【お知らせ】日本へ帰ることになりました

スポンサーリンク

今日は皆さんにお知らせがあります。
この度、突然ではありますが、日本へ帰ることとなりました。

ニュージーランドに初めて渡ったのが2005年。もう今から12年前になります。それから紆余曲折を経て、永住権を取得し気が付けばウェリントンでフリーランスとして仕事をしながら、兼業主夫として子育てもするようになりました。

そんな生活に区切りを付けて5月末に日本へ帰ることにしました。

といっても、一時帰国です(笑

今日は4月1日、エイプリルフールなので、それに合わせてちょっとドキッとする書き始めにしてみました。ビックリしました?

今回はそんな一時帰国の話と「日本に一時帰国ではなく、帰国すること」について思ったことをツラツラと書いてみます。

今年も一時帰国をします

道頓堀Dotonbori

去年の6月に身内で不幸があり、一時帰国しました。
それから早くも1年が経とうとしています。今回の帰国はちょうどその1年後、法事に合わせた帰国です。

スポンサーリンク

それ以外は国内を少しだけ旅する予定です。

JRパス

海外で永住権を取得し、その国に住んでいる日本人はJRパスというJRの電車に乗り放題のチケットがあります。
このJRパスが以前、紹介した通り今年で永住権取得者は使えなくなってしまうので、今回は最後のJRパスを使ってみようと思っています。

あとは日々の更新を日本から行いつつ、日本の家族や友人、お仕事でお世話になった方に会いに行く予定です。

基本的に滞在は大阪になりますが、東京にも10日ほど滞在する予定です。以前は読者の方を集めた交流会みたいなことをやったり、トークライブに参加したりしたんですけど、今年は今のところノープランです。

日本に帰ろうと思うことはあるか

Lake Tekapo in Feb 2006

冒頭で少しだけ触れた話を少しだけ。
ときどき「日本にはもう帰ってこないの?」とか「ニュージーランドで一生暮らすの?」と聞かれることがあります。

そんなときはいつも決まって「わからない」と答えています。

海外で生活する人の中には「日本が嫌」で海外に出た人もいます。でも僕はそんなことはありません。日本も大好きだけど、ニュージーランドという国に出会って、そこで暮らす人たちを見て、ニュージーランドで生活をしてみたいと思ったことが移住のきっかけです。

なので、どちらかの国に固執するつもりはありません。家族にとって何が一番いいのか、どこに住むのが良いのか、何をしていくのが良いのかを考えていきたいと思っています。

その「家族にとって良いこと」の一環として、いつかはわからないんですけど、娘に日本の良さも知ってもらうためにも、日本で数年生活することも考えています。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS