクを注文して飲んでみたり

プレミアム・エコノミーやビジネス・プレミアの席に行って、他の乗客にからんでみたり。
ちなみにこのおじさんがキウィの声を演じた「Sam Neill」というニュージーランド人の俳優さんです。

ところでこのキウィみたいに違うクラスを歩くと怒られます。

最後にニュージーランドでオススメなのは、ワインテイスティング、フライフィッシング、マオリ文化、羊の写真を撮ったり

スポンサーリンク

あとは、美味しい食事を食べたり、満天の星を眺めたり、いろいろあるよというところで話はおしまいです。

今後の動画が楽しみ

実はすでにキウィのピートを使った30秒程度の短編の動画が幾つかAir New ZealandのYoutubeチャンネルにアップされています。

Air New ZealandのYoutubeチャンネル

今回は機内安全ビデオではありませんが、「むこう3年間はキウィのピートを使う」とアナウンスしているので、そのうち機内安全ビデオにも出てくるのかもしれませんね。

今後、どんな風に出てくるのか楽しみですね。

 

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS