テカポ以外にも星が綺麗なところはたくさんあるのに、なぜテカポ

スポンサーリンク

3週間ほど前に某日本メディアの同行取材旅行でテカポに行ってから、すっかりテカポの記事が増えてしまいました。

別にテカポの街や星空ツアー会社のEarth and Skyからお金をもらっているわけではありません、もちろん。純粋に訪れたことで「やっぱりテカポっていいなぁ」と再認識して、ついついそんなテカポのことを書きたくなってしまうんです。

今回の話は、ニュージーランドに限らず日本にもたくさん星がキレイに見えるところはあるのに、どうしてテカポが良いのか?そんなお話しです。

テカポ以外にも星がキレイなところあるけど?

Church beside Lake Tekapo

テカポの記事を書いたり、テカポの話をすると「でも、ニュージーランドにはテカポよりもっと星がキレイに見えるところありますよ」とか、「別にテカポまで行かなくても、日本でもキレイな星空見れるし」という人がいます。

実際、そうなんです。僕もテカポで見た星空より断然キレイな星をニュージーランドで見たことがあります。そしてそんな話を人にします。テカポよりキレイな星空を見たって。

それでも、やっぱりニュージーランドを旅行するなら、星が好きな人ならテカポは絶対オススメです。

というのも。

スポンサーリンク

理由1:南半球の星空を見れるから

日本でも街から離れればキレイな星を見ることができます。天の川だって見ることができます。

でも、テカポなら日本からは見えなくてニュージーランドにしか見えない天体を見ることができます。有名なのは南十字星ですね。

現にテカポに最初に天文台を作ったのはアメリカの大学です。北半球では観測できない星を観測して、空全体の星の地図を作るために天文台を作りました。

理由2:遠いようで主要観光ルートにあるから

日本からテカポのためだけに渡航するとなるとけっこう遠いと思います。でも、クイーンズタウン→ワナカやプカキ湖、マウントクック→クライストチャーチを訪れるニュージーランドを代表する人気の観光ルートの途中にテカポはあります。

なので、旅のハイライトの1つとしてテカポを入れない理由はありません。

理由3:1年を通じて空気が乾燥しているから

テカポはキレイな星を見るための環境がいろいろ整っています。

1つはキレイな星を見るためには空気が乾燥している必要があります。そしてテカポは一年を通じて他の地域と比べて乾燥していることが挙げられます。

なぜ乾燥している方が星はよく見えるのでしょう。
例えば、夏の空より冬の空のほうが星がキレイに見えるのは空気が乾燥しているからです。

雲が出ていると星は見えませんね。
雲は言ってしまえば空気中の水分が集まって浮かんでいるようなものです。つまり普段、湿度が高いからといって視界が悪いと感じることはなくても、地上から宇宙までのぶ厚い空気の層の水分が多い(湿度が高い)と、星のようなかすかな光は見えにくくなってしまうんですね。

理由4:晴天率が高いから

Church of the Good Shepherd, Tekapo 善き羊飼いの教会

テカポはニュージーランドで有数の晴天率を誇ります。順位は3-5位くらいには付けているほどです。

つまりそれだけ星を見られる可能性が高いということですね。

僕が働いていた職場Maruia Springsはテカポとは四方何十キロを森に囲まれていたので、人工光がほとんど晴れている日の星空は信じられないくらいキレイでした。でも、山の中なので天気の移り変わりが激しく晴天率は非常に低かったです。

いろいろな条件が重なった場所がテカポ

テカポ以外にも星がきれいなところがあるのに、テカポの星空の評判が良いのは、こういった条件が重なっているからなんですね。

テカポよりキレイな星を見ることができる場所でも、晴天率が低かったり、年間を通して湿度が高いと1泊か2泊しかしない観光客が、息を飲むような星空を見れる可能性は低いわけです。

あとはテカポの湖もキレイだし、周りに歩くところもあったりして、昼も夜も楽しめるのも魅力の1つですね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS