6月21日、日本は夏至。ニュージーランドは冬至です

スポンサーリンク

今日6月23日は、日本は夏至ですね。
ということは、南半球のニュージーランドは冬至なんです。

そこで今日はそんな日本とニュージーランドの夏至・冬至にまつわるお話しです。

そもそも夏至と冬至って何?

Rippled Dawn

根本的なことなんですけど、夏至と冬至っていったい何なんでしょう?

まず夏至を調べてみるとWikipediaにはこのように書かれていました。

北半球ではこの日が一年のうちで最も昼(日の出から日没まで)の時間が長い。

そして冬至を調べてみると

北半球ではこの日が一年のうちで最も昼(日の出から日没まで)の時間が短い。

とのことです。

北半球は夏至。南半球は冬至

上の説明で必ず「北半球では」と書かれているのがなんとなく気になりますね。

どうして必ず「北半球では」と書かれているのかというと、今日6月21日は北半球は夏至なので、昼間の時間が一番長い日なんですけど、南半球では今日は冬至で、昼の時間が一番短い日だからなんですね。

こういう地球規模の違いって面白いですよね。

日本とNZの夏至と冬至の日の長さを比べてみる

IMG_0063

ニュージーランドの夏といえば、日が長い印象ありませんか?
実際、夜の9時とか10時でもまだ少し空が明るいイメージがあります。

そこで日本とニュージーランドの夏至と冬至の日の出と日の入りの時間を調べてみました。とはいえ日本もニュージーランドも南北に長いので、それぞれ3ヶ所調べてあります。

日本とニュージーランドの夏至

まずはじめに日本の夏至(6月21日)の日の出と日の入り、それと昼間の時間を見てみましょう。

稚内
日の出 … 3時34分
日の入り … 19時25分
昼間の時間 … 15時間40分

東京
日の出 … 4時25分
日の入り … 19時00分
昼間の時間 … 14時間34分

鹿児島
日の出 … 5時13分
日の入り … 19時25分
昼間の時間 … 14時間12分

次はニュージーランドの夏至(12月21日)はどうでしょうか。

Auckland
日の出 … 5時58分
日の入り … 20時39分
昼間の時間 … 14時間41分

Wellington
日の出 … 5時43分
日の入り … 20時53分
昼間の時間 … 15時間09分

Queenstown
日の出 … 5時54分
日の入り … 21時32分
昼間の時間 … 15時間37分

日本とニュージーランドの冬至

では次に、日本の冬至(12月21日)の日の出と日の入り時刻、それと昼間の時間を見てみましょう。

Remarkable Sunrise Over the Queenstown Hilton

稚内
日の出 … 7時10分
日の入り … 15時53分
昼間の時間 … 8時間42分

東京
日の出 …  6時46分
日の入り … 16時31分
昼間の時間 … 9時間44分

鹿児島
日の出 … 7時13分
日の入り …  17時19分
昼間の時間 … 10時間5分

そして最後はニュージーランドの冬至(6月21日)です。

Auckland
日の出 … 7時33分
日の入り … 17時11分
昼間の時間 … 9時間37分

Wellington
日の出 … 7時46分
日の入り … 16時58分
昼間の時間 … 9時間11分

Queenstown
日の出 … 8時24分
日の入り … 17時09分
昼間の時間 … 8時間45分

NZの日が沈むのはサマータイムのおかげ

夏至の時間を見ると、日本とニュージーランドを比べると、日本は日の出時間が早く、日の入りが遅いことに気がつくと思います。

これはニュージーランドはサマータイム制度があるため、1時間ずらしているからなんですね。明るい時間を有効活用したいというサマータイムの考えに沿っているわけです。

まぁ、今回紹介した都市の夏至と冬至の時間を知っても、なんの役にも立たないんですけどね。何かちょっとした小話に使ってもらえたら嬉しいです。

 

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS