念願!?世界でもっとも急な坂Baldwin Stに◯◯◯が設置される

ダニーデンには世界一急な坂と呼ばれるBaldwin Streetがあります。

旅行ガイドブックに載っていたり、テレビでも時々取り上げられるので名前は知らなくても「世界一急な坂がニュージーランドにある」という話は聞いたことがあるかもしれません。

先週の水曜日、このBaldwin Streetに近隣住人や観光客から要望が多かったアレが遂に設置されることになりました。

さて「アレ」とはいったいなんでしょう?

近隣住人や観光客から要望が多かったアレ

Olgaさん(@ooo.lga)が投稿した写真

答えをいきなり書いてしまっても面白くないので、ヒントを幾つか出していきましょう。

Baldwin Streetに行ったことがある方ならご存知かもしれませんが、あそこに行くと常に誰かが坂を登るために訪れています。何もない坂とはいえ、「世界一」ということもあって、1つの観光地となっています。

それによって坂を訪れる観光客はもちろん、Baldwin Street周辺に住む人たちにとって悩みのタネがありました。

その悩みを解決するものが先週の水曜日、Baldwin Streetを下ったNorth Roadに設置されました。

そのアレが設置されるまで、住人は観光客が原因で困っていたんですけど、観光客からすれば、それがなかったことで困ってしまい、結果的に近隣の住人を困らせることになりました。

余談なんですけど、そのあるものの設置と合わせて同時に坂を下った先、North Roadを渡ったところにあるバス停へ行くための横断歩道も年明けには設置されるそうです。

設置されたアレとはいったい何?

さて、それでは答えを見る前にここまで出てきたアレの情報をまとめてみました。

  • Baldwin Streetは世界中から毎日観光客が訪れる
  • 観光客も困るけど、あるものがないことによって周りの住人も困っている
  • 横断歩道ではない

わかりましたか?

答えは下の写真のあとに載せますので、ちょっと考えてみてください。

Worlds Steepest St. Dunedin.

答えは「公衆トイレ」です。

公衆トイレがないことで困る旅行者と近隣の住人

Baldwin Streetに年間どのくらいの人が来るのか、具体的な数字を見つけることはできなかったんですけど、年間それなりの人がこの坂を訪れています。1日20人でも7000人以上です。でももっと訪れているはずです。もし1日に50人訪れたら18,000人です。

それなりの観光名所でありながら、ただの「坂」と言えばただの坂です。観光客を迎える体制はできあがっていません。

そのため多くの人が訪れ、そして坂の上や、坂の途中でトイレに行きたくなったとき使うトイレがないわけです。

困った旅行者はどうするか。

困った人たちはその辺の家や商業施設に行って「トイレ貸してください」とお願いするか、坂の上にある茂みで用を足すしかありません。もしかしたら、その辺の家の塀に用を足してしまうかもしれません。

家に来られた側は「うちトイレ無いんで」と断るわけにもいかず、トイレを貸すかもしれません。だけど、決して気持ちが良いものではありません。また、すぐ近くにホスピス(末期患者のための病院)があり、そこに行く人が多く断るのに心痛めていたり、苦労していたそうです。

だからといってその辺の茂みの中で用を足されると、のちのちアンモニア臭が漂ってきたりして不快です。

そこで「やっと」市役所が動いて、公衆トイレができました。
ちなみにトイレを作るのに約9万ドル(750万円くらい)とそれ以外に道の安全性を向上させるなどする費用として5万ドル(400万円くらい)の合計14万ドル(1150万円)かかるそうです。

ゴミ箱は坂の上にはあります

今回の話。ゴミ箱と思った方もいそうですね。

ゴミ箱は少し前から坂の上のベンチの横にあるんです。それと坂を降りきって大通りのNorth Roadにあるベンチの横にもゴミ箱はあります。

でも、観光客が来るということはけっこうゴミも出るはずなので、坂の上と坂を降りてすぐのところ、そして欲をいえば途中にも1個あればいいなと思うところです。

残念ながらトイレは坂の途中や坂の上にはないので、「世界一急な坂にあるトイレ」という観光名所にはなりそうもありませんけど、住民にとっても観光客にとってもトイレができたことは良いことですね。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS