乗り換えが便利に!2017年7月からニュージーランド航空が羽田便運行へ

以前「ニュージーランド航空が羽田発着できるようになるかもしれない」という話を紹介したことがあります。

その話自体、4年以上くらい前の話だったのですっかり忘れてたいんですけど、やっとニュージーランド航空が羽田空港からも発着できるようになったそうです!

そこで今日はニュージーランドに限らず、羽田空港から発着できると何が良いのかを紹介します。

羽田空港になると何が良いのか

DSC_6894

「別に成田空港で良いんじゃない?」という方もいると思うので、羽田空港からも海外に行けるようになるメリットみたいなものを紹介します。

僕は正直、成田空港でも羽田空港でもどちらでも良いんです。でも、今回羽田空港からも発着できるようになってすごく嬉しいです。というのも、「選択肢が増えるから」です。

最大の利点は選択肢が広がり利便性があがること

まず羽田空港から便が出ることで、関東以外の都市から来る人の乗り換えが「成田空港」に縛られず、「羽田空港」という選択肢が増えます。けっこう成田には飛ばないけど、羽田には飛んだりしますよね。

実際、僕たち家族は日本に帰るとき、成田に着いてその足で大阪に向かうことが多いです。その場合、大阪への便が成田空港にないと「羽田に移動」しなければなりません。なので、「成田で乗り換えができる日」を探して一時帰国しています。それが羽田着・羽田乗り換えできるのであれば、そっちのほうが楽になります。

そして羽田空港は成田空港ではできなかった夜間や早朝の発着ができるので、発着の時間帯が成田空港と違い、さらに選択の幅が広がります。。

成田発の場合、出発時刻は18時30分、オークランドに着くのは翌日の朝9時、帰りは朝9時55分発、16時45分に成田に帰ってきます。

そして羽田の場合、出発は夜中の1時、オークランド着は14時40分、帰りは14時50分発、23時着です。

出発が夜中、戻りが遅い便というのは良し悪しですけどね。でも、それぞれのライフスタイルや旅行前後の予定、旅行プラン、さらにほかの都市から経由していくとき、都合のいい空港を選ぶことができます。

買い方によっては「成田⇢オークランド⇢羽田」といった買い方もできるのも魅力ですね。

関東の人は空港が近くなる人も多い

関東に住んでいる人は空港が近くなるかもしれません。

例えば新宿から成田空港へ行くにはだいたい1時間15分くらいかかります。ところが羽田空港の場合、45分から50分くらいです。しかも、成田空港へ行くと電車賃が片道3000円かかるのが、羽田空港だと600円ちょっととお財布にも優しいです。

東京の東の方や千葉の方に住んでいる方の場合は、成田のほうが近いのでしょうか。

あと食べたことないんですけど、羽田空港のほうが美味しいお店があると聞きました。

空港自体、羽田空港のほうが楽しい

羽田空港・江戸小路 ∣ Edo Market・Haneda Airport

僕が知らないだけかもしれませんけど、成田空港はあまり楽しめるところがありません。いつも早めに空港に行くんですけど、毎回時間を持て余します。

その点、羽田空港にはプラネタリウムとカフェが融合したところがあったり、空港のなかに美術館があったり、同じ買い物をするにも江戸をテーマにした「江戸小路」は歩いていて楽しいですね。

ニュージーランド航空の羽田発着はいつから?

すっかり書き忘れるところでした。
ニュージーランド航空の羽田空港発着は来年7月21日からです。まだ少し先ですね。

成田空港は毎日運行、羽田空港は発の便は月木土の週3便のみです。

詳しい情報は羽田 – オークランド線 2017年7月より直行便を新規就航|ニュージーランド航空のをご覧ください。

使い分けて、より快適な旅行をしましょう

今回、ニュージーランド航空が羽田空港から発着することで、ニュージーランドへ行くルートが1つ増えることになります。

ニュージーランド航空だけでなく、カンタス航空、シンガポール航空は以前から羽田空港からも発着しているので、住んでいるところからの利便性、料金、発着の時間帯、マイルのプロゴラムなどに、利用者の選択の幅が広がるのはありがたいですね。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS