雨の日のウェリントンで訪れておきたい場所6つ

スポンサーリンク

日本と季節が反対のニュージーランドはこれから冬。
日本と違って、ニュージーランドは夏(12月から2月)は晴れの日が多く、逆に冬(6月から8月)のほうが雨の日が多くなります。

気のせいかもしれませんが、ウェリントンに友人・知人が訪れてカフェなどで会って話をする時、雨の確率がすごく高いです。そしてそんなときはよく「雨の日ってどこ行けばいいですか?」と聞かれます。

そこで普段「ここがいいですよ」とオススメしている場所を紹介したいと思います。

博物館・美術館へ行く

Te Papa Museum in Wellington

ウェリントンにはたくさんの博物館や美術館があります。
中でも一番有名で、一番規模が大きいのはテパパ博物館(Museum of New Zealand  Te Papa Tongarewa )です。

ここは常設展示のものは全て無料で見ることができ、ゆっくり見て回ったら1日がかり、さっと全体を見ても1-2時間はかかります。

他にもウェリントンの歴史をたくさん展示してあるウェリントン博物館 Wellington Museumや、City Gallery Wellingtonで現代アートを見たりすることができます。

スポンサーリンク

他にも小さな博物館は色々ありますが、旅行者がサッと行けて楽しめるのはこの3つがオススメです。

ウェタスタジオの見学へ行く

Weta studio

ロード・オブ・ザ・リングや、ホビット、他にも最近上映になったばかりの攻殻機動隊(Ghost in the shell)などを作った映画スタジオ「ウェタスタジオ」を見学に行くのもオススメです。

このスタジオは街なかから少し離れていますが、送迎バスが運行されているのでそのバスに乗っていくことをオススメします。

ツアーの情報はこちら

ウェタ・ケーブというお店だけでも映画を見た人ならテンションがあがるものが展示されていますが、すごく狭いところなので30分も見たら、他に見るものがなくなってしまいます。個人的にはスタジオの内部を見ることができるツアー(有料)に参加して、実際にどんな風に映画が作られているのか、目で見て手に取ってみてほしいです。

Cuba Street散策をする

Ombra on Cuba Street

ウェリントンの目抜き通りの1つCuba Streetはカフェや可愛い雑貨屋などが隣接しています。
大雨&強風のときにウロウロするとビショビショになってしまうので、散策はオススメしませんが小雨くらいなら、ぜひ訪れてみてください。

この通りは美味しいカフェもたくさんあるので、コーヒー好きにはたまらない場所のはずです。

Beehive(国会議事堂)に行く

Beehive in Wellington

ウェリントンはさすが首都だけあって、国会議事堂、通称Beehiveがあります。
Beehiveは日本語だと蜂の巣ですね。写真を見てもらうと、なぜそう呼ばれているのか想像付きますね。

Beehiveでは60分のツアーが朝10時から午後3時まで1時間おきにあり、最後4時から30分のツアーが開催されています。(季節や曜日によって変わります)このツアーは無料、しかも予約の必要もないので、天気を見ながら参加してみてください。

ツアー内容やツアー時間はBeehiveのウェブサイトでチェックすることができます。

スーパーマーケットに行く

Moore Wilson's

ウェリントンの街の中心地には旅行者でも楽しめるスーパーマーケットが2つあります。

1つは全国チェーンのNew World。
ここはテパパ博物館のすぐ近くにあって、店が大きくいろいろなものが売っているのと、研修などに使われる店なのか、店員がいっぱい&店の中がすごくキレイなのでオススメです。

そしてもう1つは上の写真のスーパーマーケットMoore Wilson’s。
こちらは店自体はあまり大きくないんですけど、ちょっとオシャレでいかにも「海外のスーパーマーケット」という雰囲気を楽しめます。またウェリントンの美味しいパン屋が何店舗か出店していて、美味しいパンとケーキを買うことができます。

それとここは他の店ではあまり見かけないニュージーランドのワインやビールも売っているので、おみやげのお酒を買うも良し、宿泊先で飲むために買っても良しです。

雨の日は濡れるの覚悟で出かけましょう

blown away

最後に。ウェリントンは風の街と呼ばれるほど風が強いことで有名です。
もちろん「雨の日=天候が荒れている日」なので、まるで台風中継をするリポーターのような天候に遭遇するかもしれません。

そんなときは傘が思いっきり無力です。

なので、ウィンドブレーカーを着たり、大切なものは防水性の高い袋に入れるなどして「雨」「水」対策をしっかりしましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS