[写真満載]先週ニュージーランドの広範囲でオーロラを観測

スポンサーリンク

死ぬまでに見てみたいものが幾つかあります。
その中の1つが「オーロラ」です。ニュージーランドでは時々オーロラが観測されニュースになるんですけど、先週の土日に観測されたオーロラは規模が大きかったらしく、大々的にメディアで取り上げられていました。

また規模が大きかったため、InstagramやTwitter、Facebookなどのソーシャルメディアにも写真をアップする人が多数いたので、今回はそれらの写真を紹介していきます。

北はオークランドでも観測されたオーロラ

今回観測されたオーロラはニュージーランドの広い範囲で観測されました。
週末の2日間で、北はオークランド、さらにウェリントンやクライストチャーチを含むカンタベリー地方、オタゴ地方、クイーンズタウンでも見ることができたそうです。

そのため、クライストチャーチの中心から南に少し行ったところにあるPort Hillsにはオーロラを見るために200人以上が集まったとか。

raewynさん(@hey2rae)がシェアした投稿

ちなみに南半球で観測されるオーロラはSouthern LightsまたはAurora Australisといい、北半球のオーロラはNorthern LightsまたはAurora Borealisといいます。日本語だと「オーロラ」という一言なので便利ですね。

スポンサーリンク

ニュージーランドでオーロラを見るには、市街地から外れた街灯のないところに行き、南の空を見るとオーロラが見えるかもしれないとのこと。またいきなり見えるものではなく、暗闇にある程度目が慣れなければ見ることができません。

専門家のGriffinによると、オーロラの周期は25-28日らしく、もしかしたら来月末20日前後に再びオーロラを見ることができるかもしれないとのことです。

さてここからはひたすらオーロラの写真を紹介していきます。

先日観測されたオーロラ写真

ウェリントンの南端、Red Rocksという場所で観測されたオーロラ。

この写真もウェリントンで撮影されました。詳しい地名が書いてありませんが、上と同じRed Rocksかもしれません。

Its meさん(@krataihai)がシェアした投稿

スポンサーリンク

こちらはニュージーランドの最南端の町インバーカーギルで撮影されたものです。

この写真はクイーンズタウンです。街の明かりとオーロラが見えるなんてすごいですね。

ニュージーランドで撮られたのは間違いありませんが、詳細な撮影地は不明です。

こちらも写真の詳細は不明ですが、撮影者の他の写真を見るとクイーンズタウン周辺で撮られた可能性が高いです。

スポンサーリンク

クライストチャーチから撮影された1枚。

最後にマウント・クックで撮影された1枚です。

ウェリントンでも見れたのには正直ショック

「一生に1回でいいから見てみたいオーロラ」がまさか自分が住んでいる街で見れたなんて正直ビックリするのと同時にショックでした。我が家はオーロラが観測されたRed Rocksから少し離れているので、「オーロラを見れるよ」と言われて、駆けつけても「時すでに遅し」かもしれませんけど。

オーロラの周期が25日から28日ということは来月の15日から20日前後はオーロラを見ることができるかもしれません。その頃、晴れた日は暗いところに行って、ボーッと南の空を眺めているとオーロラが見えるかもしれませんね。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS