ロトルアでギャング同士の闘争事件勃発!旅行者はどうすれば良い?

スポンサーリンク

ロトルアへ行こうと思っている方はぜひ読んで欲しいニュースがニュージーランドの新聞社New Zealand Heraldで報じられていました。

それによると、ロトルアの市街地、しかも真っ昼間に2つのギャングの闘争が起こり、目を覆いたく鳴るような惨事になったそうです。

事件の概要と、これからロトルアに行く予定がある人はどうしたら良いのか?などを紹介します。

いったい何が起こったのか

Rotorua

今回の闘争はニュージーランドのギャングMongrel MobとBlack Powerのあいだで起こりました。起こったのは午後1時半、多くの野次馬が見ている中、ロトルア湖のすぐ近くの通りLake Roadで行われました。

スポンサーリンク

その様子を見ていた人たちや、ギャングの証言によると

  • 目の前で繰り広げられているのが信じられないような光景だった
  • 3台の車がガソリンスタンド(Gull Service Station 上の地図)の前でぶつかり合っていた。1台の車はこの闘争とまったく関係がない車で巻き込まれただけ。
  • 別のギャングが車の上に乗り、バットで車の屋根を叩いていた。
  • ギャングが車で追いかけられて、その車に轢かれたが幸い重傷ではなかったのか、轢かれた人は起き上がり逃げ去った。
  • ギャングたちはお互いを刺そうとしていた。

警察のスポークスマンによると、現在目撃者を集めて証言を取っているとのことです。

この闘争の原因は情報元の記事「Mongrel Mob member: ‘This is only the beginning’」に記載されています。ただ上の今回の闘争で何が起こったのかだけでも、あまり気分がいいものではないので、「どうして起こったのか」については敢えて記載しません。興味があるかたは情報元をご覧ください。

やられたらやり返す!10倍返しだ!

半沢直樹の名台詞みたいなセリフなんですけど、ギャングがインタビューで語ったセリフです。

この闘争はかなり血なまぐさいことが原因で、その出来事に対してMOngrel Mobのメンバーは

彼ら(闘争相手のBlack Power)は俺らを殺そうとした。だから俺らは絶対に10倍にしてやり返す

と息巻いていたそうです。また

ロトルアには過去にないほどギャングの活動が活発。今日の闘争は始まりにしか過ぎない。

とも語っていました。

観光客や住人はどうしたら良い?

Rotorua

スポンサーリンク

情報元の記事には、観光客や住人がどうしたら良いのか?については一切触れていません。

今、ロトルアに行くのは得策ではないのでしょうか?もし行った場合はどうすればいいのでしょうか。

窃盗や暴行犯とは違って、ギャングの闘争の場合はギャング同士の肩が当たっただけで勃発するかもしれません。特に今は一触即発です。ポリネシアン・スパや泥風呂で有名なヘルズゲートなど観光地、スーパーマーケットなど人がたくさんいるところでも起こりえます。

なので、個人的な意見としては、少しのあいだは「どうしてもロトルアに行かないといけない」という用事がある人以外は、行くのを控えたほうが良いのかな?と思います。

もしロトルア在住の方がこの記事を読んでいたら、街はどんな感じなのか。注意すべき点など情報をいただけると嬉しいです。

情報は info@nzlife.net までメールを頂くか、Facebookページのメッセージでお寄せください。よろしくお願いします。

現在、ロトルア以外の街でこういった事件が起こったというニュースはありませんが、今後も何か今回の件に関して気を付けたほうが良いようなニュースが入れば紹介していきたいと思います。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS