直行便”以外”、経由便でニュージーランドに行くルートはどのくらいある?

スポンサーリンク

ニュージーランドは島国、しかもほかの大陸から離れているため飛行機で行くのが一般的なんですけど、もし「ニュージーランドに行く」としたら、どんなルートでニュージーランドに行けるのでしょうか。

今回はあえて成田ーオークランド直行便のニュージーランド航空ではなく、経由便でニュージーランドに行くにはどんなルートがあるのかいろいろ探してみました。

直行便以外でニュージーランドに行くメリット

Dawn at Narita International Airport

日本とニュージーランドの往復でよく使われる経由便は、「大韓航空」「カンタス航空」「ジェットスター」「シンガポール航空」の4社が有名なところです。僕自身、大韓航空でニュージーランドに行ったことがあります。

直行便のニュージーランド航空はすごく便利なんですけど、それは「成田空港もしくは7月から運行される羽田空港と、オークランド空港」の直行便であって、日本で他の空港から乗り継いでいく人や、オークランド以外の都市に行きたい人にとって、直行便でも経由便でも結局乗り換えが発生することになります。

例えば、僕の場合ウェリントンに住んでいて大阪に帰るときは「ウェリントン▶オークランド▶成田▶大阪」と乗り換えが2回あります。ベストはウェリントン▶大阪の直行便なんですけど、そんな便利なルートはきっと採算が取れないので誰もやりません(笑

なので、「ウェリントン▶オークランド▶大阪」とか「ウェリントン▶シドニー▶大阪」というルートで帰れば、乗り換えは1回になるんです。もしこういうルートがあるなら、次の一時帰国はそのルートを使うのもありかな?と思ったりするわけです。

ということで、次回の一時帰国用の調べ物をせっかくなのでそのまま記事にして、皆さんにも参考にしてもらえたらと思っています。

スポンサーリンク

乗り換え1回でニュージーランドに行ける経由便

Wellington bus route 91

ニュージーランドに経由便で行く方法を探すとき、経由する地点の数を増やせばいくらでも行く方法が増えてしまいます。そこで今回は「乗り換え1回」でニュージーランドに行く方法を探してみました。

大韓航空 Korena Air

経由地:ソウル
目的地:オークランド

シンガポール航空 Singapore Airlines

経由地:シンガポール
目的地:オークランド

キャセイパシフィック航空 Cathay Pacific

経由地:香港
目的地:オークランド

カンタス航空とJetstar Quantas/Jetstar

経由地:ブリスベン、シドニー、メルボルンなど
目的地:オークランド、クライストチャーチ、ウェリントン、クイーンズタウンなど

マレーシア航空 Malaysia Airlines

経由地:クアラルンプール
目的地:オークランド

タイ航空 Thai Airways

経由地:バンコク
目的地:オークランド

ハワイアン航空 Hawaiian Airways

経由地:ホノルル
目的地:オークランド

中国南方航空 China Southern Airlines

経由地:広州
目的地:オークランド、クライストチャーチ

まとめ

今回紹介できなかったことがあります。それは「日本のどの空港なら乗り換え1回でオークランドに行けるのか」です。
上で紹介した航空会社の多くが大阪、特に関西国際航空からは出ていて、乗り換え1回で行けそうなんですけど、では名古屋は?札幌は?福岡?と調べていくのは、気が遠くなるような作業だったので断念しました。

いろいろ調べてわかったのは、、ニュージーランドに来る場合、カンタス航空とジェットスター以外はオークランド以外の都市にほとんど飛行機は飛んでいませんでした。

つまり成田空港が最寄りの国際空港出ない場合、各都市に飛ぶときは殆どの場合、2回の乗り換えが必要になってくるということですね。となると、選ぶ基準は料金や乗り換えをする国、航空会社の評判で選ぶしかありませんね。

個人的にはニュージーランド航空の機体、ボーイング787-9がすごく快適だし、サービスも良いので、ニュージーランド航空を選びたいところなんですけど、ウェリントン▶大阪(もしくは東京)の場合、カンタス航空なら乗り換え1回で日本に帰れるみたいなので、値段次第かな?という感じです。

みなさんがニュージーランドに来る、もしくはニュージーランドから日本へ一時帰国するときの参考になれば嬉しいです。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS