マイナス40度の冬のカナダより寒く感じるニュージーランドの冬

スポンサーリンク

日本と季節が反対のニュージーランドは今月末くらいまでが冬。9月になると暖かい日が増えて春へと移り変わっていきます。

今年のニュージーランド、特にウェリントンはここ数年でもっとも雨の日が多く、あちこちで地盤が緩んで土砂崩れが起きています。感覚的には7月8月は週に1日晴れの日があるかないか?くらい荒れています。

ところで僕は過去に1年ほどカナダに住んでいたことがあります。
カナダの冬はすごく寒く、寒い日はマイナス40度になった日もありました。カナダのその寒さと、ニュージーランドの氷点下まであまり下がらない寒さを比べて、ニュージーランドの方が寒く感じるんです。

いったいどういうことなのでしょうか。

カナダ(オタワ)で体験した寒さ

僕は2006年から2007年までのほぼ1年間、カナダの首都オタワに住んでいました。オタワの冬は一番寒い時でマイナス40度。風が強い日の体感気温はさらに低くなるというとんでもないところでした。

スポンサーリンク

どのくらい寒いかというと、街の中心を流れるリドー運河は凍ってスケートリンクになり、もちろんバナナで釘は打てます。カッチカチに凍ります。

そんな寒さなので、空気を直接吸うと肺を痛めるため、マフラーなどを鼻の上くらいまで覆わなければいけませんでした。他にも外でまばたきをして目をつぶった瞬間に、上下のまつげが涙で凍りついて目を開けられなくなったり、鼻水が凍って鼻の中がゴワゴワになったりしました。

とはいえ、僕が滞在していた当時、温暖化のせいか運河の凍る時期が遅くなってきたと話していました。それとマイナス40度は「寒い時」で、一番寒い1月の平均最低気温がマイナス15度くらいです。

その極寒の寒い冬を越えて、改めて「ニュージーランドの冬のほうが寒く感じる」んです。

ニュージーランドの寒さ

Cuba Street

一方、ニュージーランドで冬を経験したのは、ロトルアと南島のLewis Pass National Reserveという自然保護区の中にあった職場Maruia Springs、そして今住んでいるウェリントンです。

ウェリントンは比較的暖かく氷点下になることはありませんが、前職のホテルがあった場所は寒い時でマイナス5度かそれより冷え込むことがありました。

ウェリントンに限っていえば、寒さは東京や大阪より穏やかです。
一番寒い7月の平均最低気温は5.9度です。その代わり「風の街」と呼ばれるくらい風が強いため、体感気温はもっと寒く感じます。

スポンサーリンク

それでもニュージーランドの方が寒く感じる

気温でいうと明らかに暖かいニュージーランド。
どう考えてもカナダのほうが寒いです。実際、カナダは本当に寒かったです。

でも、「どっちのほうが生活をしていて寒い」と思う?と聞かれたら、ニュージーランドかもしれません。

その理由は「居住環境」だと思います。

というのも、カナダはすごく寒いぶんだけ寒さ対策は完璧です。
ガラスは保温性が高い二重構造。建物全体の気密性も高く冬場に隙間風が入ってくることはありません。家全体の断熱もしっかりしています。そして暖房も本格的です。

飲食店や商業施設も寒さ対策が万全で、中に入りさせすればいうほど寒くはありません。

なので、カナダでは外ではモッコモコの暖かい服を着て、家に入ると半袖という人もいるほどです。

ところがニュージーランドの場合、多くの家の窓は一重構造で窓から冷気が入ってきます。また家全体の気密性も低いです。冗談抜きで隙間風が入ってきたり、床下や壁の断熱材はペラッペラのところが多いです。

そして暖房もイマイチです。今でこそエアコンのある家も見かけますけど、多くの家が電熱線で部屋を暖める電気代ばかり食うヒーターを使っています。というより、販売店に行ってもそんなのしか売っていません。

スポンサーリンク

家の気密性が低く保温性が低いのに、暖房の熱効率も悪いので電気代がかかるばかりです。

もちろん「すべての家」ではありません

最近はニュージーランドの法律が変わって、家を建てるときは一定以上の断熱材を入れないといけなかったり、窓ガラスを二重にしなければいけないようになりましたが、賃貸の家だと二重窓の家は少なく、高い家賃を出さなければなりません。

ちなみに我が家は一重窓、隙間風も入ってくる家で寒いです。でも家賃は1ヶ月で1,200ドル(10万円)以上します。

試しに二重窓(Double grazed window)の家を賃貸物件の情報を見ることができるTrade Me Propertyで見たところ、家賃は最低でも1ヶ月で2,000ドル(16万円)しました。お高いです。

なんだかニュージーランドの冬の住宅事情の文句を書いた話みたいになってしまいました、(実際、イマイチなところを書いたんですけど)

とはいえ、僕はオタワに住めないと思った理由の1つは、あの寒さでした。
家の中は暖かいとはいえ、外に出れば極寒です。あの寒さは良い経験だったし、また旅行で行くなら行ってみたいけど、住んで毎年味わうのは嫌だなと思いました。

ということで、ニュージーランドの冬は寒いので、早く冬が終わって春、夏が来てくれることを切に願うばかりです。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS