意外!ワークビザを取得して滞在している人はアジア人ではない

スポンサーリンク

先日、オークランドの街を歩いていて、アジア人とインド人の数が多い事に本当に驚きました。

その昔、ワーホリで滞在していたときよりも明らかにアジア人の数が増えています。クイーンズトリートを歩いていると、それがよくわかります。

ところが先日、Statistics New Zealandが行った調査によると、ニュージーランドにワークビザを取得して訪れる外国人のトップ5にアジア人の影はありませんでした。

では、いったい度の国がワークビザを取得してニュージーランドに滞在しているのでしょうか。

ワークビザを取得してニュージーランドに来る人は

ニュージーランドの新聞New Zealand Heraldの記事によると、ワークビザで働く人は2004年が16,787人だったのが、去年のデータでは41,576人と約2.5倍に。さらに今年2月末のデータでは71,333人と2004年と比べて4.25倍に膨れ上がっているそうです。

ニュージーランドの人口は450万人と言われているので、だいたい11人に1人はワークビザを取得し働いている人という計算になります。

スポンサーリンク

昨年、ワークビザを取得しニュージーランドで働いていた人は「どの国から来た人」が多かったと思いますか?意外や意外なことが明らかになりました。

答えを写真の下に書きますので、考えてからスクロールしてみてくださいね。

Queen St. Whitcoulls

1位 … イギリス 16.6%
2位 … ドイツ 8.7%
3位 … オーストラリア※ 8.1%
4位 … 南アフリカ 5.2%
5位 … アメリカ 4.9%

どうですか?思った通りの国が出てきましたか?
けっこう意外だったのではないでしょうか。

ちなみにオーストラリア人はニュージーランドで働くためにビザは必要ありません。

ではなぜ3位にオーストラリアがあるのか?というと、この調査では「どこの国の人がワークビザを多く取得しているのか」を調べたのではなく、「ニュージーランドでワークビザを取得する前に、どの国に住んでいたのか」を調べています。

そのため、オーストラリアで生活した後、次の国としてニュージーランドを選んだ人の数が3位だったということになります。

スポンサーリンク

ちなみに2004年と2010年に「ワークビザ」を取得して、ニュージーランドを訪れた人が多い国を見てみると興味深いことがわかりました。

まず2004年にワークビザを取得して、ニュージーランドに移住してきた人は16,787人でした。そしてワークビザを取得してニュージーランドに来た人が多い国は

1位 … イギリス 39.2%
2位 … 日本 14.2%
3位 … アメリカ 6.0%
4位 … ドイツ4.5%
5位 … カナダ 3.1%

そして6年後の2010年はどうか?というと、合計人数は19,581人いて、その内訳は

1位 … イギリス 22.7%
2位 … ドイツ 7.9%
3位 … オーストラリア 7.2%
4位 … アメリカ 6.4%
5位 … 日本 5.1%

でした。きっと皆さん「え?日本がランクインしてる」と思いますよね。僕も思いました。2004年は2,383人、そして2010年は1,007人がワークビザを取得してからニュージーランドに訪れています。

ところが永住権を取得している人種は

Queen St, Auckland

これだけを見ると、ニュージーランドって意外とアジア人って少ないんじゃない?と思えますよね。

スポンサーリンク

ところが街を見ると中国人やインド人がたくさんいます。上の数字とズレがあります。なぜ、そんなことになったのか?というと、「永住権を取った人の国籍」となると、中国とインドが最も多くなるからです。

マッセー大学の専門家Paul Spoonleyさんによると、

アジア人の移民はニュージーランドに直接来ずに、別の国を経由してくることが多いのと、学生ビザや短期で仕事をするビザなどを取ってニュージーランドに訪れ、その後ビザを切り替えて滞在、最終的に永住権を取る。

ということです。そのため、「ワークビザを取ってニュージーランドに入国する人たちのランキング」にはランクインしないということですね。

個人的に気になるのは日本人のこと

個人的には2004年、2010年と比較的多かった日本人が今年どのくらいの人だったのか?ひいては日本人のニュージーランド人気が落ちているのか、それとも、国を問わず海外に出る日本人が減っているのか?です。

どなたかその辺の専門の方がいたら、ご意見ご感想お待ちしています。

ということで、ちょっと興味深いニュースでした。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS