4Kを超える8Kで撮影されたNew Zealand Ascending

スポンサーリンク

3年ほど前に「4Kのニュージーランド映像がキレイすぎる」という記事を記事を投稿しました。

当時、4Kで撮影されたニュージーランドの映像を「これはすごい」と息を呑みながら何度も何度も見たのを今でも新鮮に覚えています。

それからの技術の革新はスゴイもので、iPhoneでも当たり前のように4Kの動画を撮影でき、Youtubeなどの動画サイトで4K動画は当たり前のように目にする時代になりました。

そして今日見てた動画は4Kの更に上を行く8Kで撮影されたニュージーランドの動画です。この動画を見て、数年前と同じように驚いている自分がいます。

ものすごく映像がキレイです。手を伸ばしたら触れるんじゃないか?と思うほどです。

4Kを超える8K映像ってどのくらいスゴイの?

4Kとか8Kと言われても、その凄さのイメージを掴みにくいですよね。
そこでひと目で見てわかるものを作れないか、いろいろ考えてみました。よく4Kと8Kの違いを比較する画像としてこんなものがあります。

これは以前、一般的だったフルHDより縦横2倍大きくなったのが4Kで、さらに4Kよりも縦横2倍大きくなったのが8Kということです。

スポンサーリンク

「大きくなった」というより、目が細かくなったといったほうが正確かもしれません。

例えばフルHDの画像が16×9のマス目だとしたら、4Kは同じ柄を32×18のマス目で描きます。さらに8Kなら64×36のマス目で同じ柄を描くことになります。

こういうのを説明するって難しいですね…。

8Kで撮影されたNew Zealand Ascending

さて、とにかく4Kなんて全然比にならないくらいキレイな映像の8K映像を撮影できるカメラで撮影されたニュージーランドはいったいどんなことになっているのでしょう。

この映像は総移動距離8000キロ、16週間もかけて撮影されました。撮影された写真は18.5万枚、映像にして220時間、さらに編集に1000時間も費やされた力作です。

大画面でぜひ見てください!

今回の映像。本当に本当に高画質です。
見ようと思えば、映画館の大画面スクリーンで再生しても遜色ないほど高画質です。

家庭で見る場合は、テレビやデスクトップパソコンなどできるだけ大きな画面で見るか、もしくはiPhoneやiPadなどのスマホやタブレットなど画面はそんなに大きくないけど高精細な画面で見ることをお勧めします。

実はこの動画のどこがどうキレイなのかを、何度も書いては消して書いては消してを繰り返しました。でも、書けば書くほど、このキレイさは説明できないことに気が付きました。ぜひ映像を見て、感じ取ってもらいたいです。

すごいですよね。「息を呑む」とはまさにこのことです。
6分40秒くらいあるちょっとだけ長めの映像なんですけど、僕はあっという間に感じました。

このあと繰り返し見ること決定

久しぶりに「何度も繰り返してみたい」映像に出会えた気がします。

皆さんもぜひこの動画をブックマークして、ちょっと疲れた時、ニュージーランドに浸かりたい時にじっくりご覧ください!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS