最低年収が設定され、ニュージーランドへの移住の門が更に狭くなる

スポンサーリンク

現在、オークランドで取材旅行中なんですけど、これは大きなニュースだぞ!というニュースが情報収集していて入ってきました。

これからニュージーランドでワークビザを取って働こうと思っている人、さらに永住権を取ろうと思っている人にはけっこう重要なニュースになると思います。

移民への門をさらに狭くするニュージーランド政府

Auckland City, New Zealand

昨年、ニュージーランドの移民局は永住権を取得するためにIELTSという英語テストで6.5というスコアを取って証明しないといけなくしたり、永住権取得のためのハードルを上げました。

そして今回、その狭くなった門を更に狭くする政策を発表し、様々な人たちが戸惑いを隠せないどころか、戦々恐々とした状況になっています。

その変更というのは、一言で言うなら「収入が少ない人は移住できません」というものです。そうすることで移民をするための敷居が一気に上ることになります。

スポンサーリンク

具体的にはどんなことかというと、ニュージーランド人の平均年収「49,000ドル以下」の収入を得る予定のワークビザ取得希望者や、永住権取得希望者はビザの申請をすることができなくなります。
※追記:ワークビザは含まれないようです。大変失礼しました。

しかも、その職種が今までは「ニュージーランドで必要」と言われていた職種であっても、年間で49,000ドル稼ぐことが来ない人は「技術職ではない」と判断されることになります。

49,000ドルがどのくらいの収入なのか

ニュージーランドの最低時給は15.75ドルです。
もし最低時給をもらっている人が1年間、ホリデーを取らないで週休2日、平均で8時間働いた場合、年収は33,000ドル弱です。全然足りません。

では、49,000ドルを同じ条件でもらえるようにするには時給23.5ドル必要になってきます。

今現在はビザの申請時に収入の証明をすることは義務付けされていません。
ただ今後はこういう法律を導入してくれば、すでにワークビザを持っている人は銀行口座にある過去の履歴を見せたりしなければならなくなるかもしれません。

また新たに申請するときもビザの書類に年間のお給料を書き記さなればいけなくなる可能性もありますね。

逆に73,000ドルを超える人にはメリットが

ここまではハードルが上がった話なんですけど、中には今回の移民法の変更で恩恵を受ける人も出てきます。

その人たちは今までの移民法ではポイントが発生しなかった職種についていた人で年間73,000ドル稼いでいる人たちです。73,000ドルというのは49,000ドルの1.5倍にあたります。

スポンサーリンク

つまり時給でいうと「35ドル」です。そんな人って正直なかなかいませんけどね。

49,000ドル以下の人たちへの救済処置

ちなみにこの移民法の改定が適応されるのは、移民法が施行されてからです。すでに申請している人は今まで通りの判断基準でビザの発行は判断されます。

また49,000ドルに満たない人たちはどうなるのか?というと、ワークビザとして最長で3年間滞在できるビザを政府が発行するように検討しているそうです。

また南島で酪農など特定の業種に就いていて49,000ドルに満たない人たちに対して、「2年間、今の職種で同じ地域で仕事をしたら、永住権が取れる」というビザを発行するそうです。そのビザで永住権を取った場合、永住権取得後もさらに2年間、同じ業種同じ地域で働く必要があります。

これは南島の圧倒的な人手不足を緩和し、南島で長く仕事をしてくれる人を確保するためのものです。

ワークビザ取得が一気に大変に

今回の変更で永住権を取得しようとしている人はかなり厳しくなります。

実はニュージーランドにいるワークビザを取得している日本人で時給が最低時給の15.75ドル、もしくはそれに近い人たちがたくさんいます。そういう人たちからすると「時給23.5ドルもらう」というのは現実的ではありません。

また今、ワークビザを持っている人は永住権を申請するときに23.5ドルもらっている必要があります。ところが今まで16ドル17ドル18ドルもらっている人が会社とかけあって一気に23.5ドルまで上げてくれるとは到底思えません。つまりビザの延長はできない可能性が高いということです。

スポンサーリンク

僕の個人的な感覚からすると、日本に今住んでいて「23.5ドル以上出してくれる企業」を探し出せる人は本当に専門職の人たちに限られてくるはずです。

よくある日本人が働いている日本食レストランのウェイターやウェイトレス、キッチンスタッフなどは軒並みアウトではないでしょうか。

ただこの辺は僕も他の人たちがどのくらいのお給料をもらえっているのかわからないので、今後どうなるのかすごく気になるところです。

ちなみにこの改定は今年の8月中旬から施行されるそうです。

今後も情報が入り次第、紹介していこうと思います。

情報元:
Govt reveals immigration changes, to introduce pay threshold for permanent and temporary skilled migrants | 1 NEWS NOW | TVNZ
Explainer: What do the Government's immigration changes mean? | Stuff.co.nz

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS