旅の醍醐味でいっぱい!政府観光局制作のネルソン→南島西海岸のロードトリップ

スポンサーリンク

今日はニュージーランド政府観光局が制作した動画を紹介します。

この動画はニュージーランドの壮大な景色を楽しむ動画ではなく、どちらかと言うと「旅の楽しさ」「旅の醍醐味」みたいなものにフォーカスされたものです。

見ていて「そうそう、旅ってこういうのが楽しいんだよね」と改めて気付かされました。

ネルソンから始まるロードトリップ

今回はアレコレ書く前にまずは動画をご覧ください。
音声は英語ですが、日本語字幕が付いているので英語に自身がない方も安心してお楽しみください。

動画のあとに撮影ポイントなどを紹介していきます。

スポンサーリンク

いかがでしたか?
朝ごはんを食べながら、ウェイトレスに教えてもらった場所へ行ってみよう!というところから、冒険がスタート。
そのまま途中で気になるところへ寄り道をしながら、また別のカフェのスタッフから情報を得ながら目的地を目指します。

その地元の人とのコミュニケーションとか、「ちょっとここにも寄ってみよう」という行き当たりばったり、自分の直感で面白そうなところへ行く旅って楽しいですよね。

The Boat Shed Cafe / Nelson

まずスタート地点となった場所はネルソンにある有名なレストラン「The Boat Shed Cafe」です。
海に突き出したところにレストランが立っているのが印象的です。

The Boat Shed Cafe in Nelson

住所:350 Wakefield Quay,Nelson
ウェブサイト

Höglund Art Glass / Nelson

そして次に訪れるのがガラス工房のHöglund Art Glass。
ニュージーランドでガラス工芸をしようと思ったことはなかったんですけど、意外と楽しいかもしれませんね。

スポンサーリンク

ちなみにHöglund Art Glassのウェブサイトによると、今年は動画に登場するようなガラスを作る講座は開かないそうです。残念。

住所:52 Lansdowne Road, Richmond
ウェブサイト

Motueka

三番目に訪れるのが、野菜や果物を買い込んだ店があるモトゥエカ(Motueka)。ネルソンから北西にある街です。

Lake Rotoiti / Nelson Lakes National Reserve

ランチを食べたのはネルソンレイクス国立公園の湖の1つロトイティ湖(Lake Rotoiti)。地元の人たちに人気のスポットです。
以前の職場まで比較的近く(といっても車で2時間)、いろいろな人に「あそこはぜひ行ったほうが良いよ」と進められました。

Lake Rotoiti, Nelson Lakes NZ

Hunter Gatherer / Harihari

スポンサーリンク

美味しいコーヒーを飲みたくて立ち寄ったのがここHunter Gathererです。
実はこのカフェ、目的地を遥かに通り過ぎてモトゥエカから車で5時間もかかるところにあります。まぁ、この動画は実録ではありませんから。ご愛嬌ということで。

住所:110 Main Road, Harihari 7863
Facebookページ

Cape Foulwind Seal Colony

そして目的地の割とすぐ近く、ニュージーランドの西海岸にあるアザラシの生息地です。
時期があうと子どものアザラシがいてすごく可愛いです。ただし気を付けたいのはアザラシに近づきすぎないようにしましょう。思わぬ怪我をする恐れがあります。

住所は説明をしにくいので、上の地図を参考にしてみてください。

Punakaiki

最後Pancake Rocksがある目的地のPunakaikiです。
Pancake Rocksという名前の由来は、岩が積み重ねたPancake(ホットケーキ)のようだからそう呼ばれたそうです。

スポンサーリンク

ここはこのミルフィーユのように積み重なった岩も有名なんですけど、それ以外に海の水が岸壁にぶつかって何メートルも水が吹き上がる「Blow Hole」が有名です。

水が吹き出る姿をみたいときは満潮の時に行くのがオススメ。
いつが満潮なのか知りたい方は「Punakaiki high tide」と検索するといろいろな情報が出てくるのでチェックしてみてください。

今回のルートを地図に落としました

今回のルートをGoogleマップに落とし込んでみました。

なかなか南島の西海岸はメディアで取り上げられることがないので、あまり知らない人も多いのではないでしょうか。

僕が以前、働いていた職場Maruia Springsは比較的、南島の西海岸が近く一時期よく遊びに行っていたので、なんだか懐かしい気持ちでいっぱいになりました。

日本からの旅行だとなかなか行く機会はないかもしれませんが、ゆっくり旅行ができるときはぜひ今回紹介した場所も訪れてみてくださいね。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS