関西の方に朗報!来季もニュージーランド航空はオークランドー大阪直行便を運行!

スポンサーリンク

関西に住んでいる方や、ニュージーランドに行くとき関西空港を使うほうが便利な方に朗報ですよ!!

なんと来季、今年の10月27日から再び「オークランド―大阪の直行便」が運行されると、Aviation Wireという航空関連の専門ウェブサイトが報じています。それによると、今年の年末年始はニュージーランドにものすごく行きやすくなるかもしれません。

今日はそんなオークランド―大阪直行便にまつわることについてです。

2年連続で「オークランド―大阪直行便」が運行へ

関西国際空港

去年の11月4日、といっても2ヶ月半前にニュージーランド航空はオークランドー大阪直行便を3年ぶりに再開しました。この季節運行の便は2017年3月26日までやっています。

まだ関西便が復活する前「関西便復活して欲しい」という声が日刊ニュージーランドライフのFacebookページのコメントや投稿のシェアで見られました。そこで大阪直行便が復活することを報じたとき「やったー!!」という反応がありつつも「今年だけでなく定番化して欲しい」「通年やって欲しい」といった声も上がっていました。

そんな中つい先日、Aviation Wireというウェブサイトで、3月26日に終わってしまう大阪直行便が再び10月27日から復活すると報じられていました。

次の年末年始の直行便が週13本!時間帯で選ぶのも有り

Dotonbori-gawa (2016)

スポンサーリンク

通常、3月末から11月くらいまで日本とニュージーランド間の直行便は週に7本、つまり1日1本ペースで運行されています。すべて「成田―オークランド」間で運行されています。

そして7月から「羽田―オークランド」の直行便が週に3本運行され、成田からの便を含めると週10便になります。

さらに今回の「オークランド―大阪直行便」が10月末から週3便増えると、全部で週13便が運行されることになります。つまり少ない時期の倍ということですね。

今のところ今年の年末の発着時間については明らかにされていませんが、3つの空港があるということは発着時間も3パターンあるはずです。住んでいる場所にもよりますけど、国内で乗り換えをする方は成田空港、羽田空港、関西空港の発着時間を見て、一番便利な時間帯を選ぶことができます。便利です。

今現在(羽田発着は7月のもの)の発着時間は以下の通りです。まず日本からの出発時間とオークランドの到着時間です。

  • 成田空港:18:30 – 翌08:05
  • 羽田空港:01:00 – 14:40
  • 関西空港:21:00 – 翌11:35

そしてオークランドからの出発時間と日本に着く時間です。

  • 成田空港:08:45 – 16:40
  • 羽田空港:14:50 – 23:00
  • 関西空港:10:30 – 17:25

もちろん今年10月になったら時間は変わっているかもしれません。でも、それぞれメリット・デメリットがありますね。羽田空港は遅い時間発の遅い時間戻りなので、好みが分かれて、成田空港の発着時間はオークランド発が少し早いかな?くらいです。意外と関西空港の発着時間好きかもしれません。

選択肢が多いのは良いことですね

これ以外に経由便も含めるとニュージーランドが前より少しだけ近く感じますね。

ボク個人は経由便より直行便のほうが楽なので「料金さえほかと比べて高くなければ」、ニュージーランド航空一択です。でも、経由便は途中の乗り換え空港で違う国にちょっとだけ触れることができたり、ストップオーバーをすれば数日の滞在をすることもできるので、それはそれで楽しかったりします。

そういう意味で直行便の行き方が増え、経由便も今まで通りいろいろあって「選択肢が増える」というのはすごく良いことだなと思います。

ところで今、ニュージーランド航空は羽田便就航記念でセールを実施中です。興味がある方はニュージーランド航空のウェブサイトをご覧ください。

※注意※

今回の大阪直行便。情報元のAviation Wireで報じられていたものなんですけど、ニュージーランド航空から正式なニュースリリースは出ていません。Aviation Wireはどうやって情報を仕入れたんだ?って感じです。なので、もし誤報だったらぬか喜びさせてしまってスミマセン。。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS