ニュージーランドに来たら飲んで欲しいフラットホワイト以外のコーヒー

スポンサーリンク

今日はニュージーランドに来たら飲んで欲しい「フラットホワイト以外」のコーヒーを紹介します。

コーヒー好きな人ならニュージーランドに来たらフラットホワイトを飲むと思います。僕も最初はそうでした。でも、実はここ何年もフラットホワイトは飲んでいません。もっぱら別のコーヒーを飲んでいます。

いったい何を飲んでほしいのか。またどうしてなのか?を今日は紹介したいと思います。

そもそもフラットホワイトって何?

Flat white at Memphis in Wellington

まず「フラットホワイト以外のコーヒー」を紹介する前に、そもそもフラットホワイトが何なのか?を簡単に紹介します。フラットホワイトというのは「ラテ」と同じようにエスプレッソコーヒーに蒸気で温めた牛乳を注いだものです。

エスプレッソと牛乳、そして牛乳を温めるときに作る泡(フォーム)の割合はだいたい以下の通りです。

フラットホワイト以外で飲んで欲しいコーヒー

さて、フラットホワイトがどんなコーヒーなのか知ってもらったのを踏まえて、フラットホワイト以外で飲んで欲しいコーヒーを紹介します。

その飲み物というのは「カプチーノ」です。皆さん、名前は聞いたことありますよね。

スポンサーリンク

Aro Cafe, Wellington

どうしてカプチーノがオススメなのか?を紹介する前に、フラットホワイト同様に「カプチーノって何?」というところから見てみましょう。

カプチーノもフラットホワイトと同様、エスプレッソコーヒーに蒸気で温めた牛乳を注いだものなんですけど、牛乳の温め方が全然違うのと、最後にチョコレートパウダーをかけるので若干甘くなります。日本だとカプチーノの上にかけるのはシナモンが多いですね。

ちなみに牛乳の温め方はフラットホワイトは泡(フロスまたはフォーム)が少なく1−2mmほどなのに対して、カプチーノはフワフワの泡がカップに1cmから1.5cmほどあります。この泡がけっこうポイントです。

違いを図にすると、こんな感じです。

カプチーノをお勧めする理由

さてさて。どうしてカプチーノをお勧めするのでしょう。

理由は幾つかあります。1つにはカプチーノにかけるチョコレートがお店によって違うので、いろいろなカフェのカプチーノを飲み比べる楽しさがあります。

多くの店は同じようなチョコレートパウダーなんですけど、中には板チョコを削ったものを出してきて、これがチョコレートの風味が強く美味しいんです。

そして次の理由が、カプチーノの泡です。
細かい違いはここでは敢えて書きませんが、ニュージーランドと日本ではカプチーノの作り方(牛乳の温度など)が違います。それによって口にしたときの感じがまったく違います。ニュージーランドのカプチーノの泡は上の写真のようなシットリ、クリーミーでさらにシルキーです。この泡がすごく美味しいんです。

泡が美味しくて最後にスプーンですくって食べてしまうほどです。

でも、まずはフラットホワイトを

とはいえ、まずは王道のフラットホワイトを飲んでみてください。ただそのあと2杯目にカプチーノをぜひ頼んでほしいです。そして3杯目は好きな方を飲んでみてください。

ちなみにカプチーノに更にチョコレートソースを入れたモカチーノも美味しいです。「ここのカプチーノ美味しい!」と思った店ではモカチーノも飲んでみましょう。絶品のはずです。

ということで、カプチーノを飲んでねというお話でした。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS