一時帰国を終えて思う感じた日本のこと・ニュージーランドのこと

スポンサーリンク

ここ数年、日本に行くのも「帰国」、ニュージーランドに行くのも「帰国」と、どっちに行くのも「帰国」になってしまったmasa osadaです。

過去で一番長かった1ヶ月半に及ぶ一時帰国も終わり、ニュージーランドに帰ります。

今回はそんな長い滞在を終えて思う日本のこと、ニュージーランドのことをアレコレ書いていきます

やっぱり日本の梅雨&夏、そして蚊は苦手

雫

昔から日本の夏は苦手でした。
厚着すればなんとかなる冬と違って、夏は真っ裸になっても暑いものは暑いし、出かければ汗をかいてベタベタになることがわかっているので、外に出る気持ちを削(そ)がれてしまいます。

その点、ニュージーランドの夏は晴れが多く、日本と比べたら気温が低いし湿度も低めです。地域によっては真夏でも日陰に入れば涼しいくらいです。

それと日本の蚊はホント耐えられません。
僕はなぜか周りに10人いても真っ先に蚊に刺されるし、さらに人よりもたくさん蚊に刺されます。なので、なので、蚊に刺されそうなところへ行くときの虫よけは必須だし、虫刺されの薬も必須です。

ニュージーランドはニュージーランドでサンドフライがいるんですけど、蚊のほうが生息区域が広いので刺される数が半端ありません。

スポンサーリンク

冬のニュージーランドに戻るのは憂鬱

夏の暑い日本も苦手なんですけど、冬の雨が多い寒いニュージーランドに戻るのも憂鬱です。しかもウェリントンは風が強いので、「悪天候」が強調されてしまいます。

寒くて、雨の日と曇りの日が多くて、風が強くて、日が短い。
お世辞にも冬のウェリントンは良いところとは言えません。その代わり夏のウェリントンは最高です。アメとムチといえばアメとムチなんですけど、ムチはいりません。

交流会は仕組みができれば、またやりたいかも

Take Away Flat White in Osaka

今回、ニュージーランド交流会のゲストスピーカーとして参加させてもらって、こういう機会は次回以降も「仕組みができれば」やりたいかも?と思いました。

一般的に開かれる交流会やトークライブは留学エージェントなどが「無料」で主宰していることが多いです。すると、結果的にそのトークライブは自社のサービスを紹介したり、留学や移住のサポートを必要とする人を得ることを目的としています。

僕はそういった営業目的ではなく、純粋にニュージーランドに住んで知り得たことを紹介する場を作れたら良いかな?と思ったわけです。できれば、僕1人ではなくニュージーランドに住んでいる人をゲストスピーカとして招いて、複数の声を届けれたらいいですよね。

ただその場合、ゲストスピーカーの時間を拘束するわけなので、ある程度の謝礼は出したいし、僕自身も会場費や交通費、別の都市に行く場合の滞在費などを含めた運営費が必要になってきます。

そうなった時、交流会は無料というわけにはいかず、値段設定を考えなければなりません。その辺の仕組みづくりをちょっと考えていこうと思っています。

日本の消費を煽る雰囲気はすごい

日本にいるとテレビで美味しいお店や、キレイな場所、便利なモノなどが日々紹介されていて、「あーこれ買いたいな」とか「これ食べたい」「ここに行ってみたい」といったものが増えてきます。

さらに街に出たり、スーパーマーケット、コンビニに行っても「買いたいモノ」、「食べたいもの」がドンドン増えます。それと安いものは「安いし」と買ってしまいそうになります。

日本の食べ物は美味しいし、モノは良いし安いし、名所もたくさんあります。
でも、結局それって消費を煽られているだけなのかな?と。

その辺をグッと抑えつつ、でもニュージーランドで買ったら高いもの、ニュージーランドでは買えないものを、アレコレ買ってニュージーランドに戻ります。

とはいえやっぱり日本って良い国

Tokyo Tower 東京タワー

日本の夏は暑いし湿度も高いし、蚊もいっぱいいるし、いろいろな消費を煽るような誘惑もいっぱいあるけど、やっぱり日本って良い国ですね。

歴史とか文化があったり、気配りとか、日本ならではなところもたくさんあります。こういうのはニュージーランドにはありません。

数日更新が不定期になるかもしれません

ニュージーランドに戻るあいだ、更新ができなくなるかもしれません。

またウェリントンに戻ったら、頑張って毎日更新するようにしますので、よろしくお願いします!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS