復興を後押し!カイコウラのアクティビティーや宿泊施設は再開してます

スポンサーリンク

今日、たまたまFacebookで見つけた投稿がありました。
それはカンタベリー日本人会が投稿した「復興のためにもカイコウラの街へ行こう」というものでした。

その投稿を見て、これは記事として紹介しなければいけないと思ったので、今日は復興に向かって頑張るカイコウラについて、それとそのFacebookの投稿について紹介します。

カンタベリー日本人会の投稿

ChristChurch  (27)

今日、見つけたカンタベリー日本人会がFacebookに投稿したものは以下のようなものでした。一部抜粋させてもらいます。

夏の行楽といえば海ですが、これから計画される方は、ぜひカイコウラも候補にいれてください。地震で大きな被害を受けたカイコウラですが、国道1号線が通行可能になり、多くのアクティビティが復旧しました。

まずは「カイコウラに来てください!」というところから始まります。

Whale Watch Kaikoura さんは地震で海岸が隆起して船が出せなくなってしまい、心を痛めてましたが、1月2日からツアーを再開したとの報に安堵したところです。

東北で地震が起こったあと、漁師の人たちが大変な思いをして漁を再開するドキュメンタリーをどこかで見ました。なんだかその光景を思い出して胸が苦しくなる思いでした。

そしてこう続けています。

スポンサーリンク

まだ営業再開できないビジネスもあります。カイコウラ以北の1号線の開通もまだです。震災復興に時間がかかること、来訪者の減少がダメージになることは、私たちが身にしみて感じたことです。ですので、余震に用心しつつ、カイコウラを訪れることが、私たちにできる支援や励ましのひとつではないでしょうか。

きっと最後のこの一文がなければ、今回このような記事を書こうとは思わなかったと思います。「自分たちが大変な思いをしたからこそ、手助けをしたい」という気持ちすごく伝わってきました。

日本から旅行をする人にとって「カイコウラ行ってみたかったけど、地震があってなにもないんでしょ?」と思っている人が多いはずです。僕自身、ニュージーランドに住んでいますけど、普通に生活していたらカイコウラが今どんな状態なのかわかりません。旅行に行ける環境なのかどうか情報があまりありません。

それでは誰も観光に行きませんよね。そこで今のカイコウラが分かる情報を集めてみました。

カイコウラは観光客を受け入れる準備ができている

Kaikoura

Visit Kaaikouraというウェブサイトによると、カイコウラは観光で成り立っている街です。そのため例年の12月1月といえば街中に海外や国内から観光客が訪れ、街は賑わいを見せていました。

ところが今年はどうでしょう。先日起こった地震によって街へ通じる道が一時封鎖され、さらに街の建物も一部被害を受けるなどして、観光客の足は遠のいてしまいました。

実際のところ、カイコウラの多くのビジネスはすでに再開しています、もしくは再開まであと少しのところまで来ています。

現在の再開率がVisit Kaikouraに書かれていました。

  • 61%の宿泊施設
  • 82%の飲食店
  • 60%のアクティビティー

復興率60%を多いと取るか少ないと取るかは、その人次第かもしれません。でも、変な話100%復旧していても60%復旧していても、宿泊する場所は1ヶ所、ご飯を食べに行ったりアクティビティーをするのも数に限度があります。全店舗で食事をしたりアクティビティーをするわけではありません。全部復旧していなくても良いんです。

カイコウラの観光の目玉のクジラやイルカ、アホウドリを見るツアーは多少の制限はあるもののツアーは行われています。野生動物はそこにいて、見に行くことができますし、カヤックなどものアクティビティーも問題ありません。

その後の余震はどう?

Kaikoura peninsula walkway

とはいえ、気になるのは余震ですね。その後の余震はどうなのでしょうか。

ニュージーランドで地震に関する情報を発表しているGeonetによると直近30回、だいたい直近30時間に起こった地震のうち11回がカイコウラ周辺、そしてウェリントンの南、ブレナムの近くSeddonという地域を中心にしたエリアでも11回地震が起こっています。

地震の大きさはカイコウラでマグニチュード2から3強のものが多く、セドン(Seddon)は大きなものだとマグニチュード5.3の地震があったばかりです。

なので、なんだったらカイコウラより、ブレナムやウェリントンのほうが今は揺れているかもしれません。

クライストチャーチを軸にカイコウラへ

今までならクライストチャーチ → カイコウラ → ブレナムと車で抜けることができましたが、今はカイコウラから北へ抜ける道が封鎖されています。

なので、クライストチャーチから車でカイコウラへ行って、カイコウラで1-2泊、その後クライストチャーチへ戻ることになります。

カイコウラで楽しむ以外に、途中にはワインの産地ワイパラ(Waipara)があったり、少し寄り道をすれば南島の温泉施設ハンマースプリング(Hanmer Springs)へ行くこともできます。

Beautiful Place for Lunch

ワイパラはリースリングがすごく美味しいです。それと毎年のように「ベスト・ワイナリー・レストラン」に選ばれているペガサス・ベイ(Pegaus Bay)は食事が絶品です。僕たち夫婦は以前、記念日になると毎回行っていました。

カイコウラの宿泊施設もアクティビティーも、飲食店も開いています。「カイコウラへ行きたかったけど地震があったし」と思っている方はもう一度旅行プランの1つに入れてみてください!

Visit Kaikouraにはどのアクティビティーが再開しているか、どうやってカイコウラへ行けるかなどを見ることができます。ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS