これは良い!ダニーデンの学校が男女を制服で分けるのは止める

スポンサーリンク

今日のニュージーランドの新聞New Zealand Heraldに「これは良いアイディア」という記事が紹介されていたので、皆さんにも紹介したいと思います。

日本の場合、小学校までは私服で登校、中学校・高校はほとんどのところ学校が制服を着るようになりますね。ところがダニーデンにある学校では生徒たちに制服を性別で分けず、好きに着ていいことにしたそうです。

いったい「制服を性別でわけない」というのはいったいどういうことなのでしょうか。

生徒は好きな制服を着ていい

ダニーデンにDunedin North Intermediateという11歳と12歳の子どもたちが通う学校があります。

この学校では生徒たちに「男子用」「女子用」といった制服ではなく、5種類の制服の中から好きなものを選べるというちょっと面白いやり方を導入することにしました。

具体的には生徒は短パン、長ズボン、キュロット、スカート、キルトスカートのなかから好きな制服を着ていいことになりました。

例えばスカートが嫌いな女子はキュロットや長ズボンを履くことができるし、男子でもスコットランドの伝統的な衣装のようにスカートを履くことが許されます。

スポンサーリンク

また女子の場合、夏はスカート、寒くなってきたらズボンにすることもできます。

決めつけをなくして多様性を尊重して欲しい

Dunedin train station New Zealand 1

校長のHeidi Haywardはインタビューで今回、制服を自由化することで、「性別の決めつけ」を無くしたり、子どもたちに選択肢を与え、多様性を尊重してもらうためにやっているとのことです。

そのために「男子用」「女子用」といった制服をなくし、生徒が制服を着ていれば、それで問題ないとしました。

ちなみに名前だけだと日本人には校長先生の性別がわかりにくいので、触れておくとこの校長先生Heidi Haywardは女性です。

このアイディアはもともと生徒の声から思いついたそうです。
彼女がこの学校に就任したのは1年半前。就任後、生徒から「スカート以外の制服を着たい」「女の先生はズボンを履いているのに、どうして生徒はスカートしかダメなのか」といった声が上がっていました。

彼女はその声を聞いて、もし彼女自身が職場に「女性だから毎日スカートを履いてきなさい」と言われたらどうするか?を考えたら、彼女たちの意見に反論することはできず、「確かに」と納得してしまったそうです。
今の時代、「男はこう。女はこう」と決めつけるステレオタイプな考え方はおかしいと感じました。

ここで校長先生が男性だったら、「自分が毎日スカートだったら」と想像するのは難しいので、今回のようなことは始まらなかったかもしれませんね。

ちなみに、校長のHeidi Haywardはインタビューで「生徒たちはすぐに新しいやり方を受け入れたが、その親たちが新しい制度を受け入れるのに時間がかかった。たくさんの質問をされた」と付け加えていました。

こういう面白い取り組み好きです

こういう「決めつけ」を無くしたり、「多様性を尊重」することを小さな頃から子どもたちに教えるのはすごく大切だと思います。

平日毎日着る制服だからこそ、毎日「ズボンがいいのに」とか「スカート履きたいのに」と思っているより、毎日納得したものを着たほうが精神的にもいいように思えます。

こういう取り組みはぜひニュージーランドだけでなく、世界に広がっていって欲しいです。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS