またまたオーロラがニュージーランドで観測される!

スポンサーリンク

少し前の4月25日にニュージーランドでオーロラが観測された記事を写真たっぷりで紹介しました。

その時、オーロラの周期は25日から28日ごとと紹介していたんですけど、先日5月28日頃、ニュージーランドの南島の広範囲で再びオーロラが観測され、メディアを賑わしていました。

そこで今回も再び写真たっぷりでニュージーランドで観測されたオーロラを紹介します。

ニュージーランドで観測されたオーロラ写真たち

まずはダニーデン(Dunedine)で観測されたオーロラをご覧下さい。

さらにクイーンズタウン(Queenstown)で撮影されたものです。

これもクイーンズタウンで撮影されたものです。車と人をシルエットで使うのは格好いいですね。

ダニーデンから南にあるNugget Point Lighthouseという灯台で撮られた1枚。
ここはかなり辺鄙な場所なので、ここに偶然居合わせてオーロラの写真が撮れた人は相当ラッキーな人だと思います。

クライストチャーチの南にあるエルズミア湖(Lake Ellesmere)で撮られたもの。パノラマで撮影しているので他の写真とオーロラの見え方がまったく違います。Instagramの仕様で何だか余白が多くなっていますが、ご了承ください。

ロトイティ湖(Lake Rotoiti)で撮影された写真は何だかポストカードのような1枚です。

こちらもロトイティ湖で撮られた1枚。この写真は長時間シャッターを開くことで星が回っていて幻想的ですね。

こちらはワナカ(Wanaka)で撮られました。

次は6月下旬か!?

先月4月24日25日くらいにオーロラは観測され、そして今月は5月28日29日に観測されています。
オーロラの周期は25日から28日ということを考えると、6月も下旬にオーロラが観測されるかもしれません。

ちなみにニュージーランドではオーロラは冬の6月から9月に観測されやすいそうです。

なかなか「今日はオーロラが出るぞ」という事前情報を得るのは難しいかもしれないので、とりあえず晴れて星がキレイに見える日は南の空を見に行くようにしましょう。

オーロラが見えなくても時間を取って、ゆっくり星を眺めるだけでも贅沢な時間の過ごし方ですね。

今回紹介したような色鮮やかなオーロラはカメラの力を借りて、オーロラをより鮮明にさせています。
なので、実際に自分の目で見ると、空がボーッと赤く光っている程度にしか見えないかもしれません。できるだけ街頭がなく、南の空を見晴らせるところに行って、時間をかけて暗闇に目を慣らしながらオーロラ観測に挑んでみてください!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS